ポーク ビン ダルー レシピ。 ポークビンダルー|レシピ|S&B エスビー食品株式会社

ポークビンダルー|レシピ|S&B エスビー食品株式会社

ポーク ビン ダルー レシピ

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(ビンダルー)』です。 ん?知らない? ご存知ない? ポークは豚肉だとして、ヴィンダルー(ビンダルー)という料理がインドにはありまして。 豚肉などの具材をワインビネガー・ニンニク・塩・スパイスなどで漬けこんでから焼いた料理のよう。 で、今回の『ポークヴィンダルー』。 これが凄く美味しく出来ましてですね。 ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)/南インド そこそこ簡単なレシピ 材料(2人分)• 豚肉(一口大) 250g• タマネギ 半分• トマト 半分• 水 100ml• サラダ油 大さじ2• 塩 適量• ニンニク(すりおろし) 1片• ショウガ(すりおろし) 1片• 白ワインビネガー 大さじ2• 酢 大さじ2• ココナッツミルクパウダー 大さじ2• 塩 小さじ1• 砂糖 小さじ1• コリアンダー 大さじ1• パプリカ 小さじ2• カルダモン 5粒• クローブ 5粒• ニンニクからマスタードシードまでの材料を混ぜてマリネ液を作る• 豚肉を加え混ぜ合わせて冷蔵庫におく(3時間ほど)• サラダ油を熱してホールスパイスを加える(カルダモンが膨らむまで)• 薄切りにしたタマネギを加えて強めの中火で炒める(タマネギが色づくまで)• ざく切りにしたトマトを加えて炒める(ペースト状になるまで)• 豚肉をマリネ液ごと加えて軽く炒める• 水を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして弱火で煮る(25分ほど)• 煮込みながら時々混ぜて水分調整する• 塩で調味して完成 うん。 凄く美味しい。 まず単純に、やはり酸味が非常に特徴的。 白ご飯ともよく合いますし、食が進むというイメージです。 豚肉の漬けこみ時間は長めに 特筆すべきは豚肉の美味しさです。 豚肉はマリネして冷蔵庫で3時間は置きました。 最低でもこの時間程度は置いておいた方が味が染み込んで良いということでしょう。 場合によっては一晩置いても良いと思います。 今回はその具材が豚肉なので「豚肉のスパイスビネガー煮込み」みたいな料理。 ですので、水の量は少なめで作った方が美味しいと思います。 あまりシャバシャバ系になり過ぎないよう水分量や煮込み時間など適宜ご調整お願い致します。 私の場合は最初に水100mlを入れて途中の継ぎ足しは無し、煮込み時間は25分ほどで作ってみましたよ。

次の

【レシピ】酸味と辛みがいいバランス!ゴアの名物料理「ポークビンダルー」

ポーク ビン ダルー レシピ

【1】<アチャール>を作ります。 玉ねぎは2-3mm幅のくし形、レモンは薄切りにします。 【B】をよく混ぜ、玉ねぎとレモンを加えて混ぜ、冷蔵庫で1日寝かせます。 【2】豚肉は3-4cm角に切り、【A】と混ぜ合わせ、冷蔵庫で3時間漬けこみます。 【3】玉ねぎはみじん切り、トマトはざく切りにします。 【4】鍋にサラダ油を入れて熱し、玉ねぎを強火で炒めます。 水分がなくなって透明になったら、弱火にして茶色く色づくまで炒めます。 【5】トマトを加えてくずれるまで炒めたら、【2】の肉を汁ごと加え、色が変わるまで炒めます。 【6】水を加え、フタをして40分煮込みます。 蒸発して水が減ってしまったら、肉がかぶるくらいの水を足します。 【7】<ターメリックライス>を作ります。 米は洗ってざるにあけ、水けをきります。 厚手の鍋にバターを溶かし、米を加えて炒め、油がまわってつやがでたら水、ターメリック、塩、ローレル、ホワイトペッパーを加えます。 フタをして強火にし、沸騰したら弱火で12分煮ます。 最後に強火にして10秒たったら火を止め、蒸らします。 【8】【6】の肉がやわらかくなったら強火にして5分煮て、汁を煮詰め、塩で味を調えます。 【9】器に【7】のターメリックライス、【8】のカレー、【1】のアチャールを盛り、パクチーを添えます。 memo 調理時間に豚肉を漬け込む時間、アチャールを寝かせる時間は含まれていません。 ターメリックライスは、炊飯器で炊いてもよいでしょう。 材料をすべて入れ、普通に炊飯します。 バターは無塩なら、塩を少量足してください。

次の

【レシピ】ポークビンダルーとジーラライスの作り方 ~ インドの柔らか豚肉カレー!

ポーク ビン ダルー レシピ

ない場合は、酢豚用の肉やカレー用の肉など、1辺が2cm以上の角切りになっているカット肉を買います。 ない場合は省きます。 作り方 :• ハンドブレンダーの容器かミキサーに、チューブのにんにく、チューブの生姜、カイエンペパーパウダー、青唐辛子の小口切り(種は取っても取らなくてもよい)、黒こしょう粒、クローブホール、クミンシード、ターメリックパウダー、酢、半量の水(50mL)を入れ、撹拌して均一なピューレにする。 豚肉を2cm角切りにし、ピューレに漬け込んで30分以上置く。 その間に玉ねぎをみじん切りにして小鍋に入れ、サラダ油の半量(約大さじ2)を加えて中火で熱し、角が茶色く焦げてくるまで炒める。 ピューレから豚肉を取り出し、小鍋から玉ねぎを取り出し、小鍋に残ったサラダ油で豚肉を炒める。 炒めた玉ねぎをピューレに入れ、再度ハンドブレンダーかミキサーにかけ、均一なピューレにする。 豚肉の表面が焼けたらピューレを全量加え、残り半量の水(50mL)で洗い込み、塩を加えて、水分をやや飛ばすように10分間煮込む。 ガラムマサラを加えて混ぜたら味見をして、塩加減、酸味加減、辛さ加減、赤い色加減などを好みに調え、残りのサラダ油(約大さじ3)を加えて優しく混ぜる。 火を止めてしばらく置き、表面に油が浮いてきたら盛り付ける。 Enjoy! 材料と調理のこつ :• この写真では、豚肉はロースの塊肉を使用しました。 現地のレシピでは酢が多く、水を使わないものもあるのですが、それだと酢がきつすぎるため、酢を減らして水を加えて作っています。 ターメリックパウダーを使うと仕上がりが黄色くなるので、その場合はパプリカパウダーなどを加えて赤みを強くしてもよいです。 カレーの表面に油が浮くことで保存食とした料理なので、仕上げのサラダ油を加えていますが、油分が気になる場合は減らしてもよいです。 酢の加減が強いときは、砂糖や味の素を加えると酸味を抑えることができます。 Tips about cuisine• 「ポークビンダルー」の現地の綴りは「Pork Vindaloo」。 「Pork」(ポーク)は豚肉の意味。 読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。 【 出典URL付記や リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】 ・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。 【 事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】 ・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。 【 ご遠慮ください】 ・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。 ・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。

次の