エクセル 一次 関数 グラフ。 【Excel】Forecast関数で直線補間してみよう!Trend関数との違い

一次関数はこれで完璧!グラフの書き方と変化の割合の求め方

エクセル 一次 関数 グラフ

一次関数の問題に入る前に 一次関数の学習に入る前に、座標についての知識を簡単に確認しておきましょう。 関数のグラフの土台となる部分の知識、座標の読み方等は当たり前にしておかなければなりません。 横をx軸、縦をy軸と言います。 二つの軸が交わる点を原点と言います。 原点(0,0)と表記すること、そして、各座標の表現方法は大丈夫でしょうか。 例えば、A(2,3)を図示することができるか、確認をしてください。 2.一次関数とは 【y=ax+b】 このような一般式によって表現される関数のことを 「一次関数」と言います。 まずは、記憶すべき名称について簡単に説明します。 aを傾き、 bをy切片と言います。 aの傾きについては、「 変化の割合」と表現することもあります。 この名称については、式を見ているだけでは何を意味しているのか全く分からないかと思いますが、グラフと関連付けることによって、意味が明瞭になるでしょう。 y=ax+bの一次関数のグラフ 一次関数のグラフは、上の図のように直線を描いています。 そして、各部の名称についてもう一度確認してみましょう。 aは「変化の割合」でした。 x軸方向に1進んだ時に、y軸方向にa進むという性質があります。 したがって、直線の傾きの大きさを表現する数ということになります。 bはy軸との交点の座標となっています。 y切片(0、b)という点は、y=ax+bの一次関数の式のxに0を代入したものになりますね。 つまり、xが0の時の値がbということになり、y軸との交点という表現をすることもできる、ということです。 一次関数の問題【基本編】 一次関数の基本的な問題は「グラフを図示することが問われる問題」と「一次関数の式を求める問題」の二つに大別されます。 いずれにせよ式を求めなければ図示をすることもできませんので、まずは式をしっかりと求めることができるようにしましょう。 それでは具体的に考えてみましょう。 変化の割合と切片から一次関数を求める 【問題2】 ある一次関数について、変化の割合が2、点(1,3)を通る時、その式を求めなさい。 先程の問題とは少し異なります。 y切片が提示される代わりに、別に通る点の座標が示されています。 一次関数がある点を通過するということは、その 座標のxyを一次関数の式に代入したときに、その式が成立することを意味するということを覚えておいてください。 とすると、 一次関数y=ax+bについて、変化の割合が2であることから、a=2がわかります。 というように、傾き(変化の割合)と一つの点の座標が分かっていれば、当該一次関数の式を求めることができます。 一次関数を求める問題は、もう一つバリエーションがあります。 2つの座標から一次関数を求める 【問題3】 ある一次関数について、この関数が、A(-1,0)、B(1,4)の二点を通るとき、その式を求めなさい。 今回は、一次関数の要素について、問題分で一切提示がされていません。 しかし、このような場合であったとしても、通過する二点の座標がわかっていれば、当該一次関数を特定することは可能となります。 二点の座標が分かっているだけでも、それを連立方程式の問題に組み替えることによって一次関数の式を求めることができるのです。 連立方程式の理解にあやふやな点がある人は、代入法・加減法についてしっかりと復習して下さい。 今回の解答では加減法を採用しましたが、当然、代入法によっても解答を得ることはできます。 練習を兼ねて試してみて下さい。 参考リンク: 変化の割合を求める方法 今回のような二点の座標が条件として出されている場合には、傾きを先に出すことによって解答とすることもできます。 つまり、AからBに移動する際に、この関数ではどれだけの変化率があるのか、という点に注目するのです。 すなわち、 と表現することができます。 つまり【問題3の座標A(-1,0)、B(1,4)上記の式に当てはめると、 a= 4-0 / 1- -1 a=2 という形で、先にaを求める方法も考えられます。 この場合、bは、ABいずれかの座標を代入することで処理することができますね。 今回の問題を考える前に、グラフの形状に関して注意点があります。 つまり、ここまでで出てきた一次関数のグラフは傾き(aの値)が全て正の値でした。 そのようなグラフは「右肩上がり」の形状となります。 対して、今回出てきた二つの一次関数は、いずれもその傾きが負の数です。 このようなとき、グラフの形状は上の図のように、「右肩下がり」の形状となります。 計算上は特に気にする必要はありませんが、このように、傾きによってグラフの形を大きく二分することができるということは、図示する場合に非常に効果的でしょう。 2つ一次関数の交点の求め方 二つの一次関数の交点を求める際には、その意味を掘り下げて考えれば簡単に求めることができます。 とすると、この交点の座標を(p、q)としたとき、 q=-4p+2 q=-p-4 の連立方程式を解けばよい、ということになります。 これを解くと(練習のため自分で計算してみて下さい)、p=2、q=-6、となることから、交点は(2、-6)と求めることができます。 まとめ このような応用問題以外にも、例えば一次関数が三つ用意されて、それぞれに囲まれた部分が三角形であるような場合に、その面積を求める問題など、応用問題も限りなくバリエーションが生まれます。 ただし、そのような場合であったとしても、これまで見てきたように、しっかりとの式を分析して、正確にグラフを書くことができれば解答の糸口を見つけることができるでしょう。

次の

エクセルで1次関数

エクセル 一次 関数 グラフ

エクセルでグラフの傾きや切片を求める方法 それでは、実際のデータを用いてあるデータの傾きや切片を計算する方法について解説していきます。 まずは、このデータをグラフ化させていきます。 数値範囲全体を選択した後、上タブの散布図(マーカーのみ)を選択していきます。 すると、以下のようデータの回帰直線の傾きと切片を求めるためのグラフが作成されるのです。 続いてプロットの上で右クリックを押した後に、近似曲線の追加を押し、回帰直線(近似直線)を入れていきます。 さらに、近似曲線のオプションを選択し、線形近似、グラフに数式を表示するにチェックを入れましょう。 すると、以下のように傾きも切片も表示されて近似直線が表れるのです。 つまり回帰直線の傾きが約79. 3、切片が1199. 9と両方とも一気に求められました。 SLOPE関数とINTERCEPT関数で傾きと切片を計算する方法 このように、近似直線の追加によって、グラフの傾きも切片も求めることができるのです。 ただ、エクセル関数を使用することによっても、グラフの傾きと切片を一気に計算可能です。 多くのデータを処理するときはこちらの関数を使用する方法の方が効率的といえます。 まずは、データの近似直線の傾きを計算してみます。 具体的には、 セルに=SLOPE(yの数値範囲,xの数値範囲)と入れていきます。 このとき、yの値が先に来ることを理解しておきましょう。 ENTERを押してグラフの傾きの計算を実行していきます。 続いて、グラフの切片を求めるためには、INTERCEPT関数を使用していきます。 セルに=INTERCEPT(yの数値範囲,xの数値範囲) と入力します。 すると、以下のように回帰直線の切片も併せて求めることができました。 どちらの方法も、グラフの傾きと切片を求めるのに重要であるため、きちんと理解しておきましょう。 まとめ ここでは、エクセルで回帰直線の傾きと切片を計算する方法について解説しました。 第一の方法として、データを実際にグラフ化し、そのプロットに対する数式付きの近似直線を表示させるものがあります。 この方法では、傾きも切片も一括で計算されるため、簡単に処理できます。 一方で、エクセル関数のSLOPE関数を使用すれば近似直線の傾きが、INTERCEPT関数を使用すれば切片が求まります。 こちらの手法はいくつかのデータを一括でまとめたい場合におすすめです。 エクセルでの数式処理に慣れ、より効率的にデータ解析を行えるようにしていきましょう。

次の

エクセルの関数を使って、2座標を通る1次関数等を求めたいです

エクセル 一次 関数 グラフ

あれれ…。 思っているようなグラフじゃなくて、ただ単なる、 XとYのデータをつないだだけの折れ線グラフが挿入されてしまいました。 こういうのを作りたいわけじゃないんだよなぁ~。 X軸とY軸が0を交点として交わる軸線があって、 それぞれ、横軸がX軸で、縦軸がY軸のグラフを描いてほしいんだよなぁ~。 これでは、作りたい一次元方程式のグラフではありませんよね。 では、Excelでは、作ることはできないのでしょうか? 降参するしかないのでしょうか? いえいえ、そんなことはありません。 作ることは出来るのです。 では、どうやるのかというと、まず、先ほどと同じ範囲を選択して作成していきましょう。 A5:B16を範囲選択して、挿入タブの散布図の 散布図(直線) を選択します。 数学の時に、書いたことがある、一次元方程式のグラフが出来ましたね。 X軸とY軸が0を交点として交わる軸線があって、 それぞれ、横軸がX軸で、縦軸がY軸のグラフが挿入されましたね。 散布図(直線)を使う。 思い浮かびませんよね。 数学の時は、データの散布状況を確認するために使うなんて、習っていませんよね。 ただ、線を引くだけでした。 一次元方程式のグラフを描くときは、散布図(直線)と覚えておきましょう。 そういえば、 二次元方程式っていうのもありましたよね。 放物線のグラフ。 コチラも、同じ散布図(直線)で作ることが出来ます。 二次元方程式についても、別で書きたいと考えております。 今回は、 仕事で使えるExcelというよりも、学校の先生や、 生徒さん向けの、学校で使えるExcelって感じですかね。 118• 238• 267• 207• 179• 120• 107• 1152• 229• 172• 388• また、事務職の方(プログラムを本職としていない方)向けのExcel VBAをはじめ。 Webやネットワークに関することに関しても、講義をしております。 それぞれの部署・部門・課内に合わせた、企業研修講師経験多数。 (オリジナルでテキストを作成しております。 ) ExcelやWordのスキルアップを願い、保育士さんへの応援支援や、 ママさん応援支援なども行っております。 YandSシステムズ(ワイアンドエスシステムズ) 矢光 利幸(やこう としゆき) Webサイト:.

次の