エクセル小数点以下切り捨て。 【エクセル】SUM関数で小数点以下を切り捨てる方法

エクセルで小数点以下、端数を切り捨て、切り上げ、四捨五入 (Excel 2010, 2013, 2016)

エクセル小数点以下切り捨て

今回ご紹介するのは、小数点以下の切り捨てに便利なTRUNC関数。 「トランクかんすう」と読みます。 でも、切り捨てといえば、。 例えば、「278. 64」という数字の小数点以下を、で切り捨てたい場合、小数点以下の位を切り捨てた結果、数字が見えてくるのは「一の位」からになるため、 「桁数」は「0」を指定することになります。 この「桁数」について分からない方は、ぜひ「」をご覧ください。 というわけで、このような表で、B1番地に入力されている数字の小数点以下を、ROUNDDOWN関数で切り捨てる場合には、B4番地に設定したような数式になり、 この数式の意味はこうなります。 ところが、この「桁数」にどうしても苦手意識を持ってしまう方も。 もし、がどうしても苦手で、なおかつ 小数点以下を切り捨てたいだけなら、今回ご紹介するTRUNC関数を使うと、 「桁数」を指定する必要がないので、楽に操作できます。 TRUNC関数の使い方 それでは、今回はこの表を使って、B1番地の数字の小数点以下を、TRUNC関数で切り捨てた結果を、B4番地に表示させてみます。 まずは切り捨てた結果を表示させたいセルをし、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回は TRUNC関数を使いたいので、一覧から「TRUNC」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 ちなみに、この一覧から「TRUNC」を選択する際、「TRUNC」の頭文字である「T」のところまで、を使うと便利です。 前のダイアログボックスで「TRUNC」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 最初の引数[数値]欄には、切り捨てたい数字を指定します。 今回、切り捨てたい数字は、B1番地に入力されているので、この欄にはB1番地を指定することになります。 [数値]欄の中に文字カーソルが入っていることを確認したら、 切り捨てたい数字が入力されているB1番地をクリックで選択すると、[数値]欄にそのセルを指定することができました。 そして、このTRUNC関数にも、引数[桁数]があります。 ですが、ROUNDDOWN関数と決定的に違うのが、 TRUNC関数では[桁数]を省略できるということ。 [桁数]を省略した場合、自動的に小数点以下を切り捨てる設定となります。 というわけで、[桁数]には何も指定せず、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 指定した数字の、小数点以下を切り捨てることができました! もちろん、[桁数]を省略せずに指定することもできるので、十の位で切り捨てとか、小数第二位で切り捨てという処理もできます。 その場合の[桁数]の考え方はROUNDDOWN関数と同じですので、桁数については「」をご覧ください。

次の

【Excel】消費税の計算1円以下の金額はどう処理する?エクセルで端数処理する際のテク

エクセル小数点以下切り捨て

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは、「」シリーズの第4回目の「掛け算」についてです。 小売店のマネジメントを行う上で足し算と同様に多く使うのが掛け算です。 掛け算は販売単価に販売数、消費税率を掛けるなど使途は多くあります。 エクセルで数字を管理するためには必ず押さえておきたい数式です。 なお、今回の解説はエクセル2016にて行います。 2016 エクセルでの掛け算は関数で!四捨五入や切り捨ても考慮した売上管理表が可能に! 小売店のマネジメントで不可欠なのが売上管理表です。 商品の販売単価、販売数、消費税などを算出する数式が掛け算ではないでしょうか。 その他、四捨五入や掛け捨てを行うことで小数点以下の数値を省略でき、見やすい売上表を完成することができます。 今回、ご紹介する設定方法は、販売数のみを変更するだけで売上を把握できる優れもの。 設定は簡単なので、ぜひ利用してみてください。 エクセルで掛け算をする時は注意!セルを固定する方法 掛け算を設定した時、別のセルへも同じ数式を設定したい時、セルも一緒に移動して、計算できないという経験はなかったでしょうか。 これは参照しているセルが相対的に移動するエクセルの機能によるものです。 例えば、商品それぞれの販売価格に対して、消費税を掛けたい場合でかつ、消費税のセルは移動させたくない場合、セルを固定する必要があります。 簡単ですね。 この状態で、他のセルにコピーしても消費税を参照しているセルは移動しません。 エクセルの掛け算で出た値を四捨五入したい場合 掛け算をした場合、どうしても小数点以下の数字になることがあります。 その場合、四捨五入した状態で算出する場合は、関数を使うことで対応できるのをご存知ですか。 この場合は、ROUND関数を使用するとうまくできます。 次は桁数のフォームに表示する桁数を記入します。 そして、1を記入すると小数点第一位の数値が四捨五入され、少数点以降は表示されません。 エクセルの掛け算で出た値を切り捨てしたい場合 四捨五入だけでなく、掛け算で切り捨てしたい場合も関数を使って、算出することができます。 使用する関数はROUNDDOWN関数を使いましょう。 次は桁数のフォームに表示する桁数を記入します。 そして、0を記入すると小数点以下が切り捨てられます。 このように小数点以下が切り捨てられ、すっきりとした数字になりました。

次の

【Excel】消費税の計算1円以下の金額はどう処理する?エクセルで端数処理する際のテク

エクセル小数点以下切り捨て

この記事の目次• SUM関数で小数点以下を切り捨てる方法 小数点以下を切り捨てるSUM関数が入ったセルをクリックして選択する まずは小数点以下を切り捨てたい SUM関数が挿入されているセルを クリックして選んでください。 セル内のSUM関数式の切り取り、セル内を「BackSpace」キーで空にする クリックしてセルを選択したら ワークシートの上部にある 数式バーにSUM関数式が表示されます。 最初の「=」を除いた関数を 切り取りましょう。 そして、数式バーに残っている 「=」を 「BackSpace」キーで 消しましょう。 そのまま、 ROUNDDOWN関数を数式バーへ 入力する場合は、「=」は消さなくても 良いです。 同じセルにROUNDDOWN関数を挿入する 小数点以下を切り捨てるためには、 ROUNDDOWN関数を使います。 関数の挿入は、「数式」タブへ移動して するやり方はこちらに詳しく書いてあります。 「数値」へ切り取ったSUM関数を貼り付け、「桁数」へ0を入力する ROUNDDOWN関数を挿入したら、 「数値」部分に切り取ったSUM関数を 貼り付けてください。 続いて、「桁数」部分には 小数点以下なので 「0」を 入力しましょう。 最後に「Enter」キーを押せば完了! ROUNDDOWN関数の 「数値」と「桁数」を入力し終えたら 「Enter」キーを押しましょう。 そうすると、 SUM関数で求めた合計が 小数点以下を切り捨てられます。 補足 小数点以下を切り捨てた合計を計算したいのであれば、INT関数を活用する方法もあります。 こちらで詳しくご説明しておりますので、よろしければご覧ください。 まとめ• 小数点以下を切り捨てるSUM関数が入ったセルをクリックして選択する• セル内のSUM関数式の切り取り、セル内を「BackSpace」キーで空にする• 同じセルにROUNDDOWN関数を挿入する• 「数値」へ切り取ったSUM関数を貼り付け、「桁数」へ0を入力する• 最後に「Enter」キーを押せば完了! お疲れ様でした。 SUM関数で求めた合計の 小数点以下を切り捨てた数値は 表示できましたでしょうか? SUM関数だけでなく複数の関数を 活用することで求めることができます。 あなたの作業が つまずくことなく、 円滑に進められることを 心より応援しております。

次の