私 の 幸せ な 結婚 漫画 ネタバレ。 わたしの幸せな結婚【2話】ネタバレ!初めての朝食で…|女性まんがbibibi

私の幸せな結婚|美世の異能ネタバレ!夢見の能力と見鬼の才の真相

私 の 幸せ な 結婚 漫画 ネタバレ

わたしの幸せな結婚 作者名 :顎木あくみ・高坂りと・月岡月穂 3巻 未完結 こんにちは! 「わたしの幸せな結婚(小説)」2巻を読みました。 この2巻では美世の異能についてとても興味深い内容です。 それは、 美世の異能が発動されるストーリーだからです。 『美世は本当に異能を引き継いでいないのか?』 そんな風に疑問を抱えながら1巻 小説 を読んでいました。 しかし、 この2巻では、美世は異能があり、薄刃家の中でも、 とびきり厄介で強力な力を持った夢見の異能者だったことが わかります。 そんな凄い異能なのに、 『なぜ幼い頃、美世は異能を発動しなかったのか?』 『なぜ誰も美世の異能に気が付かなかったのか?』 その原因は美世の母 澄美にあります。 更に、 この2巻では美世はこの夢見の異能を 使うシーンもあります。 この2巻を読むと、清霞の能力より別の意味で 強力なのでは!? と感じてみたり、 清霞に守られる側だった美世が、 逆に清霞を守る立場にもなりうることを感じた話でもありました。 薄刃家の掟や他の異能家と違う異能を持つ意味など、 読んでいて物語に引き込まれてしまう事、 間違いありません…。 久堂家の当主 清霞の婚約者として、 美世は穏やかに暮らしていました。 しかし、ただ美世はこの久堂家に来てから 毎晩悪夢でうなされていたのです。 そして、その悪夢のせいで美世は 更に、この夏の暑さが美世の体力を奪うのでした。 美世が異能を発動?薄刃家の中でも厄介で強力な力とは!? 齊森家での過ごした環境が悪く、 美世は久堂家に来たときはボロボロの 服に手首はやせ細っていた。 その時に比べると、 一時は良くなった…。 しかし、 毎晩のように続く悪夢のせいで、また 元の弱々しい体に戻っていたのです。 そんな中、美世は清霞にふさわしい 婚約者になりたい!と、今まで出来なかった 勉強や習い事をやり直したい。 と、清霞に相談します。 そして、師としてきたのが、 清霞の姉 葉月だったのです。 わたしの幸せな結婚(小説)2巻の結末 葉月は淑女になるために、 最初は清霞の姉が師であることを 問います。 そのことについては、 美世はそこまで気にする人でも ありませんでした。 その後、葉月は美世が2ヶ月後のパーティーに 参加することを目標とするのですが…。 美世は毎晩続く悪夢のせいで、 今にも倒れそうなくらい衰弱していきます。 そのことに気づけなかった清霞。 そんな中、 清霞はある人物と知り合うことになるのです。 その人こそ、美世の異能と薄刃家のことを知る人物。 わたしの幸せな結婚(小説)2巻の感想 小説の2巻では、美世の異能と薄刃家を中心に ストーリーが進んでいました。 この美世の異能と薄刃家については、 本当に興味深い話でした。 まさか、美世が薄刃家の中でも 強力な異能者だったとは!? 一度はお互いの気持ちがわからず、 ケンカのようにもなったけど…。 もう既に夫婦なんじゃないか? と思える程、最後は2人の絆は 強くなっているように感じた話でた話です。 本当に面白くって私は 小説なのですが、一気読みしてしまいました。 この作品が顎木あくみ先生のデビュー作ということだから 驚きを隠せません。 初めからこんな良い作品を作れるものかと…。 『私の幸せな結婚(小説)』はBookLive! で 読むことが出来ます。 新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。 登録無料で継続課金もありません。 良かったら読んでください。 BookLive! は です。 『わたしの幸せな結婚』と検索してください。

次の

【感想・ネタバレ】わたしの幸せな結婚のレビュー

私 の 幸せ な 結婚 漫画 ネタバレ

わたしの幸せな結婚13話「それぞれの思惑」ネタバレ 香耶を呼び出して、信じがたいものを見たと今の美世の姿を見るように伝えた辰石。 香耶はすぐさま式を使い、美世のもとへと飛ばしました。 思えば香耶は子供の頃からずっと、あれ(美世)とは同じになってはいけないと言われてきました。 当時はどうして?と思っていた香耶。 しかし母からは、あれは斎森の娘なんかではないと美世は言われていたのです。 美世は無能。 香耶は失敗してはダメ、美世のようにはなるなとずっと怖い顔で母からは言い聞かされてきたのでした。 自分は上にたち、美世は自分の下。 美世が持っているものは自分も持っていなければならず、常に美世以上でなければいけないのだとずっと言われていたのです。 しかし式を送り見ている今の美世の姿を、香耶は信じることができません。 なぜなら美世はきれいな着物をきて身なりを整え、ゆり江と談笑しているのです。 あれが姉なわけがない…そう思っていると、美世のもとへ1人の男性がやってきました。 男性はもちろん清霞です。 屋敷ですれ違った際に、清霞の容姿を美しいと思っていた香耶。 あれが美世が嫁いだ久堂家の清霞だったのかとハッとします。 同時に、美世と清霞は仲睦まじい様子で微笑み合い、恋人のようだと思ってしまいます。 どうして!?と悔しさを抑えられない香耶。 自分の方が優秀なのになぜ?自分の方が美しいのに! そう思った香耶は、もう落ち目である斎森家の女主人でいて満足しているだけではダメだと思い始めました。 決して美世とは同じになってはいけない。 母親の言葉を思いだした香耶は帰宅するなり父親に自分と美世を取り替えてくれと言い出しました。 久堂家の嫁は美世ではなく自分がふさわしい、突然そう言われて斎森は理解ができません。 そして美世の事はもう忘れなさいと斎森はいうのでした。 何度言っても取り合ってもらえず、いつも言うことを聞いてくれる父親さえも聞いてくれないことに香耶はさらに苛立ちます。 すると幸次がやってきました。 幸次を見るやいなや、美世と婚約したくないかと言いかける香耶 もちろん幸次は呆れたように、理解ができないと言い放ちます。 しかし香耶も負けじと、自分の方が久堂家の妻にふさわしいのだから美世と立場を取り替えるのはどうかと平然とした表情で言うのでした。 斎森の許しがなければ無理だと幸次にまで言われてしまい、香耶は家の外に出ていってしまいました。 誰も味方になってくれない。 でも、辰石の当主なら協力してくれるだろう。 そう思い、香耶は何かを企みます。 一方で何も知らない美世たち。 徹夜で泊まり込みをしている清霞を心配し、差し入れを持って屯所まできていたのでした。 入り口で、久堂の婚約者であることを話した美世。 そして清霞が来ると、差し入れを持ってきたと嬉しそうに美世はにこにこしています。 そんな姿に照れてしまったのか、清霞はぶっきらぼうに「助かる」と伝えました。 清霞が恥ずかしがっている姿には美世も気付き、微笑んでしまいます。 すると美世を心配した清霞は、お守りは持っているかと美世に尋ねました。 ちゃんとあると美世が告げている間に、清霞は呼び出しされてしまいます。 お守りを持っているなら良いと清霞は伝えるとまた仕事に戻ることに。 しかし別れ際、美世を優しい声で呼ぶと頭をぽんぽんとしてくれました。 美世は大照れですが、ゆり江もそんな二人の姿を見てにっこりです。 しかし何か黙ってしまう美世。 ゆり江がどうしたのかと聞くと、美世はいつも持っていたお守りを家に置いてきてしまったようだと告白しました。 今日の着物にあわせて小物を変えた時にうっかり入れ替えずにきてしまったようです。 清霞とは、お守りは必ず持ち歩くと約束していたのに忘れるなんてと美世は自分をせめてしまい、うつむいてしまいます。 お守りにはどんな効力があるかはわからないものの、清霞がしきりに持っているかどうかを聞いてきたため何か意味があるのだろうとは考えていた美世。 さらにお守りがないとこれまでは自分を守ってくれている清霞の気配が薄くなったように感じ手落ち着かないのでした。 後もう少しで帰宅、その時突然大きな車がやってきました。 美世はいきなり腕を掴まれ、そのまま車に引きずり込まれそうになります。 ゆり江が叫びますが、美世は目隠しをされたまま車に乗せられてしまうのでした。 >>わたしの幸せな結婚14話ネタバレへ これまでのネタバレ一覧• 公式の漫画アプリと動画配信サービスでお得に漫画を読んでみよう! 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 今すぐ無料で読むことができる。 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「わたしの幸せな結婚」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「わたしの幸せな結婚」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 会員登録無料。 Tポイントが使える&貯まる。 50%クーポンがもらえるため「わたしの幸せな結婚」がお得に読める。 会員登録無料。 PayPayでも購入が可能。 無料漫画や割引セールなどが随時行われていて漫画がお得に読めることも。 ガンガンONLINEと併せて、ぜひお試しください。 わたしの幸せな結婚13話感想まとめ 美世が清霞と仲良くしているのを香耶がついに知ってしまいましたね。 恋人同志のようだと美世と清霞の中を疑いますが、本当に美世は清霞を見つめている時が女性の目で、清霞も優しそうに美世を見つめ返していました。 ここに入る隙はないですよね。 それでも香耶はなんとか入り込もうとしています。 しまいには幸次にまで無理な提案をしていました。 これには幸次もちょっとドン引きになっていましたね。 せっかく清霞の恥ずかしがっているようなシーンも見れたのですが、帰宅直前に美世が何者かにさらわれてしまうというアクシデントが起きて13話が終了しています。 はたして美世をこんな目にあわせるよう仕向けたのは誰なのか… 香耶あたりなのかな?と思いますが、どうでしょうか? わたしの幸せな結婚13話のネタバレを紹介しました。 美世と清霞、ラブラブな姿を香耶覗き見してイライラ• 清霞は美世にお守りを持っているかとしきりに聞いていた• お守りを忘れてきた美世。 帰りに何者かに連れ去られ… 相変わらず清霞の不意打ちな恥ずかしそうな顔とか笑顔にハッとしてしまいますね。 やわらかい色使いが美しい異能モノ!ぜひ漫画の方もお楽しみください! 最新話をどこよりも早く読むのならガンガンONLINEがおすすめ!アプリのダウンロードは無料です。

次の

わたしの幸せな結婚ネタバレ1話から最終回結末まとめ!異能のない美世は久堂家へ嫁入りへ

私 の 幸せ な 結婚 漫画 ネタバレ

小説版は表紙のイラストがとっても鮮やかで美しいよ 小説投稿サイト「なろう」から人気に火がついてコミカライズされました。 あらすじ 異能を持つ家系の名家に長女として生まれたヒロイン・美世。 しかし彼女自身は能力は一切なく肩身の狭い思いをしていました。 唯一のよりどころである母親を幼い頃に亡くし。 継母と異母妹に嫌がらせを受けて、使用人のような生活を送る日々。 そんなある日、父親から久堂家に嫁げと命令されます。 当主は冷酷無慈悲で、多くの女性が3日ともたず家を飛び出す事で有名でした。 良家の娘として教養のない自分は嫁いで早々に、追い出されると覚悟していたが…。 政略結婚から始まる偽りの夫婦。 果たして美世に幸せは訪れるのでしょうか? わたしの幸せな結婚 最新「12話」 わたしの幸せな結婚の最新話はどうなっているか気になるよね 分冊版の最新話の簡単な内容と感想をお伝えします。 少しずつ変わっていく美世 11話では異能の力もなくて、名家の娘らしい教養さえ身についていないことを打ち明けた美世。 心の中を打ち明けた事によって清霞との距離もぐっと縮まりました。 そして12話では、美世に大きな変化が訪れます。 自分の殻に閉じこもっていた彼女が、清霞の部下・五道を自宅に招きたいておもてなし。 つい最近まで部屋に閉じこもっていたのに…。 すべてを妹に奪われ嫁に出される。 嫁ぎ先で待っていたのは美しくも冷酷な旦那様で… これは不幸な少女がささやかな幸せを手にしていく物語。 しかし長女として生まれた彼女には、特別な能力は何もありませんでした。 それに引き換え異母妹・香耶は、「見鬼の才」を持つ美少女。 何の力をもたない美世は、異能の家系にとって不要な存在なんですね。 まるでやっかい者を追い払うように、久堂家へと嫁がされます。 育ってきた境遇が最悪なせいもあって、 超根暗なヒロイン。 お前は小公女セーラーか? なぜか、子供の頃に見たアニメの主人公とかぶる(笑) 教養や異能もない自分は、いつか久堂家から追い出されると思い悩んじゃう性格。 だから、着物がボロボロでもこっそり自分で縫い合わせたり。 ご主人様が街へ買い物に連れて行ってくれても、素直に喜びをあらわすことができません。 その健気な性格がはがゆいんだけど、すごく応援したくなります! ご主人様のツンデレっぷりは萌えること間違いなし! 薄刀家の謎めいた秘密 美世の母親は異能家の中でも、特殊な能力をもつ名家。 薄刀家は飛びぬけた力を持っていました。 人の思考を読んで操ったり、時には夢にまで入り込めるのです。 そして最後には相手の自我を奪ってしまう危険な能力。 表舞台には姿を見せない一族ゆえに、さすがの久堂家でも詳細が掴めません。 薄刀家の血を引く美世も、いずれ能力が開化されるのではないでしょうか? それを感じさせる場面が、5話に描かれています。 しかし、父親は異母妹にばかり気をとられて、美世が持つ可能性を無視! 薄刀の能力を継がなかったと切り捨てるんですよね~。 これは個人的な予想ですが…この先、父親は美世を手放した事を後悔すると思うんです。 親子の愛情うんぬんじゃなくて、地位や金が絡む問題で。

次の