しり つぼみ 例文。 【燃え立つ炎】の例文集・使い方辞典

病児保育事業|西宮市ホームページ

しり つぼみ 例文

私利私欲の意味とは 私利私欲は「自分の利益を追求し、ひたすらそれを満たそうとすること」という意味です。 「しりしよく」と読みます。 私利私欲は基本的にマイナスな使われ方をすることが多いように見受けられます。 本来、人間は生まれながら私利私欲で動いている存在です。 例えば赤ちゃんなどは私利私欲で動いていますが、その存在を喜ばれて受け入れられていますね。 問題なのは、社会の中で私利私欲を追求すること。 社会は自分と他者のしあわせのバランスの中でこそ健全に保たれていくので、私利私欲を追求する人は嫌われるというわけです。 私利私欲の対義語は通常「無私無欲」「公正無私」が挙げられます。 けれど、対義語に最もふさわしいのは「利他主義」でしょう。 無私無欲、公正無私より、利他主義の方が積極的に他者の利益を優先する言葉です。 人は自然には利他主義になることはできませんが、健全に人の幸せを願うことができるのは人が動物と違う点です。 私利私欲に生きるのではなく、自分の思いも大切にしつつ、同時に自然な利他主義の中で生きていけるのがベターです。 私利私欲の由来 私利私欲は言葉の組み合わせによってできている言葉なので、由来はありません。 私利私欲の文章・例文 例文1. 私利私欲を満たすためだけに動いている 例文2. 私利私欲に走り始めたらおしまいだ 例文3. 私利私欲に振り回された結果、お金に困窮している 例文4. 私利私欲丸出しだから友人がいないんだ 例文5. 私利私欲にまみれている 例文のように「私利私欲に走る」「私利私欲にまみれる」などの言い方がポピュラーです。

次の

「しりの」に関連した英語例文の一覧と使い方

しり つぼみ 例文

帰ってきた翌朝、オジオンは遅く起きたが、茶が飲みたくなって、家から少しばかり山道を下ったところにある泉に水を汲みに出かけた。 小さな泉の縁には氷が張り、岩と岩の間に生えた苔には霜柱が立っていた。 夜はすっかり明けていたが、それでも、山がその肩をあらわにするには、あと一時間はかかるだろうと思われた。 … グィン『ゲド戦記1 影との戦い』 より引用• 雲が出て、陰になる山やまだ日光を受けている山が重なり合い、その陰日向がまた刻々に変って行くのは、薄寒い眺めであったが、やがてスキイ場もふうっと陰って来た。 窓の下に眼を落すと、枯れた菊の 籬 まがきには寒天のような霜柱が立っていた。 しかし、屋根の雪の解ける樋の音は絶え間なかった。 … 川端康成『雪国』 より引用• バラさん、寿江子にそう云うと、私はもう否応なく主で、病院にいた間とはすっかりちがい、ひとまかせにしていられない生活の顔がもう其処に在る。 庭にあんまり霜柱が立って八つ手や青木がしもげているのにおどろいた。 … 宮本百合子『寒の梅』 より引用• 塀の傍の黒土には霜柱が立っていて、そのいくらかは踏み散らされている。 おふじの死体のあったあたりは人の足跡だらけであった。 … 平岩弓枝『御宿かわせみ 20 お吉の茶碗』 より引用• この、きちんとして、小ぢんまりしているという言葉が自分の頭にある四方太氏の風貌ときわめて自然に結びついて、それが自分の想像のスケッチブックのあるページへ「坂本四方太寓居の図」をまざまざと描き上げさせる原動力になったものらしい。 その想像の画面に現われた四方太の住み家の玄関の前には一面に白い霜柱が立っている。 きれいに片付いた六畳ぐらいの居間の小さな火鉢の前に寒そうな顔色をして端然と正座しているのである。 … 寺田寅彦『俳諧瑣談』 より引用• ところがこの研究者たちは、実に何でもないという風に作っているのである。 木箱の底に土を入れて、上にドライアイスを入れた箱を置いて見たら立派に霜柱が立ったのである。 余り手際が良いので実は少々驚いた位である。 … 中谷宇吉郎『「霜柱の研究」について』 より引用• 小吉は木剣の素ぶりをやった後で、縁側でお信が背中の汗をふいてくれているところだった。 ゆうべはひどく寒さが強くて、今朝はまだ日蔭は霜柱が立っている。 … 子母沢寛『父子鷹 上巻』 より引用• 庭へ敷いてある庭葢の藁も只ぐつしりと濕つて居る。 冬 ふゆになると 霜柱 しもばしらが 立 たつので 庭 にはへはみんな 藁屑 わらくづだの 蕎麥幹 そばがらだのが一 杯 ぱいに 敷 しかれる。 それが庭葢である。 … 長塚節『土』 より引用• 秋ごろには、京都の杉苔の庭と同じように、一坪くらいの地面にふくふくと生えそろった。 これはしめたと思って大切に取り扱い庭一面に広がるのを楽しみにしていたのであるが、冬になって霜柱が立つようになると、消えてなくなった。 翌年も少しは出たが、もう前の年のようには育たなかった。 … 和辻哲郎『京の四季』 より引用• 朝の光を浴びて冬芝がきらめいていた。 草の下には 霜柱 しもばしらが立っている。 吐く息は白く、握った指先まで悴んでいて、澄んで冷たい空気を急に吸い込んだために、鼻の奥がつんと痛んで涙がでた。 … 喬林知『今日からマ王 第04巻 「明日はマのつく風が吹く!」』 より引用• 翌日早朝、まだ日も出ないころ、二人は林のどこやらにおびただしく飛んできて、やかましくさわぎたてる椋鳥のさえずりにおこされた。 林の中にはきびしい 霜柱 しもばしらが立ち、林の外は雪のようにまっしろく 霜 しもがおおうていた。 … 海音寺潮五郎『天と地と(三)』 より引用• ところが霜柱が立った朝、農具がすべて消え、畑を広げることが出来なくなってしまった。 困った村人が森に農具の所在を尋ねると、森は再び「知らないぞお」ととぼけるが、来るなとは言わず、来いという。 いろいろの花が、日にまし、つぼみがふくらんできて、咲きかけていた時分であります。 垣根 かきねの 際 きわは、 長 ながい 冬 ふゆの 間 あいだは、ほとんど 毎朝 まいあさのように 霜柱 しもばしらが 立 たって、そこの 地 ちは 凍 こおっていました。 寒い、寒い天気の日などは、朝から晩まで、その霜柱が解けずに、ちょうど六方石のように、また塩の結晶したように、美しく光っていることがありました。 … 小川未明『小さな草と太陽』 より引用• 私も弟が一人出來たやうに愉しみであり、時々朝早く起きて辨當をつくつてやつた。 朝五時と云へば、まだ眞暗で霜柱が立つてゐる。 女中を起すのが可哀相なので、前の晩に仕度をしておいてやるのだけれども感心に、常次はまだ一日も遲れたことがない。 … 林芙美子『玄関の手帖』 より引用• 海水浴場も所々に点在し、夏季の海水浴シーズンには周辺から海水浴客が訪れる。 沿岸部の気候は温暖であり、冬は対馬海流の影響で霜柱が立つことは無いが雲が発生しやすいため、曇天の日が多く、雨や雪を降らせることもある。 日照時間も非常に短く、北西の季節風の影響で肌寒く、波は穏やかで荒れることは少ない瀬戸内海側とは違い、季節風の影響を強く受けるため、海が荒れることも少なくない。 寒い冬がやってきました。 蛙 かえるたちのもぐっている土の上に、びゅうびゅうと北風がふいたり、 霜柱 しもばしらが立ったりしました。 そしてそれから、春がめぐってきました。 … 新美南吉『二ひきの蛙』 より引用• と、大いにあせったが、いい工夫がつかない。 数日の間、ひまがありさえすれば考えつづけていたが、ある日、大庭に寸ばかりもある霜柱が立ち、その上に雪のように真白に霜のおりているきびしい寒気の朝であった。 … 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』 より引用• 最後に霜柱は日本特有のものと思っていたが、外国でも二、三出来る所があるということを調べてある。 独逸 ドイツなどでは出来ないというので、 伯林 ベルリンの土を取り寄せて見たが、それを今までの理論から見て、摺り潰して見たら、 果 はたして霜柱が立った由である。 「伯林の人が生れてから見たこともない霜柱」が伯林の土で立派に出来た由である。 … 中谷宇吉郎『「霜柱の研究」について』 より引用• 朝は霜柱が立ってかなり寒かった。 安部譲二『ぼくのムショ修業』 より引用• 触ってみると、それは薄い氷だった。 焼け跡の土に毎日霜柱が立ち、昼はどろどろにぬかった。 その霜柱が一日中立ちっぱなしになった。 … 半村良『炎の陰画』 より引用.

次の

【燃え立つ炎】の例文集・使い方辞典

しり つぼみ 例文

私利私欲の意味とは 私利私欲は「自分の利益を追求し、ひたすらそれを満たそうとすること」という意味です。 「しりしよく」と読みます。 私利私欲は基本的にマイナスな使われ方をすることが多いように見受けられます。 本来、人間は生まれながら私利私欲で動いている存在です。 例えば赤ちゃんなどは私利私欲で動いていますが、その存在を喜ばれて受け入れられていますね。 問題なのは、社会の中で私利私欲を追求すること。 社会は自分と他者のしあわせのバランスの中でこそ健全に保たれていくので、私利私欲を追求する人は嫌われるというわけです。 私利私欲の対義語は通常「無私無欲」「公正無私」が挙げられます。 けれど、対義語に最もふさわしいのは「利他主義」でしょう。 無私無欲、公正無私より、利他主義の方が積極的に他者の利益を優先する言葉です。 人は自然には利他主義になることはできませんが、健全に人の幸せを願うことができるのは人が動物と違う点です。 私利私欲に生きるのではなく、自分の思いも大切にしつつ、同時に自然な利他主義の中で生きていけるのがベターです。 私利私欲の由来 私利私欲は言葉の組み合わせによってできている言葉なので、由来はありません。 私利私欲の文章・例文 例文1. 私利私欲を満たすためだけに動いている 例文2. 私利私欲に走り始めたらおしまいだ 例文3. 私利私欲に振り回された結果、お金に困窮している 例文4. 私利私欲丸出しだから友人がいないんだ 例文5. 私利私欲にまみれている 例文のように「私利私欲に走る」「私利私欲にまみれる」などの言い方がポピュラーです。

次の