準 中型 免許。 準中型免許誕生。運転免許の種類が変わります【平成29年3月12日施行】ややこしい仕組みを解説

【準中型免許】制度改正であなたも準中型に!?

準 中型 免許

新しく増えた準中型免許の内容 今回の改正で追加されるのは「準中型免許」です。 これによって、従来から存在した、普通、中型、大型の3種と合わせて4種類の免許という体制となります。 準中型免許で運転できるの車両は次の全ての条件におさまる場合のみです。 準中型免許で運転できる車両• 車両総重量:7. 5t未満• 最大積載量:4. 5t未満• また、準中型免許制度の開始に伴い、2017年3月12日以降に取得する普通免許では次の通り変更となります。 2017年3月12日以降に取得する運転免許で運転できる車両• 5t未満• 乗車定員 :10名以下から変更なし 運転できる車の範囲は変わらない 新しい免許制度で、普通免許の運転条件が厳しくなるのなら、今まで乗っていた車に乗れなくなるのではないか、と心配される方もいるかもしれません。 しかし、その点については心配ありません。 2017年3月11日以前に普通免許を取得していた方は、従来通り運転できる車に変化はありません。 これは、今まで運転できたはずの車が運転できなくなると困るためです。 また、次回の免許更新(3月12日以降の更新)では、「準中型(5t限定)」という免許証に変更されます。 これは、2007年(平成19年)6月2日に中型免許が導入された時と全く同じやり方です。 2007年6月1日以前に普通免許を取得していた人は、現在免許証には「中型(8t限定)」と記載されています。 今回の改正と同様、今まで運転できた車が急に運転できなくなると困るため導入された措置でした。 なぜ準中型免許が創設されたのか 運転免許に初めて車両重量や積載量による区分が設けられたのは1956年(昭和8月1日のことで、その後50年以上普通免許と大型免許の2種類しかありませんでした。 これに対して、準中型免許は中型免許創設からわずか10年での出来事でした。 これには、10年前と今回では制度の改正趣旨が大きく異なるという理由があります。 中型免許の創設の趣旨は、 普通免許で運転可能な大型車両による事故が問題視されたためでした。 そして、従来普通免許で運転できた車両を運転するには中型免許が必要となったのです。 交通安全を確保するというのが2007年の制度改正の趣旨でした。 運送業界からの強い反発 2007年の制度改正に対して、改正直後から強い反対運動を起こしたのは運送業界です。 運送業界は賃金の割に労働時間や内容がきついことで有名で、申告な人員不足に悩まされていました。 中型免許制度はそれに拍車をかけるものだったのです。 運送業用のトラックには、業務で使うための様々な架装が施されています。 架装が増えれば当選車両総重量も増加します。 そのため、積載量が2トンのトラックでもほとんどの場合車両総重量が5トンを超えてしまいます。 そうなると、2007年6月2日以降の 普通免許では運転できません。 従来、運送会社が若い人を雇う場合は、まず普通免許の人を雇って、2トン車や3トン車等の比較的小型の車両を運転してもらい、21歳以上になったら大型を取ってもらうというやり方がよく使われていました。 しかし、法改正によってほとんどすべての業務用トラックが普通免許で運転できなくなってしまったのです。 その上中型免許を取得できる年齢が20歳以上となってしまったため、 高卒の新卒採用が事実上不可能となってしまいました。 これが運送業界が反発していた理由です。 準中型免許の制度趣旨 運送業界は以上の理由から、中型免許制度を撤廃するよう国と繰り返し交渉してきました。 しかし国としては、交通事故の減少という目的を掲げて中型免許を創設したのですから、全面的に応じるわけには行かず、議論が重ねられました。 そしてようやく折り合ったのが、今回創設された準中型免許制度だったのです。 準中型免許は18歳から取得できますから、運送会社は新卒採用者をすぐに免許を取りに行かせることができます。 運転できる車両も2007年以前の普通免許(現在の中型8t限定)とにかなり近い条件ですから、今回の改正は運送業界の要望と国の制度趣旨がうまく両立したものということができます。

次の

新しい運転免許「準中型免許」とは?

準 中型 免許

2007年までの免許区分 1960年から2007年までの免許区分はこんな感じでした。 条件1:最大積載量:5トンまで 条件2:車両総重量:8トンまで 条件3:乗車定員:10人まで この3つの条件に入っていれば普通免許でOK、 どれか一つでも超えると大型免許が必要でした。 シンプルでわかりやすいですね。 免許の条件にたびたび出てくる「最大積載量」「車両総重量」「乗車定員」は、どれか一つでも超えると上位免許が必要となります。 普通免許で運転できる範囲が広いことによる事故増加 しかしその後の経済成長によって道路事情が向上すると、それに伴いエンジンや車両性能も高性能化していきました。 大型自動車は11トン以上のトラックが貨物自動車の主流となり、増大する輸送量を支えてきました。 一方で普通自動車には車両長の規定がないこともあって、普通免許で運転できる貨物用自動車も大型化していきました。 そのため、普通免許取得時に練習した車両と普通免許で許可されている上限サイズの車両とでは車体サイズが大きく異なり、その結果、 運転者の技量が実情に追いつかなくなって事故が増えていきました。 僕も学生時代にアルバイトで4トントラックを運転したことがありますが、車両サイズ的に大型車とあまり変わらなくて最初は「こんなデカいの普通免許で乗っていいんか?」とビビった覚えがあります。 2007年~2017年3月までの免許区分 2007年に道路交通法が改正されて、新たに 中型免許が新設されました。 簡単に言うと、普通自動車で運転できる上限を引き下げて普通免許と大型免許の間に中型免許を作ったんですね。 しかしそのままでは既に普通免許を所持して旧普通免許の上限に位置するトラック(最大積載量5トン未満、車両総重量8トン未満)で仕事をしている人たちが困ってしまうので、旧普通免許で許可されていた 2017年3月以降の免許区分 それを受けて、2017年3月に道路交通法を改正して 準中型免許が新設されました。 簡単に言うと、普通免許の上限をさらに引き下げて、中型免許の下のほうを準中型免許としました。 中型免許は普通免許取得後2年経過しないと受験資格がありませんが、 準中型免許はその制約がありません。 ということは、運送業界に就職することがわかっていれば、いきなり準中型免許の教習を受けることが可能になるわけです。 また、2007年の中型免許新設時と同じように、2007年6月~2017年3月以前までに普通免許を取得した人には、 5トン限定の準中型免許が付与されます。 2007年6月以前に普通免許を取得している人は既に「8トン限定の中型免許」を所持しており、それには準中型免許の免許範囲が含まれますから、今回の準中型免許新設による影響はありません。 まとめ ・2007年6月以前に普通免許を取得している人は自動的に8トン限定の中型免許が付与されている。 ・2007年6月~2017年3月の間に普通免許を取得している人は自動的に5トン限定の準中型免許が付与されている。 ・準中型免許は18歳になるといきなり取得可。 (下位免許の取得が条件になっていない) 免許区分が増えていった背景を一つ一つ見ていくと追加される理由にはそれぞれ納得するものがありますが、改めて免許区分を見てみると、細分化され過ぎて現場で運用できるのか不安になります。 昨年、免許更新したときに、講習担当のお巡りさんがこの免許区分の改正についてかなり丁寧に説明していました。 しかし周囲の受講者を見てみると正しく理解している人は半分もいないような感じでしたね。 しかも免許に記載されている「中型車は中型車(8t)に限る」の8tは最大積載量だと思っている人もチラホラいましたし。 (ここでいう8tは車両総重量のこと) 普通免許を持つほとんどの人は乗用車しか乗らないので中型免許や準中型免許について気にする人はあまりいないと思いますが、引っ越しでトラックをレンタルするときなどは、自分の免許でどこまで運転できるのかをしっかり把握しておかないとうっかり 無免許運転になってしまう可能性があるので注意してください。

次の

普通・準中型・中型・大型自動車免許の違い 免許取得に必要な教習 | 失業後はじめてのハローワーク

準 中型 免許

平成29年度 6月17日3月12日に施行される予定です。 準中型が登場することで、これまでの免許の扱いはどう変わっていくのでしょうか? 大事なポイントは 「未経験者(初めて免許を取る人)でも最初から準中型免許を取得出来る」ってことです。 よって、今までは普通免許を取ってから2年経って中型にステップアップしないと運転できなかった大きなトラックが運転できるようになります。 「2年待ち」がなくなるので、仕事でトラックの運転が必要な人には朗報と言えるんじゃないでしょうか。 「平成19年以降に普通免許を取得した人でトラックを運転したい人」「今18歳未満で将来的にトラックを運転するために中型以上の免許を取ろうとしている人」は気にしておいた方が良い話題です。 逆に、もう既に普通免許を持っていて、トラックなんか運転しないよって人にはあまり関係ない話ですね。 このページでは、• 免許制度の移り変わり• 準中型免許の年齢制限• これから普通免許を取る人が乗れる車種は今までとどう変わるのか• また準中型免許を取った方が良いのはどんな人なのか• 準中型免許を取得する際にかかる費用 といったことを解説しています。 今後、免許を取る方や、中型以上へのランクアップを考えている方の参考になれば幸いです。 関連記事 これから免許を取る方は、3月12日より前に普通免許を取ってしまった方がお得です。 制度改定前に普通免許を取ってしまえば、自動的に「準中型(5トン限定)」に切り替わるので乗れる車の種類が減ることはありません。 それでもわからん、という方は・・・ごめんなさい。 平成19年まで 昔はこんなんでした。 シンプルですね。 普通免許なら車両総重量8トンまで運転出来て、それ以上は大型免許が必要。 平成19年改定 今はこれ 平成19年以前に普通免許を取得した人は、免許証の表記が勝手に「中型(8トン限定)」に変わりましたよね。 中型限定免許の人は、普通 肌色 +中型8t限定 緑 の部分をカバー出来ます。 平成19年以降に普通免許を取った人は、緑の部分がカバー出来ません。 普通免許の範囲が狭くなったのです。 平成29年改定 3月から 平成29年3月以前に普通免許を取ってしまえば、次の更新で勝手に「準中型(5トン限定)」になります。 準中型限定免許の人は、普通 肌色 +準中型5t限定 紫 をカバー出来ます。 これまでの歴史を見てみると基本的に既得権益は守られるようになっているので、制度が改定されてもそれまで持っていた免許の範囲はなくなりません。 今まで乗れていた範囲の車はそのまま乗ることが出来ます。 逆に、 免許制度が変わって新たに乗車可能な範囲が広がることはありません。 なんていうか、普通の暮らしをしていて乗用車だけを運転する人にとってはあまり関係のない話です。 今、普通免許を持っている人は、平成29年3月以降、準中型限定に表記が変わる。 だけど、乗れる車は増えないし減りもしません。 あくまでも これから免許を取る人で、 トラック運転してえって人に関係ある話です。 では、なんでこんなことをしているかというと、緑のゾーン、中型を運転できる人が少なくて困った。 今の制度のままじゃ若者が緑に達するまで時間がかかる。 だから制度を変えよう、というのが今回の免許制度改定の肝です。 準中型免許とは?年齢制限 改定前 免許 車種 車両総重量 資格 普通 普通自動車 5t未満 18歳以上 中型 中型自動車 5~11t未満 20歳以上 経験2年以上 大型 大型自動車 11t以上 21歳以上 経験3年以上 改定後 免許 車種 車両総重量 資格 普通 普通 3.5t未満 18歳以上 準中型 準中型 3.5~7.5t 18歳以上 中型 中型 7.5~11t未満 20歳以上 経験2年以上 大型 大型 11t以上 21歳以上 経験3年以上 「今の制度では普通免許を取った人が中型に乗れるようになるまで時間がかかるし、年齢制限もあるのでかわいそうだよね。 運送業のドライバー不足もあるし、18歳から中型車を乗れるように制度を変えよう」みたいな話です。 普通免許はどんどん乗れる範囲が狭くなっていくので早く取った人ほどお得。 改定後に普通免許を取得すると上のクラスに行くにはその都度受験料などがかかってしまいますから損です。 平成29年3月以降取得の普通免許では乗れなくなる車 今度の免許でボーダーラインになる準中型自動車はどれくらいの大きさかというと、街でよく見かけるヤマト運輸や佐川急便、コンビニへの配送車などのトラックをイメージして貰えればわかりやすいと思います。 By: これが新しい普通免許では乗れなくなります。 2トントラックと言われるやつです。 これがすごくややこしくて、 「今の普通免許は5トン未満までだから2トントラックを運転出来る」と思っている人がたまにいます。 ここで言う2トントラックの「2トン」は最大積載量であり、免許に書かれている「~トン未満」というのは 車両総重量なのです。 最大積載量が2トンのトラックは、車両総重量は5トンを超えるものもあります(多くの車種は5トン未満に抑えられている)。 見た目だけで判断せずにきちんと車検証を見て確認しましょう。 いずれにせよ、きちんと車検証を見て確認すればうっかり違反することはありません。 法律も、車の仕様もどんどん変わるものですから、昔仕入れた情報を鵜呑みにするのはよくないですね。 もちろんこの記事もそうです。 正しい情報を書くように努力していますが、間違っていたら教えていただきたいです。 仕事の性質上、トラックを運転する機会がある方は、今一度、自分が持っている免許で運転できる車がどこまでなのか確認して把握しておくと良いと思います。 今、自分の免許で運転できる車の大きさは? 自分がその車を運転できるかどうか判断するには、車検証を見るのが一番早いです。 右上の方に、 最大積載量、車両重量、 車両総重量と並んで書いてあるので、そこの 車両総重量を見て判断します。 5トン未満なら普通免許でオッケー。 それ以上なら無理です。 車両総重量の欄だけを見れば自分がそのトラックを運転できるかどうかがわかります。 ただのアルミバンとかは5トン未満も多いんですが 今はほとんどそうなっているかも 、ワイドロング(ものによる)や保冷車、ユニック(クレーンがついてるやつ)など、装備によって重量が増えてしまう車は準中型じゃないと運転できないゾーンになります。 一度定着してしまったものを覆すのはめんどくさいですが、非常にややこしいこの表現。 小型トラック、中型トラック、大型トラックの3段階で良いと私は思うんですけど、どうなることやら。 高校新卒者雇用促進 更にポイントになるのが、 年齢制限です。 準中型自動車免許制度は、小型貨物自動車などに限定した新区分として新設されます。 現行の制度では、中型自動車(車両総重量5トン以上11トン未満)は、 20歳以上でかつ経験が2年以上でなければ取得することが出来ませんでした。 だから 高卒の新入社員には、中型トラックを運転させることはできなかったのです。 しかし、新制度の準中型免許は、 18歳以上であれば、普通免許の経験がなくても取得できるようになります。 最初に自動車免許を取得するときに、 普通か 準中型かを選べるということです。 仕事や趣味でトラックも運転出来るようにしておきたい方は準中型を、そこまで必要ない方は普通を選べばいいのです。 準中型免許が採用されることで 「運送事業者の高校新卒者雇用が促進され、ドライバー確保にもつながる」という狙いがあるようです。 実際この問題に頭を悩ませている企業は多いです。 これまでの制度だと高卒ではなく専門学校を卒業した人間でも、入社直後は運転の経験が2年未満ですからいきなり中型自動車の運転をさせることは出来ませんでした。 新入社員としては早く仕事を覚えたいし、会社としても早く独り立ちして欲しい、でも出来ない。 制度に縛られるジレンマを抱えていたんです。 首都圏ではペーパードライバーが多く、就職活動において車の免許は必要ないと思われがちです。 確かに、いわゆるホワイトカラーの人間はそうかもしれません。 移動は電車、仕事で使う営業車もオートマがほとんどでしょう。 その一方で「中型自動車さえ運転できれば仕事の幅を広げられるのに・・・」という人は多いのです。 準中型免許・自動車学校の教習時間 普通免許を取得していない状態で最初から準中型免許取得する場合、自動車学校の教習時限は42時限。 42時限(1段階18時限+2段階24時限) 最大積載量2tの小車格トラックを利用します。 施行は平成29年3月12日。 今すぐトラックに乗りたい人は? とはいえ、施行されるのは平成29年、だから2017年の3月です。 今どうしてもトラックを運転できるようにならなきゃまずいという人は現行の仕組みに従うしかありません。 中型免許の資格は 20歳以上で経験2年以上で、しかも最初はみんな普通免許なので新たに試験を受ける他ありません。 一旦普通免許を取得してから、2年後新たに中型を受けなければならないということです。 同年代で中型免許を持っている人は少ないでしょうから差をつけるためにも時間があるうちに取得おくと良いでしょう。 車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、 今乗っている車を高く売ることです。 最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。 なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。 そこでさらに複数の業者へ 一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。 私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと 22万4000円にもなりました。 かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。 申込は 1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。 この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

次の