明確 類語。 「観賞」と「鑑賞」の意味の違いを解説!使い分けや例文・類語も

「観賞」と「鑑賞」の意味の違いを解説!使い分けや例文・類語も

明確 類語

「人柄」の意味とは? 「人柄」の意味は「人の品格・性質」 「人柄」とは「人の品格・性質」を表す言葉です。 その人が持つ品質や性質のこと、また周囲の人が自然と感じ取ることができる品格や性質を意味しています。 「人柄」はその人の見た感じや周囲が感じ取れる特徴を指すため、どちらかと言うと「表向きの性質や品格」と解釈するのが妥当です。 つまり、その人の本心や性根は、実際のところ疑問符であるということになります。 加えて「人柄」にはその人が持つ性質が優れていることや、良い品格に溢れていることも意味しています。 そのため「人柄」は言葉そのものに、良い性質や優れた品格というニュアンスが含まれているということです。 「性格」との違いは「生まれ持った性質か、表面上のものか」 「人柄」と似た言葉に「性格」があります。 どちらも意味が酷似しているため、使い方においてもまぎらわしいことがあるでしょう。 「性格」とはわかりやすく言えば「その人が持つ生まれつきの性質や特徴」のことです。 たとえば、「大人しい」「やかましい」「シャイ」などの性質は「人柄」ではなく、その人が 生まれ持って備わった特有の性質や特徴です。 つまり 「品格」は表向きに感じられる品格や性質であり、一方「性格」は表裏ともにその人が持ち合わせる本音や性根などに対して使われます。 違いを明確にして上手に使い分けをしましょう。 「人柄」という言葉の特徴と使い方の例 「人柄」は感覚的な要素が強い言葉 「人柄」はその人が醸し出す全体的な雰囲気を表す時にも使われます。 もともと「人柄」の「柄」は「柄が悪い」「柄に合わない」などのように、その人が生み出す「感覚的な雰囲気」を表します。 そのため「人柄」は受け手がフィーリングとして感じ取る「感覚的なもの」である場合が多くなります。 「人柄」は受け手によって異なるもの また「人柄」は、その人から自然と受け取れる性質や品格を指しますが、受け手にとって人柄が良く映るケースと、そうではないケースがあります。 「人柄」はあくまで、受け手がその人の性質をどのようにジャッジするかで答えが変わってきます。 極端に言えば、いくら「性格」が好ましいものではなくても、「人柄」は良く映る場合もあるということです。 「人柄」を使った例文• 彼の人柄に一目でほれ込んだ。 まさに人柄の良さがにじみ出るような、心温まる行為であった。 数回話をすれば、ほぼ人柄は読み取れるものだ。 サービス業では、スキルよりも人柄の良し悪しが重視される。 彼に初めて会ったが、人柄が印象的な人だった。 子供と楽しそうに遊ぶ姿に、人柄がうかがえるようだ。 例文 母の性分を見越して、あらかじめ言い訳を考えておく。 性分が悪いからか、店では常にクレームばかり付けている。 「人柄」を英語で表すと? 「人柄」は英語で「personality」 「人柄」は英語で「personality(パーソナリティ)」です。 たとえば「人柄が良い」」を自然に訳すなら「She is really nice person」や「She has good personality」となります。 また「character(キャラクター)」も人柄の意味を持ち合わせますが、どちらかというと「ユーモアがある」「一つのことに没頭する」など、個人が持つ性格的な特徴や個性を意味するところが大きいです。 そのため一般的に「人柄」を表す時にはあまり使われません。 「人柄」を使った英語例文• 彼は心が暖かく、とても良い人柄である。 He has such warm-hearted and great personality. 通常は何回か話せば、だいたい人柄がわかるものだ。 We can normally determine their personality if we experience several conversation together. まとめ 「人柄(ひとがら)」は「人の性質や品格」を表す言葉で、周囲が自然とその人から感じ取れる性質や雰囲気のことを意味します。 「人柄」は「性格」と違い、周囲が受け取る表向きな部分が多い言葉ですが、本心や本音については「人柄」で判断しかねることもあるでしょう。 また、よく使われる熟語表現は「人柄が良い」「人柄がわかる」「人柄がにじみ出る」などです。 状況によっては相手の品格を高評価する褒め言葉としても使われますので、ぜひ適切な状況で活用してみて下さい。

次の

【慣用句】「かたをつける」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

明確 類語

スポンサーリンク 「なかんずく」の意味は? まず最初に 「なかんずく」の意味を見ていきましょう。 「なかんずく」という言葉は、漢字では 「就中」と表記します。 これは副詞で、後に続く文を修飾し強調する働きをします。 「就中」の「就」という字は、会意文字です。 「京」と「尤」という字から成り立っています。 「京」とは、「高い丘の上に建つ建物」の形を元来は意味します。 また「尤」は「犬」の形を表し、そもそもは 「身分の高い人の家に飼われた番犬」を意味したとされます。 こうしたことから、「就」は「建物につく番犬」、すなわち「つく」、「つき従う」を示す字になったと考えられます。 また「就中」の「中」は指事文字です。 そもそもは「軍隊の中央に立てる旗」の形を表したとされ、そこから「うち」や「内側」を意味する「中」という漢字が成り立ちました。 「就中」は元来は漢語であり、日本語にすると 「中に就く」という意味を示す語句であると考えられます。 「中に就く」、すなわち訓読みにすると 「なかにつく」ということから、これが音便化して 「なかんつく」、さらに 「なかんずく」と時代を経るに従って変化したと思われます。 「なかんずく」の意味は 「その中でも」や 「とりわけ」といったことになります。 「なかんずく」の正しい使い方は? 次に 「なかんずく」の正しい使い方を見ていきましょう。 スポンサーリンク このように「なかんずく」は、元来は漢語の「就中」を訓読みで読み下したものが、そのまま日本語として援用されるようになった言葉であり、かなり堅い、文語的な表現だと言えます。 このため主には会話ではなく、手紙、小説、書面などの書き言葉として使用されるものだといえるでしょう。 「なかんずく」は、言葉の成り立ちから示されるように、 「多くの物事の中から、特に一つを取り立てるさま」や 「明確に、特に他から優れて区別されている様子」といったニュアンスを表す言い方です。 このため、一般的には、悪いことをあげつらって指摘する用法というよりも、他のことよりも際立っている素晴らしいもの、あるいは良いことを評価する際に用いる言い方だといえます。 いずれにしても、文章語的な表現であり、通常の会話ややり取りではあまり使用頻度は多くありません。 なお言葉の成り立ち、つまり漢文訓読の由来に従って、「なかんずく」は「なかんづく」と仮名表記される場合もありますが、これは「恥づかしい」などとは異なり、仮名遣いの間違いではありません。 「なかんずく」の類語と例文を教えて? 最後に 「なかんずく」の類語と例文をご紹介したいと思います。 「なかんずく」の類語としては、次のようなものが挙げられます。 「通常よりも目立って、大きな程度や範囲に」といった意味を示す言葉としては、「格段に」、「特に」、「分けても」、「別して」、「一段と」、「殊に」、「特別に」、「ことさら」、「ひときわ」などです。 「他のすべての考察に加えて」といった意味では、「先ず」、「何はさておき」、「取り立てて」、「中でも」、「数ある中で」、「別して」などとなるでしょう。 また「なかんずく」の例文としては、次のようなものがあります。 すべての学問が大事なことに変わりはないが、なかんずく語学は重要だろう。 あの方は江戸文化全般、なかんずく元禄期の戯作に詳しい先生です。 そうした傾向は、なかんずく晩年の作品に目立つと言える。 「なかんずく」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「なかんずく」の 意味と正しい使い方、そして類語と例文をご紹介しました。 おさらいをすると「なかんずく」の意味は「その中でも」や「とりわけ」になります。 漢字で書く場合は「就中」となるので覚えておくと良いでしょう!.

次の

「考え方・が明快」の類語・同義語・関連語・「概念」との違い

明確 類語

「印象」の意味とは? 「印象」の読み方? 「印象」の英語 解釈• 「印象」の対義語• 「印象」の言葉の使い方• 「印象」を使った言葉・慣用句や熟語・関連 意味・解釈• 「印象」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「印象」の類語や類義表現 シソーラス• 「印象」と「イメージ」の違い 「印象」の意味とは? 「印象」というのは、人や物事に対して心に感じたことを指します。 心に与える直接的な感じ、という意味合いを持ち、それは 「第一印象」に限りません。 「第一印象」というのはあくまでも初めて見た人や初めて見たものに対して最初に感じる 「印象」であり、 「印象」は変わっていくこともあります。 見たり聞いたりした時、対象物がどのように心に感じを与えるか、ということが 「印象」にかかわります。 「印象」が良いこともあれば 「印象」が悪いこともあるでしょう。 「印象に残る」 「印象」に残るというのは記憶に残りやすい 「印象」だった、ということになります。 例えば、学校の先生は毎年新しい生徒たちをたくさん目にしていきます。 初めて担任を持った時、入学式の時には30人近い生徒を目にし、彼らの名前や顔を覚えていかなければいけません。 新しい学年の授業担当になれば、学年全員の顔と名前を覚えなければいけないこともあります。 そのような中では、どうしても 「印象」に残る生徒の顔や名前の方が先に覚えられる傾向があります。 よく発言をする、声が大きい、よくしゃべる、よく寝ている、など、他の生徒とは違った行動をする生徒の方が 「印象」に残りやすいのです。 ただし、この 「印象」は良い意味とは限りません。

次の