石川 まゆ 日本 代表。 石川真佑(まゆ)のプロフィール!家族が凄すぎで実績や出身校も!ミライモンスター

石川真佑(まゆ)のプロフィール!家族が凄すぎで実績や出身校も!ミライモンスター

石川 まゆ 日本 代表

1月4日、全日本バレーボール高校選手権大会が東京体育館で開幕する。 果たして、未来のバレー界を担う逸材は現れるのか。 女子で大会3連覇がかかる下北沢成徳(東京)は、全日本男子のエースである石川祐希の妹で、2年生エースの石川真佑(まゆ)がチームを引っ張る。 ここまで、インターハイと国体では頂点に届かなかったが、石川は「3連覇というより、目の前の試合に集中したい」と意気込んでいる。 前回大会で、1年生ながら優勝に貢献した下北沢成徳の石川真佑 photo by YUTAKA/AFLO SPORT 1981年からチームを指導する小川良樹監督は、174cmと小柄な石川の進化をこう評する。 「体力的なデータはすごく変化しています。 特に、ランの記録は著しく伸びていますし、体幹もかなり強くなっていますね。 ウェイトに関しても、スクワットもデットもベンチも20%くらいは記録が上がっています。 これまでは、強い力を発揮するために自分の体を痛めているところがありました。 ケガをしやすいというか、ずっと足のかかとに痛みがあったんですが、徐々に体が強くなってきたので、不安なく練習できるようになってきています」 レシーブが課題とされてはいるが、その点について小川監督は「どの試合でも狙われますよね。 木村沙織も、(東レアローズに入団した)黒後愛もそうでした。 他のチームの皆さんに育ててもらっているんです」と、かつてのエースたちと重ね合わせ、大会期間中のさらなる成長に期待を寄せる。

次の

女子U20代表/石川真佑「色々なことに挑戦したい」

石川 まゆ 日本 代表

目次 Contents• お兄さんとお姉さんがやっていたバレーボールに自然と興味を持ち、 自分も、地元のバレーボールチームに所属します。 小学校は、地元の岡崎市立矢作南小学校に通いましたが、 中学の頃には、もう、バレーボールのために地元を離れ、 長野県の長野市立裾花中学校に進学しています。 この裾花中学校は、バレーボールの強豪校とし有名で、 多くの有名女子バレーボール選手を輩出している中学校です。 この中学で、石川真佑(いしかわ まゆ)選手は、 中1と中3のときに、全日本中学校バレーボール選手権大会で優勝を果たし、 長野県体育協会から記念品を贈呈されるなど、 もうすでに、才能を認められています。 高校時代 高校でも、石川選手は、バレーボールの名門である 下北沢成徳高等学校に進学しています。 この、成徳高校がどれほど、バレーボールの名門かというと、 木村沙織選手、荒木絵里香選手、黒後愛選手などの出身高校であるといえば、 この高校の凄さがおわかりになるでしょう。 まさに、バレーボールの名門なのです。 そして、この名門高校においても 石川選手は、高1からレギュラー選手として活躍し 高校3年の時には、チームの主将も務めています。 高校時代の戦績は、全国体育大会優勝2回、準優勝1回。 まさに、将来の全日本予備軍と思わせるような活躍です。 高校卒業後 石川真佑選手は、成徳高校卒業後は、東レ・アローズに所属しています。 東レ・アローズは、成徳高校出身者が多いチームでもあり、 石川真佑選手が高校1年のときに3年だった先輩、 黒後愛選手が所属しているチームでもあります。 石川真佑選手は、高校卒業前から、兄のように大学進学するのか?と、 その進路に注目が集まっていましたが、 高校の先輩たちを慕って、東レを選んだということも、 あるのかもしれませんね。 子どものころからの夢 石川選手は、中学の時には、地元の愛知県から長野県に拠点を移していますが、 石川選手は、子供のころから、バレーボール選手が夢でしたので、 中学入学の時には、もう、すでに、将来のバレーボール選手としての活躍を見据えていたのでしょう。 ちなみに、5歳年上のお兄さんの石川祐希選手は、 中学は地元の中学を卒業し、 高校は、同じ愛知県三河地方の豊明市の星城高校を卒業しています。 兄の石川祐希選手のプロフィール 石川真佑選手の兄である石川祐希選手は、 男子のバレーボール界のエースで、 イタリアチームにも所属する実力者です。 尊敬する人として、石川真佑選手は、兄の石川祐希選手を挙げていますが、 尊敬するに値するほどの実力者なんですね。 お兄さんの石川祐希選手が、どのくらいすごい選手なのか、 ご紹介しましょう。 強豪ロシアをフルセットまで追い詰めたバレーボール女子日本代表。 その一員として大活躍していた石川真佑選手は、岡崎市出身です。 兄の祐希選手もですが、市政だよりで特集したことも。 今正に、世界を相手に戦っている岡崎の英雄達です。 応援よろしくお願いします。 — 岡崎市の担当T dZvKbi5Ni9MGbqN 石川祐希選手のプロフィール 名前:石川祐希 読み方:いしかわ ゆうき 生年月日:1995年12月11日生 出身地:愛知県岡崎市 身長:192cm 体重:84kg 血液型:AB型 お兄さんの石川祐希選手も、妹の石川真佑選手同様に、 学生時代から、逸材として注目されています。 高校時代の2012年、2013年には、絶対的エースとして、 2年連続の3冠達成。 大学は、中央大学に進学し、全日本代表候補入り。 そのうえ、 大学在学中の2014年には イタリアのセリエAの 「パッラヴォーロ・モデナ」 に期限付きの1年契約をしています。 大学卒業後は、Vリーグチームには所属せず、プロバレーボール選手として活動しており、 現在の所属は、イタリアのチーム「パッラヴォーロ・パドヴァ」です。 まさに、世界を相手に活躍している選手なのです。 石川真佑選手の家族もすごかった 全日本代表を二人も輩出する家族って、 いったい、どのような家族なのでしょう? 興味が湧いてしまいますよね。 石川真佑選手と兄でる石川祐希選手のご両親は、じつはどちらもスポーツ選手です。 バレーボールではありませんが、 お父さんは、陸上選手で、お母さんはバスケットボール選手です。 なるほど。 やはりDNAは、かなりのものでしたね。 お父さんである石川幹尚さん(いしかわ もとなり)さんは ㈱デンソーの実業団の短距離選手でした。 ちなみに身長は、183㎝だとか。 そして、お母さんの石川みどりさんも、なんと、 ㈱デンソーのバスケットボール選手。 身長は165㎝。 石川家は、父・母そろって、デンソーの実業団所属のスポーツ選手だったのです。 石川真佑選手は、身長174㎝と、バレーボール選手の中では特に長身の選手ではありませんが、 最高到達点は300㎝と、 180㎝以上の選手たちの最高到達点と肩を並べています。 このジャンプ力は、アスリートの両親からの血筋も関係しているかもしれませんね。 石川兄弟は姉の影響 さて、 兄の石川真佑選手と妹の石川祐希選手がなぜ、バレーボールをはじめたのか。 じつは、そのルーツは、石川真佑選手と石川祐希選手二人のお姉さんにあります。 石川真佑選手には6歳上になる、長女のお姉さんである尚美さんがいらっしゃいます。 この尚美さんが小学校時代にはじめたのがバレーボールなのです。 このお姉さんの影響で、1つ下の長男、祐希選手がバレーボールをはじめ、 そして、姉と兄の影響で末っ子の真佑選手がバレーボールをはじめたのです。 ですから、このお姉さんである尚美さんの存在は、 今の日本バレーボール界にとって、とても大事な存在だったということになりますね。 すごいわ。 尚美さん。 まとめ 2019年バレーボールのワールドカップ(W杯)女子日本代表の15人のなかに、 初めて選ばれた19歳のアタッカー、 石川真佑選手についてお伝えしました。 石川真佑選手のお兄さんの石川祐希選手も、すごいバレーボール選手なのですが やはり、ご家族もすごかったですね。 私は、石川選手の出身と同じ愛知県民ですから、 石川兄妹が、東京オリンピックで、滅茶苦茶活躍してもらいたいです! みなさんも一緒に応援してくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

石川真佑は敵将も認める「日本の宝」。低身長を補う対応力がすごい|バレー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

石川 まゆ 日本 代表

2019年4月下旬、バレーボール男子日本代表チームが集結し、今年度の活動を開始した。 来年の東京オリンピックに向けて「最も重要な一年」(嶋岡健治・日本バレーボール協会会長)と位置付ける今シーズンは、今月末からのネーションズリーグを皮切りに、9月の「第20回アジア男子選手権大会」、10月に日本で開催する「ワールドカップ2019」を戦い、来年のオリンピック本番を目指すこととなる。 そんな中、注目したいのが日本代表に選出されて4年目を迎えるセッターの関田誠大だ。 関田は'16年のリオデジャネイロ・オリンピック世界最終予選でメンバー入り。 大学を卒業して間もなかったが、日本の命運を握る重要な大会に抜擢された。 その後も毎年、代表に呼ばれ、昨年の世界選手権でも藤井直伸とともに司令塔としてチームを率いている。 関田が感じていた焦り。 一見、順風満帆に見える関田の代表入りだが、本人はさまざまな葛藤と戦っていた。 大学卒業後、入団したパナソニック・パンサーズではベテランセッター深津英臣の控えで、なかなか出場機会に恵まれなかった。 「せっかく社会人になって、プロとしてプレーしているのに、試合に出られないのはすごくもったいないと思っていました。 もっと成長したいという思いもありました」 そこで決断したのが「移籍」という道だった。 「試合に出られないもどかしさは常に感じていました。 実戦から離れて試合勘がなくなるし、実戦経験が積めない恐怖感、焦りを感じました。 それに年々、セッターの競争も激しくなるし、代表に選ばれている選手が、Vリーグの中で順調に成長していく姿も見ました。 同時に、僕がチームでは試合に出ていないのに、代表に入っていることを不思議に思う人もいただろうし。 だとしたら、まずはその環境を変えないといけないと思いました」 昨年9月、パナソニックを退団し、同じトップリーグの堺ブレイザーズに移籍を決めた。

次の