あべ か やこ おっぱい。 阿部華也子

図書ラベル:黄|なでしこ保育園

あべ か やこ おっぱい

狐はしばしば女性に憑りつき、前述したような常軌を逸した言動… 現在で言うところのいわゆる ヒステリー症状を引き起こすとされた。 人に憑く狐としては以下のものが知られている。 尾裂狐 おさき• 関東に伝わる化け狐で、その名は 「尾が裂けた狐」の意味。 その名の通り複数の尾を持ち、動きは素早く神出鬼没。 しばしば群れを成して現れ人を惑わすという。 ただその姿と大きさは狐というよりも むしろネズミに近いらしく、ネズミとイタチの合いの子のようだとか ハツカネズミより少し大きいくらいだとかなどと描写される。 体毛はまだらで、背中に白い斑点があるとか頭から尾まで黒い一本線の条紋があるなどと言われている。 管狐 くだぎつね• 中部地方に伝わる狐。 名前の通りに竹筒に入るほど細長い体型が特徴。 しばしば 筒に入れられたまま持ち運ばれ、主人の命令に従い飛び出してきたとされる。 さらに 繁殖力が非常に強いとも伝えられ、正体はオコジョではないかと言われている。 また 飯綱 いづな という呼び名もあり、これは 飯綱権現 いづなごんげん の行者たちに使役されたところからきている。 野孤 やこ• 単に位の低い狐、野良狐を指す場合もあるが、化け狐としては 九州に伝わる人に憑く狐のことである。 姿は黒いイタチ・ネズミに似ており、しばしば群れを成した。 脇の下から人の中に潜りこみ、これに 火傷の生傷や病でできた 瘡 かさ をなめられると死ぬと言われる。 他にも親狸が子狸のために金を稼ごうと茶釜に化けて寺に売られていった、 老夫婦の世話になった狸が茶釜に化けて寺に売られたが火にかけられてほうほうの体で逃げだしていったなど様々なバリエーションがあるが いずれも 「恩返し」の話であるところは共通している。 茂林寺の釜 実在する寺院である群馬県茂林寺に伝わる、文福茶釜の元になったと言われる伝承。 ただ昔話のほうとは大分趣が異なる。 応永年間 に茂林寺で住職を務めていた僧侶 守鶴 しゅかく は、 汲んでも汲んでも湯が無くならないという不思議な茶釜を持っていた。 本人もまた立派な僧であり7代にわたって学頭を務め上げていたが、 ある日昼寝をしていたところ うっかり大きな狸の尻尾を出してしまう。 守鶴は実は 齢数千年を経た古狸であり、天竺で釈迦の説法を受け入滅を見届け中国を経て日本に渡り僧となったのであった。 正体を知られた守鶴は、自分が見てきた釈迦の姿を弟子たちに幻で見せ、寺を去っていったという。 詳細はを参照。 佐渡四天王 佐渡には団三郎のほかにも 100頭以上とも言われる化け狸がおり、相撲のような番付までつけられている。 その中でも有名なのが西の横綱団三郎と並ぶ 東の横綱、徳和東光寺の 「 禅達 ぜんたつ 」。 名前の通り 禅寺で修行を修め、問答をしかけられると生半可な僧侶では太刀打ちできなかったという。 あとの3頭は、団三郎の妻とも言われる関の 寒戸 さぶと の 「 お杉」、潟上湖鏡庵の 「 財喜坊 ざいきぼう 」、 真野新町の 「 重屋 おもや の源助」 諸説あり とされる。 人里近くに住む食肉類である キツネとタヌキはいずれも、 哺乳類ネコ目 食肉目 イヌ科の中型獣である。 さらにどちらも食性が 肉食に近い雑食性で、また 人里に近い山野・里山に生息していることが多い。 なので 比較的人間の生活域に近いところに生息していたというのがまず第一の共通点だろう。 もともと生息域が都市部に近く、さらに食性の幅が広いため 人間の残飯なども食べることが出来た。 キツネもそうだが特にタヌキは 狩猟よりも採取がメインで、残飯をあさることが自然にできたのだ。 なので両者とも、 古来より日本人になじみ深い食肉目であったということが言える。 あとはそれに関連して、 両者とも害獣であり益獣でもあったということもあげられる。 人里近くに住む肉食獣なので、 残飯をあさられたり家畜や作物を荒らされるといった彼らによる害も当然生じた。 しかしそれ以上に彼らは、 農業の大敵であるネズミを主食として狩る益獣であったのだ。 米を食い荒らし田に穴を空け、駆除してもたちまち増え広がるネズミは 古代農業の最大の敵であった。 キツネやタヌキはそんな彼らの天敵として 直接捕食するのはもちろん、 そこにいるだけでネズミを寄せ付けず繁殖を抑える力も持っていたのだ。 特にキツネが日本で神聖な獣とされたのはこの要素が大きく、 強い体臭による忌避作用を活かすためしばしば神社や米蔵では キツネの尿が撒かれたりキツネが餌付けされていたりしたのである。 どちらもそれほど大型では無いため家畜などに与える害もそこそこで、 人間を直接的に殺傷することもほとんどないことも幸いしたのだろう。 キツネもタヌキも、 もたらす害以上の利益をもたらす獣として、 人から避けられながらもそのそばで暮らしていくことが出来たのである。 知能が高い キツネもタヌキも肉食動物、捕食者であるが、 狩りを行う時には思いもよらない頭脳プレーを見せることで知られている。 キツネは獲物を捕らえるとき「 魅了 チャーミング 」という手段を用いることがある。 獲物の前に近づき、 いきなりひっくり返ってもだえてみせたり 子猫のように自分の尻尾を追いかけてくるくる回ったりしだすのだ。 この行動を前にした臆病であったはずの草食動物たちはまさしく魅了されたかのようにふらふらと近づき、 たちまちのうちに狐の牙にかかってしまうのである。 はたから見ればまさしく狐に化かされたようにしか見えないだろう。 またタヌキも、狩りを行う際には 集団で連係プレーを行うことが知られている。 狸寝入りも、知らずに出くわせば一杯食わされたとしか思えないだろう。 これらが知恵によるものか本能によるものかは定かではないが、 少なくとも歴史の中ではそんな彼らの行動が「知恵」として捉えられ、 キツネとタヌキの「人を騙す獣」というイメージが成立する要因のひとつとなったのであろう。 ペットにはあまり向かない 彼らはどちらも食肉目の中では性質が比較的穏やかで、人にも慣れないことはない。 現に人に飼われているキツネやタヌキも多い。 だが、飼育法が確立していない過去においては、 少なくとも ペットとして犬に勝る点は何一つなかったのである。 タヌキは非常に臆病でしつけが成立しづらく、 キツネは体臭がきついため都市部で飼うには適さなかったのだ。 しかし、それがキツネとタヌキの 「身近であるが一定の距離を保つ」という、人間との絶妙な関係性を生みだしたのだろう。 彼らはさして珍しくない生き物でありながら、その内に野生と神秘を秘めて人間と向き合っていったのである。 またこの来歴のためかそれとも実際の反応を見てか、 完全に人の側に立った犬とは激しく対立することが多い。 どれほど妖力を秘めた狐狸でも犬には一方的にやられてしまうなど、時には 天敵のような扱いさえされる。 分布・生息範囲 キツネは食肉目のなかでも 比較的新しい種類で、 環境に適応することに成功し最も繁栄した種の一つである。 世界のほとんどの地域、それこそ砂漠にも極地にもキツネはいる。 逆にタヌキはイヌ科の中でも 最も古い種の一つで、一時は大繁栄したものの氷河期を経て環境の変化についていけず、 ヨーロッパなど多くの地で絶滅してしまったのである。 なので 日本の化け狐のイメージは悪女などといった比較的 全世界のスタンダードなものに近いのに比べ 化け狸のそれはそのほとんどが 日本独自のものである。 化け狸の多くが地名を名に冠し、その土地に深く根付いて活躍しているのはそのあたりに原因がありそうである。 また生息範囲にも微妙な差があり、同じ野山でも キツネはある程度 開けた草原などに居を構え タヌキは川沿いのやぶや森林の生え際の茂みなど、 狭いところに巣をつくることが多い。 なので タヌキのほうがより都市部への対応がしやすかったと言える。 都市周辺のさまざまな構造物による環境は、キツネよりもタヌキの暮らしに向いていた。 また後述する理由によりキツネとタヌキの集団がかちあうとだいたいタヌキのほうが勝ってしまう。 現在日本でも、人間の生活圏内では広大な平地がひろがる北海道を除けば キツネよりもタヌキのほうが目にする機会が多いだろう。 これらは恐らく、 化け狸が恐るべき魔物から愛すべき妖怪に変化した要因のひとつでもあるだろう。 中国からの伝来当初はまだ人里離れた山林に生息していることのほうが多く、謎めいた部分があったタヌキも 江戸時代になり集落の都市化が進むにつれてタヌキの移住も活発になり、 よく庶民の目に触れるようになった結果 臆病さなどが広く認知されていって現在のひょうきん者のイメージが定着したのではないだろうか。 いずれにせよ都市部に広がったタヌキは より庶民的になり、 そこからはじかれたキツネは神・魔物としての 神秘性をより強く残していったのである。 集団構成 キツネとタヌキの、明らかにそれと知れる大きな差のひとつ。 タヌキは 一夫一妻制で、自分の子供たちを引きつれた 大きな集団を作る。 キツネは比較的 小集団で生活していることが多いように見えるが、実のところ彼らは 一夫多妻制であり 一匹の夫を中心としてそれぞれの妻たちとその子供の小集団がコロニーとなっているのである。 なのでこれらの小集団個々にはオスのいる可能性が低い。 化け狐が 女性的で化け狸が 男性的とされるのはこのあたりに原因がありそうである。 タヌキの集団には必ずオス狸が一匹おり、キツネの集団にはオスのいる可能性が低いのだから。 なおこの性質のため集団同士でかちあうとたいてい 数で勝りオスを含むタヌキ側のほうが勝つ。 狐七化け 狸八化けというのはこのあたりからきているのかもしれない。 また一夫一妻制で大家族を作るタヌキは 夫婦・家庭円満の象徴とされることも多い。 男を手玉に取る悪女のイメージが付きまとうキツネとは対照的だろう。 日本社会との関わり 日本人の身近にいた野生動物であるかれらは 自然資源としての価値も昔から高かった。 タヌキもキツネも 上質の毛皮を持ち、古来より市場で取引されてきたのである。 ただその需要については若干の差異があり、どちらかと言えばキツネの毛皮は 装飾品として価値が高く、 タヌキの毛皮は 日用品として有用だった。 金毛とも呼ばれる狐の毛皮はその美しさと防寒機能から 世界各国でしばしば着衣として利用され ひとつの集団の小ささ、養殖のしづらさによる希少価値から 高級品として扱われることが多かった。 タヌキの皮もまた「 皮算用」という言葉が残るように、古来から取引されてきた品である。 毛皮として 防寒着などの需要も当然あったが、優れた弾性・耐久力を持ったタヌキの皮は 日用品・実用品としても価値のあるものだったのだ。 その皮は団三郎の伝承が示す通り、 炉に風を送りこむふいごや金箔を延ばすための緩衝材として用いられ、 また 籠手など装身具としてもよく使われていた。 タヌキは大集団を組み一度で獲れる数が多く、また飼うのに広いスペースがいらず比較的養殖もしやすかったことから、 その革は 良質かつ安価な素材として広く用いられたのである。 美しく高級なキツネ革と、 便利で安価なタヌキ革。 この二つの特長も、上記までで挙げられてきた化け狐と化け狸の差異に符合するようで面白い。 なお、生き物であるからには食肉としての利用法も当然存在する。 だがこの分野では どうやらタヌキのほうが圧勝してしまうようである。 どちらも野生の肉食獣なのでクセは強いが、秋~冬季に入って冬を越すため 木の実を主に食べて脂肪を蓄えたタヌキはクセも無く美味であるという。 逆に キツネは体臭同様肉のにおいも大変きつく、食用には適さないらしい。 タヌキがより身近になり、キツネがより距離をおかれたのはこのあたりにも原因があるかもしれない。 神としての狐と狸 本来、 キツネもタヌキも日本人にとっては山の神であった。 古代日本の汎霊説 アニミズム 的信仰の中で、彼ら山の獣は山の神の使い、あるいは山の神そのものであったのだ。 しかし全世界に分布し、そのそれぞれの国で伝承を残していたキツネは 外来の価値観の影響を大きく受けた。 稲荷神の大元である 稲作文化も本来は弥生時代に渡来した外来文化である。 そこからさらに中国の伝承やインドからの仏教・密教の影響を受け狐たちは 先進国の権威のもと堂々と、 しかしどことなくよそいきの雰囲気をまといながら日本社会に広まっていった。 逆にタヌキは分布域が非常に狭く、「化け狸」という存在は海外にはほとんど類型がない。 化け狸のイメージはそのほとんどがこの国で形作られていったものである。 都市部にも多く生息し、犬ほどではないにせよキツネよりもさらに人々に密着していたタヌキたちは 神秘的な存在から一歩離れ より人間的・庶民的に、欲深く俗っぽいキャラクター性を与えられたのである。 狸たちはその土地土地の鎮守、おらが神として祀られ、 さらに信楽焼きのタヌキに代表されるひょうきんで福々しい姿でもって 縁起物として日本中に広がっていった。 ただし、彼らは最初から人間社会に馴染んでいたわけでもないし、また現在においても無条件に受け入れられているわけでもない。 霊的存在である以上、 「祟る」 「憑く」という人間への脅威・恐怖となる側面は、どうしたってつきものだったのである。 「祟り神」「憑き物」としての狐と狸 冒頭の項目で述べたが、生き物がよわいを経て化けるという考え方はもともと中国のものである。 中国における「化ける獣」は、例外なく人々にとって大きな脅威であった。 白面金毛をはじめとした悪狐はもちろん、化け狸も江戸時代になるまでは恐怖の対象であったのだ。 これは 「憑き物」という概念が社会に広がるにつれてより顕著となる。 「憑き物」とは 人に憑依する動物や妖怪、そしてそれによりもたらされる変異のことを指す。 これらに取りつかれた人は常軌を逸した言動をとったり健康を害してしまったりする。 しかし憑き物は害ばかりではなく、特別な力や幸運をもたらす場合もあった。 現在では「憑き物」とは 精神疾患であるとされている。 現在であればしかるべき機関で適切な処置を受ければ完治するものとして認識されているが、 そんな概念のない当時の人たちにとって精神疾患とは 親しかった人たちがいきなり豹変する原因不明の怪異として大いに恐れられていたのである。 それへのせめてもの対策として 「原因がわからないなら原因を作ってしまおう」という発想のもと作り出されたのがいわゆる「憑き物」である。 正体不明の変異は憑く獣・魔物のせいとされ、人々は「正体不明のものへの恐怖」からはかろうじて逃れられたのだ。 なので「憑き物」という概念は本来「落とすためのもの」として造られたのであろうが、 その概念が定着すると今度は 意図的にそれを憑けようとする技術が造られ始めた。 前述の「憑き物」をつけることにより得られるという力や幸運を得るため、 あるいはもっと直接的に敵対する相手への攻撃手段としてこれらは発達していったのである。 そして 狐はもちろん狸も「憑く獣」として扱われた。 狐のいない地域では狸が人に憑く獣として恐れられたのだ。 しかし「憑き物」としてもっとも多いのはやはり 「狐憑き」であろう。 狐はお稲荷さまの使いとして日本中に広まっていたが、まだ中国からもたらされた化け狐への恐怖のイメージは完全に払拭されたわけではなかった。 そのため、 「憑く獣」「祟る獣」のイメージもまた稲荷神とともに日本中に伝播されたのである。 さらに稲荷神自体が密教のダキニ天と習合されたこともあり、 修験者らによって狐を憑けたり落としたりする技術が、 それらへの恐怖とともに大いに広められていったのである。 さらに 「憑き物筋」という考え方がこの恐怖に拍車をかけた。 前述の通り「憑き物筋」とは「憑き物を操る家系」のことであるが、このイメージはその家系そのものから生じることより、 むしろ「村八分」の道具として周囲から押し付けられることのほうが多かったのだ。 集団内で権力や財力を握る家に対して 「あの家は憑き物筋だ」「あんなに栄えてるのは憑き物のせいだ」と差別して孤立させるための 民衆たちの武器として扱われたのである。 そして その恐怖は今なお消えていない。 普段は意識されていなくても、ちょっとしたきっかけさえあれば現代社会であってもたちまち表面化するのだ。 その特異的な現象としてはいわゆる コックリさんがあげられるだろう。 元は西洋渡来のヴィジャヤ盤だったと思われるが、日本にも伝わり占い遊びになっていった。 コックリを狐狗狸といういかにも神霊らしい当て字で読ませることがあるがこれは由来から言っても後付けであろう。 けれども日本でのコックリさんは狐と結び付けられ、日本では文字盤代わりの紙に お稲荷さまの象徴である赤い鳥居が描かれた。 西洋においてもある種の心霊現象として扱われたこの遊びが「狐」と結び付けられたのは、ある意味自然ななりゆきだったのかもしれない。 しかしこのことにより、たわいない遊びであったはずのコックリさんは 「 狐憑き」の恐怖を現在に呼び起こしたのだ。 途中で手を硬貨から離したりなどすると狐に取り憑かれてしまうと言われ、 実際に精神に変調をきたす子供たちが続出した。 これは自己暗示によるものとされているが、 その暗示の核となったものは古来からあった「狐憑き」の恐怖のイメージだろう。 さらにこっけいにもおぞましいことに、 「標的とした相手に口裏を合わせた残りのメンバーがコインを意図的に動かしいたずらをする」という形で、 かつての「憑き物筋」の手口まで復活を遂げたのである。 1970年代以降にはつのだじろう『うしろの百太郎』「コックリ殺人編」の影響によっていわゆるコックリさんブームが発生し、より一般化した。 狐関連の記述も他の動物妖・霊よりも一般に膾炙していったようである。 これ以降ホラーとしてのコックリさん現象というのも定着したシーンとなり、必ずしもというわけではないが狐神のイメージも付随するとうになった。 これは日本だけでなく韓国など各国でも使われる。 一方、庶民の間に広く浸透したタヌキは一部例外を除いてはこのような扱いを免れ、 むしろ 縁起物として人々に愛され受け入れられている。 条件は冒頭で挙げた「怪異をなす狐・狸」であること、あるいはそれらの存在をモチーフにしていることのいずれか。 「白面の者」・・・うしおととら:前述の通り。 九尾の狐と飛丸:岡本綺堂の『玉藻の前』を原作とする これ自体玉藻と殺生石を基にした作品 長編アニメ映画。 魔王に取り込まれて暴虐を揮う玉藻の前をの飛丸が止めに来るというまっしぐらな話。 現存のフィルムが一本しかない。 「 はごろもぎつね 」・・・:葛ノ葉・白面金毛をモチーフにした、京の妖怪を束ねる妖狐。 「タマモ」・・・:玉藻前の転生体。 髪型がならぬナインテール。 ちなみにこの作品の白面は別に悪妖ではなかったそうな。 「」・・・:火群カイと契約する魂獣。 「」・・・Fateシリーズ:キャスターとして召喚された型月おなじみのハジケキャラ。 通称キャス狐。 「【因果】のアーク ハクメンスクナ」・・・・シリーズ:後述するイヅナカムイとは因縁の間柄にある超大型ロイド。 分身したり即死攻撃をしたりと結構やりたい放題。 ……なのだが慣れれば一番楽なせいで乱獲される。 こんなんでも一応CB世界では神様的な存在である。 尚、見た目はロボなのだが何故かフッサフサな九尾を持つ。 「玉藻」・・・:白面金毛九尾の狐本人。 温泉宿「玉ノ湯」を経営している、ちずる達の母親。 無差別級のおっぱいの持ち主。 「たま」・・・戦国妖狐:第一部ヒロインの妖狐。 200歳以上のオレっ娘。 義姉上。 出自は玉藻前の分霊。 力を与えてきた義弟・迅火が九尾の妖狐へ、果ては地を果てさせる「千本妖狐」へと転化してしまう…• 「 妲己 だつき 」・・・多作品:ほとんど中華の大妖狐としてのキャラ。 :分かりやすい悪女キャラ。 外伝のキャラは本編とのギャップがまたすごい。 :衆合地獄のボッタクリ妓楼のオーナー。 EUのレディリリスとは親友。 衆合花街の顔役で、人気のキャストであると同時に多数の店を経営する暴君的豪腕経営者でもある。 :黒幕・遠呂智の参謀役。 割と人間味があるためかでは味方になる場面も。 :限定モンスターとして登場。 進化すると「紂王の妃 妲己」、神化すると「千年狐狸精 妲己」となり、獣神化すると「傾国の妖狐姫 妲己」に変貌する。 BEAST of EAST:架空の平安時代にて主人公・鬼王丸の幼馴染「 藻 みくず 」に憑りつき、玉藻の前として暗躍する。 KUMIHO 千年愛:999年生きたクミホ 九尾狐 をヒロインとすえたSEXしたら死ぬというアレな悲恋映画。 九尾狐家族:999年生きたクミホ またかよ の一家が肝を食って人間になるためにサーカス団を作って人を集めるミュージカルコメディ映画。 僕の彼女は九尾狐:蘇ったクミホをヒロインとする韓流ラブコメ。 リザとキツネと恋する死者たち:日本のサブカル好きなハンガリーの監督が作った、九尾の狐伝説に材をとる恋愛ファンタジーホラー歌謡ミュージカルコメディ映画。 「 九喇嘛 くらま 」…:のうち九尾にあたる恐るべき災厄。 人柱力はうずまきナルト。 「 御狐神双熾 みけつかみそうし 」・・・:ベッタリのSS。 九尾の狐への先祖返り。 でも初対面では 「犬にしてください」と言っていた。 「九尾の狐」…:国を南北に分けるばんもん 板門 に取り憑いている妖怪。 の鼻担当。 漫画では鼻の仕込み爆弾で、アニメでは普通に斬殺されて死亡。 「セリア セリアーナ・ヴァーゼンシュタイン 」…及び:Sランク魔人の九尾で「先読みの魔女」。 しかし尻尾九本で落ち着いていた時期は少ない。 珍しくアジアっぽくない狐だが好物はきつねうどんと油揚げで、性格は子供だが容赦なく力を振るう。 「」・・・:聖龍王サイガに幼い時より使える忍者マスター・絶影の正体。 「遮那王」…お狐サマシリーズ:白猫を助けた桐緒の下に主としての恩義を果たそうと憑りつく九尾の狐。 ダキニ天の親王だからか高飛車。 「SCP-953 妖狐變化」…:朝鮮妖狐クミホを自称するメスのアカギツネ。 新鮮な肝臓が大好きで、採取ついでに拷問するのも大好き。 暗示やテレパシーといった超能力で邪悪な悪戯を行う。 だけど犬にはとっても弱いんだってさ。 あとの集会参加者を皆殺しにしてから妙に無気力になったようだ。 「 やくもらん 」… :九尾の狐をモチーフにした八雲紫の式神。 「 魔尾狐 まびこん 」…奇々怪界:6面ボスの九尾の狐。 分身を大量に呼び寄せてくる。 「」・・・:傲慢にして狡猾な 小者中ボス。 通称・赤ペン先生 筆しらべの邪魔をするので。 「キュウビ」・・・妖怪ウォッチ:初代から登場する妖怪。 システム上はフシギ族・Sランク。 ゲーム版初代から登場する、キュウビたちの元締めの個体 「紅蓮の親方」 、アニメ版で彼とは別に登場したまだまだ未熟な個体、ちゃお版漫画の立派なキュウビではあるが恋愛になると残念な個体(ちなみに人間態の要旨はアニメ版の個体のに似ている)、『真打』のクエストに登場する個体(アニメ版の設定が逆輸入されており、「未熟なキュウビが一人前になるための試練」がそのままクエストのあらすじになっている)など複数個体が存在する。 コロコロ版漫画にも登場済だが、こちらではメインキャラかは疑問が残る。 「如月すず」・・・:人妖ではなく純潔の九尾。 能力と嫉妬深さがたまにえげつない。 「九尾れい子」・・・タイホしてみ~な:人の姿を取るが、九尾は健在。 魔界から都合よく脱獄してくる美女。 やることはえげつないが思考は主人公をからかう愉快犯的な一面が強い。 「くずのは」…戦国妖狐:たまの養母。 やっぱり悪女。 愛した断怪衆の僧・野禅によって人間に換えてもらおうとしている。 「神城眞那」…ブラッディロア4:ドラゴンの獣人・陵鳳に付き添う九尾の狐の獣人である幼女巫女。 幼女なので尻尾は一本。 「 宇迦之御魂神 うかのみたまのかみ 」…:記紀神話のウカノミタマ本人。 主人公に神通力を与える。 子狐なのだが七五三太と合体することで巨乳美女と化し、悪霊を封印する。 「ミサキ神」「鉄砲狐/柚子」…:悪神になった狐神とそれに力を奪われた元稲荷神社の神使。 でかいほうと小さいほう。 一度黄泉に送られたが復活した。 「銀太郎」・・・:冴木神社の神使。 ツンデレニート。 「みーかーん!みーかーん!」。 「守山さん」・・・ぼくの・稲荷山戦記:稲荷神社に仕える家系の守とともに山と古墳のレジャーランド化に立ち向かう。 ここで説明してる時点でネタバレ乙。 「イナリ」・・・pop'n music:変身キャラ兼剣士キャラ。 あと糸目。 「山吹」・・・〃:上記のイナリよりもケモナー向けっぽい。 特技は横笛。 「」・・・牧場物語 3つの里の大切な友だち:主人公の性別で性別が変化する 結婚相手候補なので。 つゆくさの里を見守る神様。 〜お稲荷さまとモテモテのたたり〜:神界から押しかけてきたお稲荷様。 とってもエロい。 当たり前か• 「稲荷」・・・:魔物娘の種族のひとつで、妖狐の亜種。 妖狐よりも温和でおしとやかだが、性欲の強さは勝るとも劣らない。 高位のものは九尾の狐になるのも同様。 浮かれ狐千本桜:歌舞伎『義経千本桜』四段目「狐忠信」を基にした喜劇映画。 堺正章の父「堺駿二」 美空ひばりの『七変化狸御殿』にも出演 等、当時の日本を代表する喜劇役者が多数出演している。 恋すがた狐御殿:美空ひばり主演の「狸御殿」の系譜に連なるが、元は菊五郎劇団 つまり歌舞伎 のための北条秀司による戯曲脚本「狐と笛吹き」を援用した作品。 室町末期を舞台に人間と狐の悲恋を描く。 おこんの初恋 花嫁七変化:美空ひば ry、元は北条秀司による戯曲脚本 またかよ。 東北を舞台におこん狐の大活躍と悲恋を描く。 狐怪談:韓国の 百合ホラー映画「女校怪談」の3作目。 願いを叶える狐霊の階段という怪談 ダジャレかよ のある女子高でドロドロの情念劇が展開する。 「 白山坊 はくさんぼう 」…ゲゲゲの鬼太郎:100年以上生きた白狐の妖怪。 死のうとしている人の前に現れ、娘を捧げることを条件に望みをかなえる。 ちなみにコイツ以外にも半モブやゲストキャラとして化け狐らしきキャラが何人か確認できる。 「コックリさん」……主人公に呼び出されたイケメン設定でナルシストの狐の妖怪。 家事全般をこなすオカンでもある。 「 巴衛 ともえ 」・・・神様はじめました:元は危険な妖狐だったが現在は神使として奈々生に仕えている。 ツンデレ主夫。 「」…・・・鵺野鳴介のライバルである妖狐で初登場時は教育実習生。 その後人間の愛について学ぶという名目で医者になる。 最初は危険な敵だったが徐々に仲間となっていき、ギャグ・シリアス双方でぬ~べ~のフォロー役も行うよう に。 つまりツンデレ。 でも引き続き医者として病院に勤務している。 「」・・・:人間に転生した妖狐。 かつては危険な盗賊だったが今は穏やか なマザコン。 とはいえ戦闘ではかつての片鱗も垣間見える。 「白蔵主」・・・:紺本寺の尼。 狸の守鶴と共同で、住職も務める。 もっぱら守鶴と口論を行う。 「 七宝 しっぽう 」・・・:犬夜叉一行の一人。 まだ幼い妖狐なので戦力にはならないが変な変身が得意。 地味にのじゃショタ。 「京香」・・・きつねのよめいり:タイトル通り主人公に押しかけ女房してくる白狐。 みんなも神社はきれいにしておこう。 「こくり」・・・きつねさんに化かされたい:眼鏡メイド狐。 変化はできるが不得手。 母親の葉子は九尾のロリババア。 「子狐」…:夏目に助けられて懐いたまだ幼い妖狐。 こんなにかわいい子が女の子のはずはない。 原作では一話限りのゲストキャラだったのだが、アニオリで出番が増えて人気も上昇、とうとう原作でも再登場を果たした。 遂にはフィギュア化までするのだそうな。 「ヤヒコ」…不機嫌なモノノケ庵:性格も見た目も幼いが100年以上生きる狐神。 そんなに生きてんなら遊んでないでもっと落ち着けよと言いたい。 「 穆淸院門前稲荷桜 ぼくせいいんもんぜんいなりさくら 」・・・はいぱーぽりす:陰陽師の父と九尾の狐の母の子。 変化は苦手だが拳銃使いで空も音速で飛べる狐というのは珍しいかもしれない。 「 天日空狐 てんにちくうこ 」・・・タケヲちゃん物怪録:御年3000歳の空狐。 百鬼荘の住人で普段は青年姿。 ・・・子狐が母さん狐によって手だけ人間のものに変えられて手袋を買いに行くという童話。 イハナシダナー• 「 天狐空幻 てんこくうげん 」・・・我が家のお稲荷さま。 :封印されていた三槌家の守り神。 通称クーちゃん。 性別が不明なのでCVが二人 と もいる。 「源ちづる」・・・:玉藻前の娘。 JKやってるが400歳以上。 人間体だと。 「清原凪」「橘」・・・ふぉっくすている?:九尾の狐であることをやめた 無気力系主人公と縁談が破断して押しかけてきた幼狐。 「コン/飛車丸」・・・:春虎に仕える狐の式神で幼い少女の姿。 「」・・・:「聞き耳」の能力を持つ小夜に助けられた霊狐。 しかし彼らの国は根深い争いを続けており…• 「信田幸、結、匠、萌」…シノダ!:人間と結婚した狐とその子供たち。 かっこいい言い方をすると兄弟3人とも異能の力を持つ。 「 白狐魔丸 しらこままる 」・・・白狐魔記:仙人の下で変化の術を身につけた狐。 源平合戦から赤穂浪士まで日本の戦乱を見つめ続け、足利家を憎む同族・雅姫ともかかわっていく。 「 艶 ヤン 」…良い狩りを:母親を殺した妖怪退治師の息子 梁 リャン と交流する少女の妖狐。 「コーン・チワ」…セクシーパロディウス:1面ボス。 巨大なトウモロコシのような姿でポップコーンをまき散らして攻撃してくるが、倒すとキツネの正体をあらわす。 「」・・・:得意属性「鬼」の時に最初に召喚する召喚獣。 妖術の他に人の心の色を見られる能力を持つ。 「 狐邑祐一 こむらゆういち 」・・・緋色の欠片:攻略対象の一人で妖狐の子孫。 クーデレ。 幻術と炎を操る力を持つ。 関連作品には先祖なども出る。 「 シャオムゥ 」・・・:有栖零児の相棒であり先輩。 765 ナムコ 歳の仙狐。 やなど客演がやたら多い。 「」・・・〃:零児の宿敵。 明るいタイプのかもしれない。 客演が ry• 「 紺菊 こんぎく 」・・・:陣九郎を恋い慕う伏見の化け狐。 あとおっぱい。 「イヅナカムイ」・・・シリーズ:狐モチーフの空戦ヒューマノイド。 ワープしたりホーミング弾撃ったりできる。 亜種がそれなりにいる。 では錫杖型の武器と術を使って戦うキャラになった。 前述するハクメンスクナとは因縁の間柄。 「」・・・:ネタバレ。 「」・・・とらいあんぐるハート3:マスコットの子狐かと思ったら…ってまたネタバレじゃねえか。 「」・・・: 卯花之佐久夜姫 うのはなのさくやひめ に使える白狐。 設定はだがそんなに落ち着きはない。 「狐炎獣サエラブ/ 永恒 エイコウ 」「仙狐 狐伯蓮 コハクレン 」・・・:俊足紙耐久性能の狐男子とその主で鈍足高火力の九尾。 徐々に仲間になっていく。 「音羽葉子」・・・:音羽神社の居候で、妖狐をその正体に持つヒロイン。 初出は『夏神楽』だがその後の作品にも度度登場しては仲間になったりおまけのボスキャラだったりメインキャラ 『あおぞらマジカ!! 』のミツハや『天神楽』の滝峰七歌 の母だったり忙しい。 「妖狐」・・・:魔物娘の種族のひとつ。 好色で、男性の精を積極的に奪って魔力を高めていく。 魔力が高まると尻尾の数が増え、ついには九尾の狐へと変化する。 派生として「狐憑き」「狐火」も存在。 阿波狸合戦:前述の通り。 金長と六右衛門の対決を描いた、昭和初期の名作。 製作は新興キネマ• 平成狸合戦ぽんぽこ:前述の通り。 四国三大狸がそろい踏みする、近代日本タヌキ界の金字塔。 「刑部狸」(ゲゲゲの鬼太郎 :隠神刑部本人。 八百八狸を率いて蛟龍や大ナマズを操り鬼太郎たちを窮地に陥れる。 「 隠神刑部 いぬがみぎょうぶ 玉章 たまずき (ぬらりひょんの孫)」:隠神刑部狸によって創立された四国の妖怪組織、四国八十八鬼夜行の組長。 隠神刑部の息子で、カリスマ性あふれるサディスト。 「 隠神刑部 いぬがみぎょうぶ 」… :勢力名で、仙狸の一族。 かつて魂獣界に大戦争を引き起こし、栄華を極めながらも滅ぼされた• 「」…〃:隠神刑部一族の末裔。 ただし母親は人間で他の姉妹とは違う。 仇の血統たる白面のサイへの憎悪レベルのツンからデレに入るヒロイン。 三刀流だけどとか言うなよ!• 「ミヨ」…姫さま狸の皮算用:四国・徳島県にて金長の子孫である陸の許婚として押しかける六右衛門の子孫。 あと巨乳。 「 陰神形部 おんしんぎょうぶ 」・・・タケヲちゃん物怪録:百鬼荘の住人で八百八狸の首領。 普段は女性姿。 胸は斬新すぎる キンタマPADを入れている。 「鉄砲 撃 うた レ狸」・・・ものべの -happy end-:八百八狸の末席の雌だぬき。 子狸に見えるが400歳以上。 鉄砲を無力化する能力持ち。 ちなみに 刑部狸も存在しているが、刑部の名はからもらったという設定。 「 隠神刑部 いぬがみぎょうぶ 」… :八百八狸の総大将。 妲己と同じく衆合花街の顔役であり、彼女の店と鎬を削りあう。 片眼に傷の入った強面親爺だが、面倒見のいい親分肌。 「刑部狸」…( :魔物娘の種族名。 高レベルの変化術と商才をあわせもち、巧みに男たちをからめとる。 「 守鶴 しゅかく 」…:尾獣のうち一尾にあたる狸。 人柱力は。 クラマとはやはり仲が悪い。 「屋島ふみ」…ぶんぶくたぬきのティーパーティ:普段から人間に化けて生活している女の子。 化ける力を持たない喋る狸のお兄ちゃんがいる。 「守鶴」…:紺本寺の和尚。 分福茶釜の師匠で、彼に芸を教えている。 「分福茶釜」…:分福茶釜本人。 恩人であるおばあさんが狸に嵌められたことからすべての狸を憎むようになった獄卒兎 「 芥子 からし 」にとばっちりを喰らって襲われる。 「芝右衛門狸」…:娘を殺され悲嘆にくれる芝右衛門の前に現れた狸。 「人に化けてきてくれ」と声をかけたところ…• 「」…:団三郎狸をモチーフにした狸の大妖怪。 一説には本人とも。 狸御殿:「オペレッタ喜劇」シリーズの一つで、昭和初期の名作…だが残念ながらフィルムは現存しない。 戦後も大映を中心にリメイクや舞台化がされており、美空ひばりが松竹版でヒロイン・東宝版で男役を演じていた。 CHECKERS IN TAN TAN たぬき:80年代の人気バンド『チェッカーズ』の正体は化けタヌキだった! というトンでも設定の実写映画。 人間 ningen:フランス人とトルコ系フランス人の監督が撮った、日本の狸と狐の化かし合いを現代社会に据えて狸の主人公が人生と向き合いつつ狐の旧友を探すというアートっぽい映画。 「下鴨矢三郎」…:京都で人に紛れて暮らす化け狸の一族。 「面白く生きる」ことをモットーに、勝手気ままな生活を送る。 またひみつ道具に、タヌキ含むイヌ科動物に幻術を使わせる「」、柿の葉を千円札に変える「タヌキ財布」、人を化かす眼鏡と尻尾のセット「 タヌ機」がある。 「ポコニャン」・・・ポコニャン:名前の通り狸と猫をミックスした様な謎生物。 原作では「発明家」的ポジションが強いが、アニメ版では化ける力「化けポコリン」を使用している。 「ポコ」・・・うどんの国の金色毛鞠:四国・香川県にて宗太を迎えた化け狸。 こんなにかわいい子が女の子のはずはなかった。 「信楽」… 繰繰 ぐぐ れ! コックリさん:マダオっぽい狸の妖怪。 でもやる時はマジでダンディだったりする。 一応不良のつもりらしいヘタレ。 いじられ役。 「 信楽太夫 しがらきたゆう 」… :隠神刑部の娘。 どことなく品があって芸達者な衆合花街の人気太夫のひとり。 「 魔奴化 まぬけ 」…奇々怪界:7面ボスの化け狸。 巫女である主人公に化けてくる。 「タヌコー」…セクシーパロディウス:4-B面ボス。 炭鉱の奥底で炭坑節にのって、念力を使ったりセクシー狸に化けたりしてくる。 「たぬちよ」・・・pop'n music:三河出身であり、古だぬきことの要素と分ぶく茶釜の変身要素がある。 「 」…ほか:パワーアップアイテムの一つで、取ると狸の耳と尻尾が生えた「しっぽマリオ」狸の着ぐるみを着た「タヌキマリオ」に変身できる。 因みにルイージの場合は狐になる。 「ポン太/一条あか狸」…月華の剣士:土佐のオス狸が一条あかりに化けた隠しキャラ。 性能はあかりのコンパチだが必殺技に狸要素が混ざる。 コメント欄をリセットしました。 -- ページ作成者 2017-07-13 21:05:35• 九尾の狐とか玉藻に比べると、葛の葉のフィクションへの登場率は低い気がするな。 -- 名無しさん 2017-07-15 20:58:07• ちょっとご意見お聞かせください。 「白面金毛九尾の狐」をモチーフとした近年の日本の創作キャラクターで、「白面の者」とその存在感と邪悪さで並べる存在って誰かいますか? 今のところ羽衣狐が候補ですが、他に誰かいれば。 -- ページ作成者 2017-07-15 21:43:09• 愛が重い。 -- 名無しさん 2017-07-15 22:01:16• SCP-953ことクミホchangがいない -- 名無しさん 2017-07-17 11:06:33• 「ほんとにあった怖い話」でも狐の霊が出ていた話 2009年頃? があったけど、あれは何だろう。 -- 名無しさん 2017-08-11 21:30:10• 山田博章のBeast of Eastにも九尾の狐が出てる。 むしろ準主役級。 かなり悪どいし美しいしお勧め。 -- 名無しさん 2017-09-18 22:56:00• 項目名をもとに戻しました。 もし項目名を変更される場合は、各ページに張られているリンク名のほうも変更してください。 -- ページ作成者 2018-01-25 07:17:28• ヴァルキュリアの記事と同じ人が書いたのかな?乙です。 ただ、太字が多すぎてちと読みにくい... -- 名無しさん 2018-10-18 22:58:08• タヌキはキツネほど活躍してないというか、知名度低いというか。 まあ現実のタヌキも間が抜けてて可愛いイメージあるしな・・・ -- 名無しさん 2018-11-22 10:32:20• まあ、あの作品だと狐の方が圧倒的に出番多いけど -- 名無しさん 2019-02-09 21:54:55• 「狐七化け、狸八化け、貂の九化け」と言われているのにフィクションで目立たず、隠した扱いなイタチが哀れに思えて来た -- 名無しさん 2019-04-20 21:33:20• 現在この記事は肥大化項目に指定されています。 消すには惜しい記述も多いですが、縮小するには中見出しのうち既存記事が存在するもの・面白おかしく言い換えたものを容赦なく移設・削除して「個別項目を参照」の一文に変えるしかないかと思います。 また、それでも足りなければ「化け狐」「化け狸」項目を新設し、そこに大見出し内を丸ごと移設するしかないと思うのですが、どうでしょうか。 -- 名無しさん 2019-04-30 21:03:29• その場合には化け狐についての記述を「キツネ(新設項目)」に、化け狸は「タヌキ(既存項目)」に移植し、双方の比較部分をこの記事に残すという形にしてはいかがでしょうか -- 名無しさん 2019-05-25 17:39:19• 縮小話が持ち上がってるなら加筆するか迷うけど、八犬伝の玉梓はやってる事が女狐だけど死後に化け狸になったキャラとして追加したい。 -- 名無しさん 2019-09-21 22:55:03• 化け狐 化け狸 でそれぞれ記事をまず分割するのがいいのでは? 違いの項目も狐よりだったり狸よりだったりしてるからどっちかの項目にあればそれで済みそうな気がする。 既存でタヌキと狐娘もあるからそっちへのリンクを張るとかすればさらに記述が減りそう -- 名無しさん 2020-01-31 17:59:13• っていうか本来化け狸と狸、化け狐と狐を分割する必要性も薄いのでは? -- 名無しさん 2020-06-28 20:26:36.

次の

【小林さんちのメイドラゴン】ルコアはおっぱいドラゴン娘かわいい16

あべ か やこ おっぱい

アウアウカー Sa0d-SdlF [182. 251. 245. 31 ID:MPDdyLEUa. net! extend:on:vvvvvv:1000:512 CV:高橋未奈美 遥か昔からこちらの世界に住んでいるドラゴン娘。 本名はケツァルコアトル。 思慮深く、トールたちを見守る優しいお姉さん的な存在。 基本的には世の中を俯瞰しつつ、あちらの世界とこちらの世界のバランスを保てるよう配慮して生きてきた。 ドラゴン娘随一の巨乳で、すぐに露出の多い服を着たがるのが難点。 03 ID:wUQs4apa0. 48 ID:pMZvQOYD0. 24 ID:wUQs4apa0. 59 ID:pMZvQOYD0. 58 ID:wUQs4apa0. 84 ID:pMZvQOYD0. 47 ID:wUQs4apa0. 81 ID:pMZvQOYD0. 36 ID:wUQs4apa0. 28 ID:pMZvQOYD0. 39 ID:pMZvQOYD0. 64 ID:wUQs4apa0. 00 ID:pMZvQOYD0. 36 ID:wUQs4apa0. 52 ID:pMZvQOYD0. 29 ID:wUQs4apa0. 38 ID:pMZvQOYD0. 21 ID:wUQs4apa0. 62 ID:pMZvQOYD0. 93 ID:wUQs4apa0. 73 ID:pMZvQOYD0. 93 ID:pMZvQOYD0. 85 ID:wUQs4apa0. 55 ID:pMZvQOYD0. 75 ID:wUQs4apa0. 49 ID:pMZvQOYD0. 72 ID:wUQs4apa0. 69 ID:pMZvQOYD0. 10 ID:wUQs4apa0. 93 ID:pMZvQOYD0. 36 ID:wUQs4apa0. 15 ID:pMZvQOYD0. 38 ID:pMZvQOYD0. 61 ID:wUQs4apa0. 19 ID:pMZvQOYD0. 33 ID:wUQs4apa0. 81 ID:pMZvQOYD0. 35 ID:wUQs4apa0. 75 ID:pMZvQOYD0. 96 ID:wUQs4apa0. 16 ID:pMZvQOYD0. 90 ID:wUQs4apa0. 22 ID:pMZvQOYD0. 91 ID:wUQs4apa0. 11 ID:pMZvQOYD0. 27 ID:wUQs4apa0. 44 ID:pMZvQOYD0. 95 ID:wUQs4apa0. 83 ID:wUQs4apa0. 30 ID:pMZvQOYD0. 56 ID:wUQs4apa0. 35 ID:pMZvQOYD0. 26 ID:wUQs4apa0. 39 ID:pMZvQOYD0. 11 ID:wUQs4apa0. 18 ID:pMZvQOYD0. 16 ID:wUQs4apa0. 70 ID:pMZvQOYD0. 38 ID:wUQs4apa0. 27 ID:wUQs4apa0. 75 ID:pMZvQOYD0. 00 ID:wUQs4apa0. 39 ID:pMZvQOYD0. 73 ID:wUQs4apa0. 43 ID:pMZvQOYD0. 51 ID:wUQs4apa0. 95 ID:pMZvQOYD0. 55 ID:wUQs4apa0. 54 ID:pMZvQOYD0. 56 ID:wUQs4apa0. 36 ID:pMZvQOYD0. 02 ID:wUQs4apa0. 55 ID:pMZvQOYD0. 74 ID:wUQs4apa0. 61 ID:pMZvQOYD0. 39 ID:wUQs4apa0. 64 ID:pMZvQOYD0. 27 ID:wUQs4apa0. 26 ID:pMZvQOYD0. 54 ID:wUQs4apa0. 92 ID:pMZvQOYD0. 52 ID:wUQs4apa0. 07 ID:pMZvQOYD0. 13 ID:wUQs4apa0. 09 ID:pMZvQOYD0. 87 ID:wUQs4apa0. 05 ID:pMZvQOYD0. 79 ID:wUQs4apa0. 65 ID:pMZvQOYD0. 35 ID:wUQs4apa0. 35 ID:pMZvQOYD0. 23 ID:wUQs4apa0. 41 ID:pMZvQOYD0. 17 ID:wUQs4apa0. 87 ID:pMZvQOYD0. 67 ID:pMZvQOYD0. 08 ID:wUQs4apa0. 52 ID:pMZvQOYD0. 96 ID:wUQs4apa0. 30 ID:pMZvQOYD0. 96 ID:wUQs4apa0. 37 ID:pMZvQOYD0. 06 ID:wUQs4apa0. 28 ID:pMZvQOYD0. 89 ID:wUQs4apa0. 97 ID:pMZvQOYD0. 03 ID:wUQs4apa0. 10 ID:pMZvQOYD0. 69 ID:wUQs4apa0. 97 ID:pMZvQOYD0. 75 ID:wUQs4apa0. 89 ID:pMZvQOYD0. 57 ID:wUQs4apa0. 00 ID:pMZvQOYD0. 41 ID:wUQs4apa0. 32 ID:pMZvQOYD0. 25 ID:wUQs4apa0. 05 ID:pMZvQOYD0. 37 ID:wUQs4apa0. 25 ID:pMZvQOYD0. 89 ID:wUQs4apa0. 53 ID:pMZvQOYD0. 80 ID:wUQs4apa0. 81 ID:pMZvQOYD0. 55 ID:wUQs4apa0. 04 ID:pMZvQOYD0. 95 ID:pMZvQOYD0. 55 ID:wUQs4apa0. 66 ID:pMZvQOYD0. 39 ID:wUQs4apa0. 58 ID:pMZvQOYD0. 62 ID:wUQs4apa0. 43 ID:pMZvQOYD0. 65 ID:wUQs4apa0. 95 ID:pMZvQOYD0. 66 ID:wUQs4apa0. 23 ID:pMZvQOYD0. 31 ID:wUQs4apa0. 26 ID:pMZvQOYD0. 62 ID:wUQs4apa0. 99 ID:pMZvQOYD0. 94 ID:wUQs4apa0. 07 ID:pMZvQOYD0. 15 ID:wUQs4apa0. 37 ID:pMZvQOYD0. 07 ID:wUQs4apa0. 41 ID:pMZvQOYD0. 99 ID:wUQs4apa0. 07 ID:pMZvQOYD0. 15 ID:wUQs4apa0. 23 ID:pMZvQOYD0. 34 ID:wUQs4apa0. 57 ID:wUQs4apa0. 66 ID:pMZvQOYD0. 58 ID:wUQs4apa0. 70 ID:pMZvQOYD0. 32 ID:wUQs4apa0. 94 ID:pMZvQOYD0. 21 ID:wUQs4apa0. 22 ID:pMZvQOYD0. 19 ID:wUQs4apa0. 16 ID:pMZvQOYD0. 38 ID:wUQs4apa0. 19 ID:pMZvQOYD0. 34 ID:wUQs4apa0. 00 ID:pMZvQOYD0. 90 ID:wUQs4apa0. 03 ID:pMZvQOYD0. 53 ID:wUQs4apa0. 36 ID:pMZvQOYD0. 49 ID:wUQs4apa0. 95 ID:pMZvQOYD0. 51 ID:wUQs4apa0. 69 ID:pMZvQOYD0. 60 ID:wUQs4apa0. 84 ID:pMZvQOYD0. 42 ID:wUQs4apa0. 13 ID:pMZvQOYD0. 75 ID:pMZvQOYD0. 56 ID:wUQs4apa0. 24 ID:pMZvQOYD0. 18 ID:wUQs4apa0. 11 ID:pMZvQOYD0. 23 ID:wUQs4apa0. 75 ID:pMZvQOYD0. 13 ID:wUQs4apa0. 06 ID:pMZvQOYD0. 85 ID:wUQs4apa0. 11 ID:pMZvQOYD0. 63 ID:wUQs4apa0. 07 ID:pMZvQOYD0. 74 ID:wUQs4apa0. 00 ID:pMZvQOYD0. 84 ID:wUQs4apa0. 64 ID:pMZvQOYD0. 83 ID:wUQs4apa0. 38 ID:pMZvQOYD0. 46 ID:wUQs4apa0. 42 ID:pMZvQOYD0. 58 ID:pMZvQOYD0. 22 ID:wUQs4apa0. 13 ID:pMZvQOYD0. 92 ID:wUQs4apa0. 01 ID:pMZvQOYD0. 87 ID:wUQs4apa0. 89 ID:pMZvQOYD0. 80 ID:wUQs4apa0. 72 ID:pMZvQOYD0. 51 ID:wUQs4apa0. 14 ID:pMZvQOYD0. 66 ID:wUQs4apa0. 00 ID:pMZvQOYD0. 25 ID:wUQs4apa0.

次の

化け狐・化け狸

あべ か やこ おっぱい

youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. livedoor. chagasi.

次の