田畑 政治 結婚。 『いだてん』田畑の妻も? 新聞社で働く女性たち

田畑政治の経歴や子孫は?浜松一中や浜松北高とオリンピック招致について調査!

田畑 政治 結婚

スポンサーリンク 田畑政治の経歴、生まれた街は静岡県浜松市! 大河ドラマ の後半の主人公の 殿は 出身なのを知っておったかの? である田畑殿ゆかりの地として、ツイッターを始めたのじゃ! ぜひご覧くだされ~ フォローもしてくれるとうれしいのじゃ(こそっ) — 出世大名家康くん【公式】 ieyasukun100 田畑政治が生まれたのは… 海に山、川に湖…豊富な自然に囲まれた浜松市。 浜松といえば、 浜松餃子に浜名湖うなぎ。 美味しいものがたくさん…あげているとキリがなくお腹すいてきます。 魅力的な街ですよね。 出世大名家康くんもつぶやいちゃうほど浜松では大切にされている田畑政治さん。 どんな人物か気になってきませんか。 後に偉業を成し遂げる田畑政治は、浜松の地でどんな日々を過ごしたのでしょう。 素敵な街で育った 田畑政治の生い立ちに追っていきましょう。 田畑政治、浜松一中 現在の浜松北高校 でエース級スイマーに!しかし、若くして夢破れる… さんの生家跡、造り酒屋「八百庄」。 現在の成子町セブンイレブンのところ。 — きすけ🐣 kisukepiyopc 1898年(明治31年)12月1日、浜松町成子(現在の静岡県浜松市中区成子)にて田畑政治は田畑家の次男として誕生します。 田畑政治の生まれた家は、浜松市中区の造り酒屋「八百庄商店」という、かなりの資産家。 父の田畑庄吉は議員も務めていた高額納税者でした。 大富豪の息子、生粋のお坊ちゃまとして幼い時を過ごします。 田畑政治の生家跡は、とても広く、現在はコンビニになっているそうです。 浜松一のお金持ち・地元の名士の家系に産まれ何不自由ない恵まれた生活…しかし、 政治は幼いときから体が弱く、30歳まで生きられないと言われていました。 母・うらは、そんな政治を心配し環境のいい舞阪町弁天橋あたりの別荘で夏休みや冬休みは過ごすようになりました。 母心感じます…政治が大切に育てられてきたというのがエピソードからも伝わってきますよね。 彼は、その浜名湾でよく泳いでいたそうです。 政治にとって「泳ぐこと」は、体を鍛えるためでもあったかもしれません。 幼いころからの水泳経験がみごとに開花します。 浜松一中(現在の静岡県立浜松北高等学校)の「遠州学友会水泳部」では、政治は1、2を争うエース級のスイマーだったそうです。 しかし、田畑政治は浜松中学校(現在の浜松北高校)4年生のときに、慢性盲腸炎と大腸カタルを併発。 医師から「泳いだら死ぬ」とまで言われるほど重篤な病状に陥ってしまいます。 水泳選手としてこれからだった 政治青年は、泳ぐことを諦めなくてはならなくなり ました。 泳ぐことが生きがいだった様な青年は、一瞬にして選手として水泳できなくなってしまいました。 彼は辛かったにちがいありません。 ところが、この田畑政治という人は「ここから」がスゴイのです。 学ぶべき、マインド切り替えの「切り替えスイッチ」、彼には生きる強さがありました。 水泳指導者として生きることを決めた田畑政治。 浜名湾から世界に通用する選手を! 競技者としての道が断たれた田畑政治でしたが 「それならば指導者としてNo. 1を目指そう」と後進の指導に力を入れていきます。 境遇に負けず精力的に活動していきます。 そして着実に結果を出していくんです。 ひとを導く…田畑政治の「偉大なガキ大将」という異名はここから生まれたのではないでしょうか。 田畑政治は、天性のポジティブシンキングの持ち主なんです。 これから起こる困難にも、彼の前向きな思想が活きてきます。 もしかしたら、歴代大河ドラマで一番前向きなキャラクターかもしれません。 ・地元の 浜松中学校の後輩を育成、その後輩たちが地元の水泳大会で優勝 ・周辺の水泳部の活動を盛り上げるため1916年(大正5年)8月、 「浜名湾遊泳協会」を組織。 ・1921年(大正10年) 水泳全国大会の開催を企画、実現。 浜名湾北弁天島に会場となる幅30m、長さ100mの海水プールを設置。 田畑は東京帝国大学(現在の東京大学)に進学。 しかし、「水泳で浜名湾を一番に…」という志を忘れず、休みには地元・浜名湾に戻り、後輩の指導と水泳の普及に務めていきます。 大阪の強豪校がいち早く取り入れていた クロール泳法を、「浜名湾遊泳協会」にも導入。 2年後の 1923年(大正12年)「浜名湾遊泳協会」が悲願の日本一となります。 日本No. 1の浜名湾のチームを育てあげます。 政治の野望は、日本No. 1にしただけにはとどまりませんでした…次は世界、世界のNo. 1にという新たな目標を目指します。 若くして、 組織をまとめ上げ運営するという才能を発揮。 すごいですよね。 学生をしながら休日に後輩の指導も行うなんて、強い意志がなくては成し遂げられません。 強豪校から学んで指導法を取り入れる柔軟さ、海水プールまで作ってしまうバイタリティー、大正のアツい男・田畑政治なくしては、日本水泳の未来はありませんでした。 田畑は、 朝日新聞社政治部に配属され政友会担当となり、有力政治家に顔を知られるようになります。 戦後に首相となる鳩山一郎にも目をかけられ懇意にしていました。 田畑政治の行動はすべて「日本の水泳を世界レベルに!」という目標へと突き進みます。 名だたる政治家たちとのパイプを作りながらも、休日は後進育成のために浜名湾へ…彼は、すべての行動に微塵もブレが無いんですよね。 世界との戦いを考えると、おのずとオリンピックが視野に入ります。 田畑政治はいよいよ「五輪」へと焦点を合わせていきます。 田畑政治、世界へ。 「オリンピック第一主義」を掲げ、アムステルダムオリンピックとロスオリンピックへ! 『いだてん』第2部の新キャスト7人発表 斎藤工、林遣都、トータス松本らが出演 ORICON NEWS 大東駿介は、1928年アムステルダムオリンピックの200メートル平泳ぎで、日本水泳界初の金メダルを獲得した鶴田義行を演じる。 — かよりん kayorinrin 日本も1912年(明治45年)に金栗四三や三島弥彦が初参加したストックホルムオリンピック以降、近代オリンピックに注力するようになりました。 それは、田畑政治の描いていた志に合致していきます。 田畑政治は明確に目標を定めて 「オリンピック第一主義」を掲げ、1928年(昭和3年)のアムステルダムオリンピック(オランダ)を目指します。 アムステルダム五輪では、男子200m平泳ぎ・鶴田義行が金メダルを獲得するなど、 水泳日本が世界に通用することが証明されます。 その後の政治の快進撃は目を見張るものがありました。 まさに田畑政治は指導者として教え子たちを次々と世界進出させていきます! 1929年(昭和4年)「大日本水上競技連盟(現在の日本水泳連盟)」の事務理事に就任。 1930年(昭和5年)「大日本体育協会(現日本スポーツ協会)」の専務理事にも就任。 とうとう田畑政治は水泳指導者としての功績が認められ、 日本水泳の指導のトップに立つのです。 1932年(昭和7年)ロサンゼルスオリンピック(アメリカ)で選手団団長に。 水泳日本代表総監督も兼務、世界の舞台へ日本競泳選手団を送り込みます。 ロス五輪での【日本全体のメダル数】は、金:7メダル、銀:7メダル、銅:4メダル。 その中での【水泳の獲得メダル数】は、金:5メダル、銀:5メダル、銅:2メダルなんです。 ロサンゼルスオリンピック日本競泳選手は好成績でした。 アメリカへ渡った日系人達は、田畑率いる日本チームのこの結果に勇気づけられたのではないでしょうか。 スポーツの感動は、人にパワー与えてくれますよね。 「いだてん」で、キリッとした面持ちの大東駿介さんが、水泳界のスターである、アムステルダム五輪の男子200m平泳ぎ金メダルリスト・鶴田義行さんを演じます。 激動の時代、田畑政治と幻の東京オリンピック。 — 2019年 4月月23日午前7時10分PDT 1936年(昭和11年)ベルリンオリンピック(ドイツ)で水泳日本代表監督を務める。 ・競泳日本代表獲得メダル数…金メダル4、銀メダル2、銅メダル。 1937年(昭和12年)日中戦争(1937年7月7日の盧溝橋事件が端となった)、国際的に非難を受けた日本は孤立状態に陥る。 1940年(昭和15年)東京で開催予定だった 東京オリンピックが中止にオリンピック開催権返上…東京五輪の代替え開催予定だったヘルシンキ五輪も第二次世界大戦により中止。 1944年(昭和19年)ロンドン開催予定だった五輪も戦争により中止。 1948年(昭和23年) ・日本水泳連盟の会長に就任。 ・ロンドンオリンピック参加を断られる。 ロンドン五輪と同日に水泳の日本選手権決勝を行う(日本水泳のレベルを世界へ知らしめるため)。 1949年(昭和24年)日本の国際水泳連盟(FINA)への復帰に尽力。 ベルリンオリンピックの頃から、世界の状況は厳しいものになっていました。 もちろんスポーツも例外ではなく、直接的にオリンピックも戦争の煽りを受けていきます。 特に 1940年(昭和15年)に開催予定だった「東京オリンピックの中止」は、開催に向けて前進全霊を尽くしていた田畑政治にとって、辛かったことでしょう。 このショッキングな出来事は、「幻の東京オリンピック」といわれ今でも語り継がれています。 戦時下の日本ではスポーツは統制に害を及ぼすとして禁止され、各種統括団体は解散させられます。 しかし、田畑政治は日本水上陸上競技連盟を解散せずに温存します。 戦後も、田畑はGHQ総司令官ダグラス・マッカーサーに働きかけ、ロサンゼルスでの水泳大会に遠征する許可を得るなど、精力的に活動していきます。 このことがきっかけで日本は再び国際舞台で活躍できるようになりました。 苦難は続きます。 敗戦国である日本は、ロンドン五輪の参加が認められませんでした…めげない田畑は、ロンドン五輪の競泳と同日程で日本選手権を開催。 なんと、 古橋廣之進・橋爪志郎がロンドン五輪金メダリストの記録を上回るタイムをたたき出します。 水泳日本の実力を世界に知らしめるための策でした。 不屈の精神で、前向きなアクションを起こし続ける田畑政治の凄さがわかるエピソードですよね。 1964年(昭和39年)の東京オリンピックは、この幻のオリンピックとロンドン五輪の不参加の雪辱がなければ開催されることはなかったかもしれません。 「いだてん」でこのできごとが、どの様に描かれるのか興味が湧きますよね。 オリンピックレガシー田畑政治と戦後のオリンピック。 再び東京オリンピック招致へ! — 2019年 1月月6日午前2時43分PST 1952年(昭和27年)ヘルシンキオリンピック(フィンランド)の日本選手団団長を務める。 1956年(昭和31年)メルボルンオリンピック(オーストラリア)の日本選手団団長を務める。 「東京でオリンピックを!」という田畑の想いは強いものになっていきます。 初志貫徹の男・田畑政治は 悲願の東京オリンピック招致に奮闘! デトロイト、ウィーン、ブリュッセルという他の有力候補もいましたが… 1964年(昭和39年)東京オリンピック開催が決定します!ついに日本にオリンピックがやってくることになりました。 このすばらしいニュースに日本中が歓喜、日本人に活きる活力を与えます。 田畑政治は オリンピック組織委員会の事務総長に就任。 そして、 柔道とバレーボールをオリンピック正式種目にします。 東京オリンピックで大活躍した日本女子バレー代表「東洋の魔女」の金メダル獲得は有名ですよね。 輝かしいその背景には、 「オリンピックレガシー」と呼ばれる田畑政治という1人のアツい男の姿があったということを忘れないでいたいです。 晩年の田畑政治、田畑政治の子孫は? ロサンゼルスオリンピックの翌年の 1933年(昭和8年)に、田畑政治は35歳のとき菊枝と結婚します。 彼には、娘さん2人と息子さんが1人、 一男二女に恵まれたそうです。 長女・治子さん、次女・醇子さん、長男は和宏さん。 特に長男の田畑和宏さんは、NHKに勤務され、NHK理事を退任後は、関連企業に務められたそうです。 NHK交響楽団のピンチ打開をはかるなど、 父譲りの逆境に負けない精神で、楽団を支えたといいます。 父の背中をずっと見てきたからなのでしょうか、どことなく和宏さんに田畑政治イズムを感じますよね。 東京オリンピック後、 田畑政治は1973年(昭和48年)日本オリンピック委員会(IOC)の会長に就任しています。 田畑政治は、1980年代よりパーキンソン病を患い、車椅子生活を送るようになります。 1984年(昭和59年)のロサンゼルス五輪直前には一時危篤状態に陥りましたが奇跡的に回復。 テレビでロサンゼルス五輪を観戦し、涙を浮かべたといいます。 そして、 五輪閉会から2週間後、87歳の田畑政治は病院にて息を引き取りました。 このエピソードは、胸にグッとくるものがありますよね。 オリンピックと共に生きた男は、最期に観た五輪に何を感じたのでしょうか。 「いだてん」で田畑政治を演じる俳優は? — 2019年 5月月18日午後4時18分PDT もちろん 「いだてん」の田畑政治役は阿部サダヲさんなのですが… もう2人、話題となっている田畑政治役の俳優さんがいることをご存知でしょうか。 田畑政治さんの幼少期と青年期を演じる俳優さんがいま話題となっているんです。 阿部サダヲさん同様、ユニークなキャスティングなんですよ。 幼少期と青年期を演じる俳優さんを紹介します。 丸メガネで利発な感じが母性をくすぐるようで、 世の奥様たちがこぞって「可愛い」と話題にしているんですよ。 実はもう1人、田畑政治を演じる俳優さんが…青年期担当の俳優さんも世間をざわつかせています。 「似すぎ~!」と巷がざわついています。 偉大な人物・田畑政治を演じる俳優さんも注目度高い3人でしたね!それにしても原さん、笑っちゃうほど阿部サダヲさんに似てますね~どんな演技をされるのか、期待値高まります。 いまから本当に楽しみですね。 【まとめ】田畑政治の経歴や子孫は?浜松一中や浜松北高とオリンピック招致について調査! — 2019年 1月月5日午後6時58分PST 田畑政治さんの経歴を紹介してきました。 経歴を調査してみて分かったことは、 数々の異名以上に日本スポーツに与えた功績が大きい偉大な人物であるということです。 戦争を経てもなお、スポーツの息吹を絶やさなかった… 田畑政治さんの心意気は半端じゃないです。 人生において「志」を持って生きるということや、目標を実現までつなげるまで諦めない心は、田畑政治さんに学ぶべき部分です。 彼が成し遂げたのは誰しもができるわけではない偉業でした。 知れば知るほど「いだてん」でどのように描かれて行くのかが楽しみで仕方ありません。 知っておくべき田畑政治という日本の五輪史、楽しんでみたいですね。

次の

田畑政治のプロフィールは?出身や学歴や息子のことなど!

田畑 政治 結婚

この記事の所要時間: 約 9分 42秒 皆さん、 NHK大河ドラマ「いだてん」、見てらっしゃいますか? 私は熊本在住なので、主人公、金栗四三の熊本弁にとっても親しみを感じ、毎週楽しく見ています。 しかし、次回から「いだてん」は第2部になり、主人公も 田畑政治(たばた まさじ)に変わります。 田畑政治は1964年の東京オリンピックの開催実現に大きな貢献をした人物です。 でも私は田畑政治のことを知らなかったので、ちょっと予習してみました。 そうしたら、そのまっすぐで、そして平和を願う生き方に大変感動を覚えました。 今回は田畑政治の経歴と家系図、妻と息子そして名言を紹介したいと思います。 第1部の主人公、金栗四三についてはこちらをどうぞ。 田畑政治の経歴 それではまず、田畑政治の経歴について見ていきましょう。 田畑政治は1898(明治31)年12月1日、静岡県浜名郡浜松町 現在の浜松市中区 に生まれました。 実家は裕福な造り酒屋で、浜名湖にある弁天島に別荘があったそうです。 田畑政治は幼い頃からそこで泳ぎ、水泳が得意になりました。 田畑政治は 旧制浜松中学校(現在の県立浜松北高校)に進学し、水泳部に入部します。 しかし、 4年生の時に盲腸炎と大腸カタルにかかり、医師から「泳げば死ぬ。 」と水泳を止められます。 ショックだったでしょうね。 普通はここで諦めるしかないのですが、田畑政治は、選手になれないのなら後輩を鍛えて浜名湖を水泳で日本一にしようと考えました。 そして 浜名湾遊泳協会というものを作り、指導を始めます。 旧制浜松中学を卒業後、田畑政治は 第一高等学校(現在の東京大学教養学部)、 東京帝国大学(現在の東京大学)政治学科に進みます。 スポーツだけではなくて勉強もできたんですね。 田畑政治は東京で学生生活を送りながらも、しょっちゅう浜松に戻っては後輩達の指導を続けました。 浜名湖の海水浴場の一角にプールまで作るという熱の入れようでした。 実家がお金持ちだからそんなことができたんですけどね。 こうして田畑政治が育てたチームは全国大会で優勝するまでになりました。 1924(大正13)年、田畑政治は東京帝大を卒業し、 朝日新聞社に入社します。 政治部記者としても非常に優秀でどんどん昇格していくのですが、相変わらず水泳に関わり続け、入社1年目に大日本水上競技連盟の理事に就任します。 政治部記者なんて、時間がいくらあっても足りないくらいに忙しいと思いますが、駆け出し記者時代によくそんなことができましたね。 仕事をこなしながら水泳指導者としても益々力を発揮し、 1928 昭和3)年、アムステルダムオリンピックにおいて平泳ぎの鶴田義行選手が金メダル、男子800m自由形リレーが銀メダル、自由形の高石勝男選手が銅メダルという素晴らしい記録を打ち立てました。 4年後のロサンゼルスオリンピックでは水泳日本代表の監督になり、金メダル5個、銀メダル5個、銅メダル2個を獲得しました。 ロサンゼルスオリンピックの翌年、 1933(昭和8)年に結婚。 1936 昭和11)年のベルリンオリンピックでも金メダル4個、銀メダル2個、銅メダル5個を獲得しました。 その4年後、1940年のオリンピックは東京で開催される予定でしたが、 日中戦争の影響で中止に。 その後も戦争でオリンピックは取りやめになり、やっと開催された1948年のロンドンオリンピックに、敗戦国となった日本は参加が認められませんでした。 その年、日本水泳連盟の会長に就任した田畑政治は、日本選手権の決勝をロンドンオリンピックの競泳の日に合わせて行い、世界に日本代表の力を知らしめたのです。 そんな風に水泳とオリンピックに情熱を注いでいた田畑政治ですが、その翌年、1949年には朝日新聞社の常務に就任します。 いや、すごいですねー! 田畑政治は日本スポーツが再び世界で活躍できるよう尽力し、ロンドンオリンピックの翌年には国際水泳連盟に加盟することができました。 田畑政治は 1952年のヘルシンキ五輪と1956年のメルボルン五輪では日本選手団の団長を務めます。 そして、 1964年の東京オリンピック開催を実現させるのです。 1959年に東京開催が決定すると、田畑政治は オリンピック組織委員会の事務総長に就任しました。 そして「日本スポーツの父」と呼ばれる嘉納治五郎の意志を受け継ぎ、 柔道をオリンピック正式種目とします。 また 女子バレーボールも正式種目になりました。 これがあったから「東洋の魔女」の活躍があったのですね。 しかしその後、政治的な問題がスポーツに持ち込まれたことが影響して、 田畑政治は事務総長を辞任することになりました。 1973年には 日本オリンピック委員会(JOC)の会長に就任しました。 1980年のモスクワオリンピックでは日本を含 む西側諸国がボイコットすることに。 今までひたすら純粋に日本スポーツの躍進のために情熱を傾けてきた田畑政治はどんなに悲しかったことでしょう。 この頃、田畑政治はパーキンソン病を患い、1984年のロサンゼルスオリンピックの直前には命が危ない状態でしたが、奇跡的に持ち直し、病室で涙を浮かべながらテレビ観戦をしたのだそうです。 そして ロサンゼルスオリンピック閉会から2週間後、85歳でその生涯を閉じました。 田畑政治の一生は、本当に日本スポーツ界のために捧げられた一生だったのですね。 田畑政治の家系図について さんによるからのイラスト 田畑政治の家系図も話題になっています。 調べてみたら、特にメディア関係で活躍した人がたくさんおられるんですね。 田畑政治は、父親の 庄吉さんと母親の うらさんの間に生まれました。 35歳の時に 酒井菊枝さんと結婚します。 菊枝さんの父親は吉之助さんです。 そして田畑政治と菊枝さんの間に息子が一人、娘が二人生まれます。 息子の名前は 和宏さん、長女は 治子(はるこ)さん、次女は 醇子(あつこ)さんと言われます。 和宏さんはNHKの理事をされた方です。 醇子さんはアメリカに留学し、カリフォル二ア大学に通っていましたが、その時、フレッド和田さんという実業家のお宅にホームステイをしました。 フレッド和田さんは東京オリンピック開催の時に田畑政治に協力をした人だそうです。 醇子さんは帰国して、ホームステイ先で出会ったオランダ人に習ったチーズケーキの作り方を浜松の まるたや洋菓子店に教えました。 まるたや洋菓子店の店主の妻 公子さんは田畑政治の姪だったのです。 そのチーズケーキは今や浜松銘菓として全国的に有名です。 また田畑政治の従兄弟に 水野成夫(みずのしげお)さんがおられます。 年齢は田畑政治より1歳年下です。 その 水野成夫さんはフジテレビの初代社長です。 現在の産経新聞を傘下に入れてフジサンケイグループの土台を作りました。 その長男である 水野誠一さんの妻は女優の 木内みどりさんです。 このように、田畑政治の家系図を見ると、そこには日本のメディア関係で活躍した人々が多数おられることが分かりました。 田畑政治の妻と息子は? 次に田畑政治の妻と息子について見ていきましょう。 田畑政治の妻は 菊枝さんと言われます。 妻、菊枝さんは日本橋の老舗「酒井商店」の長女でした。 妻は新聞社で速記係を務めており、田畑政治の話を速記したり、メモを解読したりして田畑を助けました。 また夫のオリンピックにかける情熱を理解し、陰ながら支え続けた妻でした。 息子の 田畑和宏さんは1940年に生まれました。 息子の和宏さんはNHKに勤務されていて1997年から2年間は NHKの理事をされていました。 NHK理事を退任された後もNHKの関連企業に勤務されていました。 また NHK交響楽団の理事長も務めておられたのですが、2005年頃、NHKからの補助金がカットされた時には、交響楽団の活動のために何とか収入を得ようといろいろな改革を実行します。 観客の年齢層を広げるために、定期演奏会を週末にするようにしたり、夏休みに音楽教室を開いたり、携帯電話の着メロ配信や演奏会のインターネット配信なども実現させました。 がんばっている誰かのために、知恵を駆使してものごとをやり遂げようとする姿勢は、父親の田畑政治と息子の和宏さん、共通したものをもっておられたようですね。 田畑政治の名言も調査! さんによるからの写真 田畑政治は世界平和の象徴としてのオリンピックの実現に力を注ぎました。 途中で戦争のためにオリンピックが中止に追い込まれたり、日本が参加を拒否されたりしたことは、田畑政治にとってどんなに悔しいことだったでしょう。 そして1964年東京オリンピック開催にこぎ着けた時はどんなに嬉しかったことでしょうね。 その聖火リレーに関して、真の平和を願う田畑政治の心打たれるエピソードと名言が残っています。 この時の聖火は、ヤンゴン(ミャンマーの旧首都)、バンコク、クアラルンプール、マニラ、の香港(当時、英国統治下)、台北、そして返還前の沖縄を回って日本にやって来ました。 太平洋戦争で戦場になり、多くの尊い命が犠牲になった地を巡って日本に到着したのです。 これは田畑政治が考えたことでした。 平和を願っている日本の姿を世界に見てもらおうとしたのです。 そして国立競技場の聖火台に火を灯す最終ランナーに選ばれたのは、 広島に原爆が投下された1945年8月6日に生まれた19歳の坂井義則さんでした。 「そんなことをしたらアメリカに悪いのでは。 」と、アメリカに気を遣うオリンピック組織委員の前で、田畑政治はこう言いました。 zakzak. html このことを知って、私はすごく感動しました。 こんな人達の熱き努力によって、平和の祭典、オリンピックが開催されてきたのですね。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックも平和のうちに、選手達の熱き戦いが繰り広げられることを願います!.

次の

田畑政治の子孫や家系図を解説!現代でも活躍している人が多数?

田畑 政治 結婚

浜松町成子(現・成子町)出身。 長きに渡り会長を務めた他、の招致活動におけるキーマンの一人として知られている。 朝日新聞社時代の田畑(1929年) 田畑は(31年)、浜松町成子(現・浜松市成子町)にて生まれた。 実家は造り酒屋であったという。 実家の跡地は現在に面した浜松成子町店となっている。 、(現・東京大学教養学部)を経て、法学部政治学科を卒業後 、(13年)に()に入社する。 その後は政治経済部長などを務め、(22年)に東京本社代表に就任し 、(24年)に常務に就任した。 新聞記者としてはを体当たり取材し、朝日新聞社が右翼の襲撃を受けるような記事を書いた。 この時、多額の過勤料を支給されたが、実家が裕福で給与に無関心であったため、初めて朝日新聞社に過勤料という制度があることを知った。 また大阪をエリアとする放送局であるが設立される際には、常務取締役時代の田畑自身が東京と大阪を往復するなどして奔走したと伝わり、朝日新聞社から朝日放送へ移籍する社員については「本社からの出向という形」にすることを田畑が認めたという記録が残っている。 1952年2月22日、田畑は朝日新聞社を退社した。 (昭和28年)のに、朝日新聞社時代のかつての上司だったが所属している公認でから立候補し、30,345票を獲得するも次々点で落選した。 スポーツ指導者として [ ] 一方で、田畑は水泳指導者としても活動し、(昭和7年)のなどの大きな大会で日本代表の監督を務めた。 新聞記者でありながら水泳に全力を尽くせたのは、上司の緒方の理解があったからである。 (昭和14年)には、日本水泳連盟(当時の名称は大日本水上競技連盟)会長のが大日本体育会(後の)理事長に就任したことから、田畑も末弘を支えるべく新たに設けられた理事長に就任した。 戦後の(昭和23年)には日本水泳連盟の会長に就任、同年の参加を断られた当時の日本代表(・ら)の実力を見せつけるべく、日本選手権の決勝をロンドン五輪と同日開催とする などの策士ぶりを発揮、翌(昭和24年)の(FINA)復帰につなげるなど大胆な組織運営を行った。 その後も田畑は(昭和27年)の、(昭和31年)のと二大会連続で日本選手団の団長を務めた。 戦後間もない時期から東京へのオリンピック招致を訴えており、五輪招致活動においては中心人物の一人として以前から親交のあったなどの人物を招致委員に引き込むなど活躍する。 (昭和34年)に1964年(昭和39年)のが決定すると 、田畑もその組織委員会の事務総長に就任し開催に向けて活動した。 正式種目に女子を加えるロビー活動の陣頭指揮にも立ったという。 だが、1962年(昭和37年)のでホスト国のがとの参加を拒否し、それに対して(IOC)がこの大会を正規な競技大会と認めないという姿勢を打ち出したことで日本選手を出場させるべきかという問題に巻き込まれることになった。 最終的に日本選手団は(競技自体が中止された)を除いて出場したものの、この問題の責任を取る形で田畑もJOC会長で組織委員会会長のとともに辞任することとなった (組織委員会事務総長はが後継)。 この時の心情について、後年自らの著書に「血の出る思いをして、われわれはレールを敷いた。 私が走るはずだったレールの上を別の人が走っている」と記している。 田畑は東京オリンピックにおける競泳陣惨敗を受け、水泳日本復活に向けた強化策として(昭和43年)の設立に関わった。 のちに東京スイミングセンターから・・ら複数のオリンピックメダリストが誕生した。 その後、田畑はにも関わり 、(昭和48年)には出身のの後を受けて第10代(JOC)委員長 に就任した〈 - (昭和52年〉)。 (昭和59年)、85歳で死去した。 田畑の棺はオリンピック旗で覆われた。 河野一郎との関係 [ ] とは朝日新聞社の同僚であったが、田畑は政治部、河野は経済部(農政担当)に所属し、スポーツでは田畑が水泳、河野がと対抗する場面が多かったため、世間からは「犬猿の仲」と思われていた。 しかし実際には朝日新聞社時代の河野とほとんど会話する機会がなく、一緒に食事をしたこともなかったといい、不仲説は世間が作り出したイメージであった。 田畑と河野の深い関係が始まるのは、が解除された河野が、追放中の兄の一郎の代役でで当選していた弟の(兄の没後に会長を引き継ぐ)との間で国政選挙の選挙区調整が必要になった際に田畑が兄弟間の仲介を行ってからである (田畑は河野謙三と親しかった。 これ以降、田畑は河野一郎の会長就任時に祝辞を述べたり、2人で日本スポーツ界の改革のためにを改正しようと画策したりした。 競馬法改正のもくろみは、河野の死によって実現できなかった。 親族 [ ] 長男に元理事の田畑和宏がいる。 関連作品 [ ] 映画• 『』(、演:) テレビドラマ• 『1964東京五輪を招致せよ 〜祖国復興に賭けた男達〜』(、演:)• 開局55周年記念スペシャルドラマ『』(、演:)• www. city. hamamatsu. shizuoka. 2019年3月4日閲覧。 杢代哲雄『評伝 田畑政治』(国書刊行会、1988年、新装版2018年)に詳しい。 浜松経済新聞. 2019年2月5日. 2019年7月10日閲覧。 笹川スポーツ財団. 2019年12月19日閲覧。 朝日新聞社. 1-3. 2019年12月1日閲覧。 国立国会図書館デジタルコレクション. 衆議院議員総選挙 第26回. 衆議院事務局. 233 1953年10月. 2019年10月27日閲覧。 , p. 131. - 国際留学生協会• Stefan Huebner, Pan-Asian Sports and the Emergence of Modern Asia, 1913-1974. Singapore: NUS Press, 2016, 147-173ページ所収. - 産経ニュース 2013. 237. , pp. 237-238. , p. 238. , pp. 238-239. , pp. 239-240. 朝日新聞、2018年8月5日 参考文献 [ ]• 杢代哲雄『評伝 田畑政治 オリンピックに生涯をささげた男』〈新装版〉、2018年6月25日、289頁。 外部リンク [ ]• - 浜松市 先代: 委員長 10代:1973年 - 1977年 次代:.

次の