ビニール プール 滑り台。 庭で遊べる大人も遊べる大型のビニールプール6選 intexのプールを中心にプールや水の消毒や破れた時の補修アイテムも紹介

庭で遊べる大人も遊べる大型のビニールプール6選 intexのプールを中心にプールや水の消毒や破れた時の補修アイテムも紹介

ビニール プール 滑り台

ビニールプールの選び方 ビニールプールのサイズで選ぶ ベランダでも使用できるような小さなビニールプールから、大人数で入れる大型のビニールプールまで、様々な大きさのビニールプールがあります。 ここではサイズによる選び方について紹介します。 狭い場所にも設置できる小さいビニールプール ビニールプールのサイズについて、大型、小型の明確な定義はありませんが、おおむね1. 5〜2m未満のものを小型のビニールプールと呼ぶことが多いようです。 小さな庭、ベランダやバルコニーなど狭い場所でも使用でき、準備や後片付けも簡単なため手軽に使用することができます。 就学未満くらいの年齢だと例えプールが小さくとも、ちょっとした水遊びだけでも十分楽しめますので、子どもの年齢によってはこのサイズで十分と言えるでしょう。 水を抜いた後は家の中でボールプールにするなど子どもの遊び場にすることもできます。 によるからの画像 一方で、サイズにもよりますが、小学生中学年以上になってくると小さすぎて楽しめないというデメリットがあります。 遊ぶ子どもに対してプールのサイズが小さいと、どうしても底や縁などに余計に力がかかってしまい、壊れる原因にもなってしまいます。 またベランダなどの狭い場所に設置する際には必ずサイズを測り、余裕のあるサイズのプールを選ばなければいけません。 ビニールプールは水を入れたり人が入ると、公称のサイズよりも大きくなる場合があり、壁などに接して穴が開いてしまうこともあるからです。 大人も一緒に遊べる大型のビニールプール 片辺が2m以上になってくると、一般に大型ビニールプールと呼ばれることが多いようです。 子どもが複数人で遊べたり、大人も一緒に入ることができます。 また浮き輪やビニールボールなどのおもちゃを使ったり、水鉄砲で遊ぶなど遊びの幅も広がり、子どもたちにとってはとても楽しい思い出になるでしょう。 小さな子どもなら泳ぎの練習をすることもできます。 によるからの画像 ただし大きくなればなるほど空気を入れたり、水を入れたりといった準備に大変な時間がかかります。 そのため電動エアーポンプは必須ですし、水を入れるホースも買い揃えておく必要があるでしょう。 ものによっては排水に時間がかかりますので、排水用の穴がついているかなどの確認も重要です。 また耐久性の面から、空気の層が2層、3層になっているものを選ぶとよいでしょう。 ビニールプールのつくりで選ぶ かわいいデザインのものや滑り台付きのものなど、ビニールプールには子どもが楽しめる工夫がたくさん凝らされています。 ここではそんなビニールプールの様々な工夫についてみていきます。 友だちに自慢できるおしゃれでかわいいビニールプール 通常ビニールプールは青色が基本ですが、中にはカラフルなものやかわいい柄のものがあります。 せっかく庭に設置するならやはりかわいいおしゃれなビニールプールがいいという人も多いでしょう。 大型のプールになると耐久性や排水の機構なども大いに気にしなければいけませんが、小さいサイズのプールならばそこまでシビアに検討する必要はありませんので、十分におしゃれさやかわいらしさを追求することができます。 小さい子どもが喜ぶ滑り台付きビニールプール サイズは大型のものに限られますが、滑り台付きのプールも大変人気です。 特に小さな子どもがいる家庭なら一度は検討しておくべきでしょう。 滑り台付きの場合、その耐久力はしっかりと見る必要があります。 特に登り口の持ち手の部分などは強く引っ張ることになりますので特に壊れやすいと言われています。 また滑り先のクッション性も重要です。 滑り先でお尻を地面につけて痛くなることがありますので、もしプールの底面が薄いようならクッション性のあるシートなどを敷いておくと良いでしょう。 暑い日も安心のサンシェード付きビニールプール 暑い日に子どもを外で遊ばせるにあたり、1番懸念されるのが熱中症です。 いくら涼しい水の中に入っていても、直射日光を長時間浴びていれば体調を崩す原因になってしまいます。 そこで重宝されるのがサンシェード付きのビニールプールです。 頭上に降り注ぐ直射日光を避けて、熱中症を予防することができます。 子どもにとっても、屋根付きのビニールプールはまるで秘密基地のようなワクワク感を与えてくれます。 特に庭など屋根のない場所で水遊びをするならば、サンシェード付きのものを選ぶか、別売のサンシェードの購入も検討すると良いでしょう。 準備や後片付けが簡単なプール いくら子どもたちがビニールプールを楽しみにしていたとしても、準備や後片付けが面倒だとどうしてもやらなくなってしまうことがあります。 特に大型のプールは準備も後片付けも大変で、場合によっては庭に出しっぱなしにしておくこともありますが、だからと言って準備や後片付けが全くないわけでもありません。 大型のプールでも、例えばビニールプールではなく、広げて水を入れるだけのタイプのものもあります。 ビニールを膨らませる手間もなく、遊んだ後の排水も楽なため、準備や後片付けの時間が惜しい人はこのタイプを選ぶと良いでしょう。 ただし耐久性の面で劣っていたり、プールの縁に腰掛けたり体重をかけることができませんので、その点考慮しなければいけません。 ビニールプールを購入するときに一緒に買った方が良いもの ビニールプールを購入しただけではすぐに遊べないことも ビニールプールを購入したはいいものの、道具が揃っていないとすぐに遊べなかったり、困ったときに対処できず遊ぶのを断念しなければいけないことがあります。 ここではビニールプールで遊ぶ際に一緒に揃えておいた方がアイテムを紹介します。 電動エアーポンプ.

次の

滑り台付き!2.5mの家庭用ビニールプールをバルコニーで使ってみた

ビニール プール 滑り台

念願のプールを購入! インナーバルコニーがあってもなくても、 家庭用プールで子供と遊ぶ、と言うのは憧れがありました。 暑い中、水に入るのはとても気持ち良いので、ぶっちゃけ自分自身でも楽しみたいと思ってました。 さすがに大人が1人でビニールプールに入ってるのはヤバいので、子供と一緒に遊びながら、ですが。 笑 真夏にビールやかき氷を食べながら、子供と水遊びできたら、もっと夏が好きになれる気がします。 父親と言えど水着になってビニールプールに入るのは多少抵抗がありますが、我が家は 二階のインナーバルコニーで行うので、外からはあまり見えません。 周囲の目を気にしなくて良いのも二階リビングの魅力の一つだと思います。 5mの快適サイズ 私が購入したビニールプールは、 縦2. 5m、横幅1. 6mある、比較的大きめのサイズです。 同じ種類で縦3. 0mのものもありましたが、テーブルやチェアを置けなくなるので諦めました。 テーブルとチェアを置いた状態で使用するのであれば、2. 5mでも厳しいサイズでしたが、少し斜めにすることで何とかなりました。 これ以上大きいサイズはうちのインナーバルコニーには入りませんね。 とは言え、 2. 5mもあれば4人家族には十分過ぎる広さです。 我が家はまだ子供1人ですが、子供が増えても家族みんなで楽しめる広さでした。 【PR】 楽天で購入 お湯を混ぜてお試し 最近は夏日が続いていますが、 インナーバルコニーは想像以上に涼しいです。 屋外では汗ばむような暑さでも、インナーバルコニーだと涼しくて快適くらいなことがよくあります。 天気予報では「夏日」となっていましたが、やはり今ひとつパンチの足りない気温だったので、念のためお湯を混ぜて 温水プールにしました。 オール電化なのでタンクの容量が心配でしたが、思ったより容量は多く、ビクともしませんでした。 なお、ビニールプールはとても口では膨らませられない大きさなので、 電動ポンプを買うことをおすすめします。 まぁ絶対に口では膨らまないかと言われるとそんな事はないですが、運動を兼ねて、とか、そういう目的がないと厳しいです。 笑 楽天で購入 スポンサーリンク 滑り台はちょっと急だった このビニールプールの魅力の一つは滑り台ですが、滑り台はかなり 急でした。 滑り台の降り口はクッションになっているため、落ちても安全なようになっています。 とは言えクッション部分もそんなに分厚くないので、水の量によってはそれなりに衝撃があると思います。 と言うより、 仮に満杯の線まで水を入れたとしても、大人が滑ったら確実に尻餅をつきます。 そんな感じの高さ、角度、クッションなので、子供を滑らせるのにも少し勇気が要ります。 しかしあまり水が深くてもリスキーですし、確かにこれ以上滑り台の角度が緩くても滑らない気もします。 実は子供が滑る分には丁度良い滑り台なのかもしれませんが、大人目線になるとどうしても恐怖感があります。 一旦は子供が自発的に滑りたがらない限りは、滑り台の使用は様子見しようと思っています。 滑り台はなくても子供は大はしゃぎ! このビニールプールを買ったときは、滑り台が付いているのは可愛いな〜と思いましたが、一歳半の我が子にはまだ早かったようです。 親が滑らせることはできますが、それにしては角度が急ですし、滑り台の楽しさは分かってくれないような気がします。 単純にプールでチャプチャプするだけでも、 子供は物凄く楽しんでくれました。 お湯が冷めてきたのでプールから出そうとすると、「まだ遊び足りない!」とばかりにギャン泣き。 楽しんでくれたのは嬉しい限りですが、 赤ちゃんは飽きないんですかね?笑 何だかんだで1時間以上は遊んだ後だったので、大人としては「もう十分だろう」という感覚でした。 スポンサーリンク 感想、まとめ。 家族で楽しめるサイズのプール! ビニールプールを買うときに悩んだのが、サイズです。 折角買うのであれば大きい方が良いですが、 こう言うものは「大は小を兼ねる」というわけにはいきません。 大きすぎれば設置できなくなりますし、使う水の量も多くなるので勿体ないです。 大きいことによるデメリットが生まれるものなので、とにかく大きければ良い、というわけにはいかず、 適正サイズを選ぶ必要があります。 5mでもギリギリサイズ。 私の場合は横幅はそれほど気にしなくてOKでしたが、縦は2. 5mか3mかで悩みました。 結果、この二つなら2. 5mを選んで正解でしたが、それでも少し大きかったです。 正直2mくらいで良かった気持ちしますが、もう一人家族が増えたら、2. 5mくらいあった方が良いのかもしれません。 5mで良かったと思える日が来るかは分かりませんが、 製品クオリティは高いので、十分満足な買い物だったと思います。 【PR】.

次の

ビニールプールは滑り台付きが人気!おすすめ13選をご紹介!|Milly ミリー

ビニール プール 滑り台

2019年8月9日 更新• 今回は、そんなお悩みを解消する「大型のビニールプール」を紹介します。 庭に大型のビニールプールがあれば、わざわざ外へ出かけなくても自宅でプール遊びが楽しめます。 また、自宅のプールだと周りの人に気を使わずに済み、小さな子供も安全に遊ばれることが可能です。 今回は、大人も入れるような大型のビニールプールを紹介。 さらに、大型プールで必要になる空気入れ、消毒剤、プールに穴が開いてしまった時の補修アイテムも、合わせて紹介します。 出典: 大型のビニールプールは、大人もゆっくり入れるサイズ感が魅力。 家族みんなで水遊びを楽しめるアイテムです。 公共のプールのように気を使うことなく自由に遊べ、好きなおもちゃを持ち込むこともできます。 また、滑り台などの遊び道具がついたプールなら、子供が一日中遊びたい時にもおすすめ。 外国製なら、海外ならではのとても大きなビニールプールがたくさん販売されており、通販で手軽に入手が可能。 自宅でもダイナミックに水遊びが楽しめます。 大型のビニールプールを選ぶ時には、サイズや空気の入れ方などをよく確認して選ぶ必要があります。 設置するスペースとプール本体のサイズが合うか、空気をどうやって入れるかをチェックしておきましょう。 出典: 大型プールを購入する時には、サイズの確認が大切です。 設置するスペースに合ったプールのサイズを選ぶようにしましょう。 また、マンションのベランダに設置する時は、周りの柵や壁にぶつからない大きさであるかも重要です。 ギリギリのサイズを選んでしまうと、遊んでいる内にプールが壁にこすれて穴があいてしまう場合があります。 滑り台付きのような高さのあるプールなら、柵の高さを越えないかどうかもよく確認しておきましょう。 出典: 空気を入れて使用するプールを選ぶ場合は、その空気をどうやって入れるかも考えておかなければなりません。 空気で膨らませるタイプの場合、大型のプールだとたくさんの空気を入れて膨らます必要があります。 そんな大型プールには、電動の空気入れがおすすめです。 電動空気入れを購入する場合は、ノズルのサイズがプールの空気穴と合うかの確認もしておきましょう。 大型のビニールプールを長く楽しみたいのであれば、メンテナンスのことも考えて置く必要があります。 夏に毎日プールへ入るのであれば水の入れ替えや消毒が必要ですし、破損した場合の補修方法も知っておくと安心です。 出典: 学校や公共のプールでは水の消毒のために塩素を入れています。 自宅でプールを楽しむ場合は、毎日水を入れ替えると衛生的に遊べるのですが、大型プールだとたくさんの水が必要なのであまり経済的ではありません。 何日か水を入れ替えずに使いたい場合は、プール用の消毒剤を使用するのがおすすめです。 量や使用方法をよく確認して利用しましょう。 出典: ビニールが破れてしまったら、補修するために破損箇所を特定する必要があります。 シューと空気の抜ける音が聞こえれば、空気が見えている証拠。 その付近を調べれば、破損箇所が見つかるでしょう。 また、食器用洗剤を水で薄めたものをプール全体に塗るという方法もあります。 破損しているところは、洗剤液でシャボン玉が膨らんでいくので、すぐに見つけられます。 補修する時は、100均でビーチボールを購入し、破損箇所にビニール専用の接着剤で貼り付ける方法が簡単です。 また、補修専用のビニールなら透明なので目立ちにくいように直すことができます。 それではここでおすすめの大型プールを紹介していきます。 空気を入れないタイプや滑り台が付いたタイプなどさまざまな大型プールがあるので、ぜひ参考にしてみてください。 出典: プリズムフレームプールは空気を入れずに使用できる大型プールです。 骨組みを組み立てる必要はありますが、空気入れが必要ないのがメリット。 厚手の生地で強度があり、耐久性の高いプールです。 直径360cm以上の大きな円形なので、たくさんの人数でも楽しめます。 また、深さが76cmもあり、家庭用プールの中では深めのタイプになっているので、子供の水泳の練習にもおすすめです。 サイズ 直径366cm 深さ76cm• 製品重量 26kg 出典: レクタングラー・フレームプールも、組み立て式のスクエア型大型プールです。 生地の内側がタイル模様になっているので、プールらしさを感じることができます。 高さが75cmもあり、別売りのはしごや踏み台と合わせれば使いやすさもアップします。 別売りで専用の循環ポンプが販売されているので、水を継続して清潔に保つことが可能。 口コミでは大人が、入っても十分楽しめる広さと好評です。 サイズ 幅300cm 奥行200cm 高さ75cm• 製品重量 18. 25Kg 出典: 空気を入れて使用するタイプのプールです。 背もたれとベンチが備わっているので、小さな子供と一緒に大人がプールに入る時も快適に過ごせるようになっています。 また、ドリンクホルダーが2カ所付いているので、水分補給をする時も便利。 万が一穴が開いた場合には、補修用パッチが付属しているため、補修グッズを改めて購入する必要もありません。 サイズ 幅224cm 奥行216cm 高さ76cm• 製品重量 6. 33kg 出典: まるでプール施設のようなダイナミックな遊びが楽しめる大型プールです。 こちらは付属の送風機を使って空気を送りながら使用するタイプなので、自分で空気入れを用意する必要がありません。 クライミングを登ったり、滑り台を下りたり、子供だけでなく親子で楽しめる仕掛けになっています。 また、ウォーターキャノンやバスケットボールなどの付属のおもちゃもあるため、子供たちが一日遊んでいても飽きない仕様になっています。 サイズ 幅439cm 奥行323cm 高さ241cm• 製品重量 24Kg 出典: スラムン カーブ スライドも付属の送風機で空気を送りながら使用するタイプの大型プールです。 海外製のため、コンセントに挿す時にプラグ変換器を別途用意する必要があります。 クライミングや滑り台などの仕掛けがあって、口コミでは「小学生の子供が一日中遊べる」とのこと。 プール内に入りやすいように、縁が低くなっているところが設けられているので小さな子供でも楽しみやすくなっています。 サイズ 幅274cm 奥行427cm 高さ213cm• 製品重量 22. 2kg 出典: カラフルな恐竜がデザインされたかわいらしい幼児向けのビニールプールです。 ホースを恐竜のアーチにつなげれば、シャワーとなって出てくる仕掛けがあります。 また、滑り台の下はパッドが厚くなっているので、勢いよく滑り下りた時にも痛くなりにくい設計。 サイズ 幅333cm 奥行229cm 高さ112cm• 容量 882L 入水目安:高さ63cm• 製品重量 15kg 空気を入れるタイプの大型プールを使用するには、空気入れが必要です。 大型だと空気量もたくさん必要なので、電動の空気入れを用意するようにしましょう。 出典: こちらの電動空気入れは、空気排出量が多く、パワーがあるため大型プールの空気入れもストレスなく行うことができます。 また、3種類のノズルが付いているので、さまざまな商品に対応できるのがメリット。 さらに、空気を入れるだけではなく抜くこともできるため、面倒な大型プールの後片付けも楽に行うことができます。 「空気を入れる時間が少なくて済む」と口コミでも好評です。 サイズ 幅 14cm 奥行13cm 高13. 5cm• 交換ノズル 先端サイズ• 大 18-19mm• 中 8-9mm• 小 7-8mm• 製品重量 640g• 9m 大型プールに溜めた大量の水を毎日入れ替えるのは大変で、水道代も高くなります。 水を入れっぱなしにしておく場合は雑菌が繁殖するので、消毒液を使用して衛生的かつ経済的にプールを楽しみましょう。 出典: プールや浴槽水で使える除菌剤です。 高い安全性が特徴で、塩素に弱い人やアトピー性皮膚炎の人でも安心して使用できます。 除菌剤を追加で投入していても、水は1週間以内に全部を入れ替え、衛生的に遊べるようにしましょう。 成分 アルキル ジメチル ベンジルアンモニウムクロライド 第4級塩 と2-フェノキシエタノールの混合物 特許製品 保留剤等• 容量 1L 出典: こちらは顆粒タイプの消毒剤です。 水200Lに対して小さじ1杯をプールに入る前と出た後に投入します。 また、プールを使わない日でも水を溜めておくのであれば、1日1回除菌剤を入れておけば、水中の菌によるプール内側のぬめりの発生を予防します。 「粉末状で扱いやすい」と口コミでも評判です。 成分 ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム顆粒• 容量 141g 石や壁にぶつかって穴が開いてしまいがちなビニールプール。 補修キットを揃えておけば、万が一破損した時も慌てずに済みます。 そこでおすすめの補修キットを紹介します。 出典: ビニール製のパッチと接着材が、セットになった補修キットです。 パッチ2枚と少量の接着剤のセットなので、破損箇所が小さな穴であれば、こちらのキットで対応できます。 パッチは透明のため、どんな色のプールでも目立ちにくいのがメリット。 補修する際はプール本体とパッチに接着剤を塗り、乾かしてから貼り付けます。 ハンマーなどでしっかり接着し、24時間放置した後に様子を見ながら空気を入れましょう。 セット内容 接着剤・補修パッチ2枚 出典: 水回りに強い補修用のテープです。 ロールタイプなので破損箇所が大きい場合でも長さを合わせて貼ることができます。 透明のため補修した箇所も目立たず、どんな色のプールでも使用可能。 5m巻きのものが4本セットになっているので、たくさん使っても安心です。 プールだけではなく、風呂ふたのつなぎ目やプラスチックプランターの補修にも使用できるので、家中のあらゆるところの補修に使いまわせます。 素材 ポリエチレン・ アクリル系粘着剤 出典: ビニール同士を接着するための専用接着剤です。 補修用のビニールパッチなどがプールに付属している場合は、この接着剤を用意すれば簡単に補修を行うことができます。 貼り合わせるビニールの面それぞれに接着剤を塗って乾かし、乾ききらないうちに貼り合わせて使用します。 丸い缶などを転がして空気を抜くようにするときれいに貼り合わせることが可能です。 容量 20mL• 素材 酢酸ビニル樹脂系 子供から大人まで庭で楽しめる大型プールを紹介しました。 大きなサイズのプールがあれば、自宅で思う存分、水遊びを楽しむことができます。 水の消毒剤やビニールの補修アイテムも用意しておけば、長い期間に渡って安心してプールを使用できるでしょう。 ぜひ大型プールを取り入れて家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の