ツイート 全削除。 『Twitter』ツイートの削除方法・複数投稿を一括で消す方法 注意点【2019版】

ツイートの一括削除にはツールが便利!全削除の注意点と削除できない場合の対応まで

ツイート 全削除

ツイートを全消しできるツール 過去のつぶやきを一括でツイ消しできるツールは、黒歴史クリーナーといいます。 このツールの特徴は 「とにかく大量のツイートを一括で削除できる」ことです。 他にも次のようなメリットがあります。 削除したい ツイートの期間を具体的に指定して削除できますし、リプライやふぁぼをもらったツイートを保護してそれ以外のツイートを削除することもできます。 削除したいツイートがいっぱいある人は黒歴史クリーナーを使って一括削除してすっきりしてしまいましょう。 メリットだけではなく、逆に次のようなデメリットや注意点もあるので気を付けましょう。 ツイートを全消しするにはアカウントにメールアドレスを登録しておく必要があります。 また、カウントされているツイート数と実際のツイートの表示にばらつきが生じます(実際に削除はされているので大丈夫です)。 一度削除したツイートの復元はできません。 一つのメールアドレスに対し一つのアカウントしか利用することができないため、複数のアカウントを持っている人はツイートを削除したいアカウントのメールアドレス登録が少々面倒になるかもしれません。 さらに詳しく 黒歴史クリーナーの使い方や危険性について知りたい場合は下記の記事を参考にしてください。 ツイートを選択削除したいならTwitools ツイートを全削除ではなく選択して削除したい場合もあります。 そんな時に公式ツイッターでは、毎回ツイートを選択し、削除を繰り返さなければならず、多くのツイートを削除したい場合に不便です。 そんなときに使いたいツールが 『Twitools』です。 このツールの特徴は次の点です。 ・多くのツイートを選択し、一括削除できる ・RTも選択削除できる 公式ツイッターのように毎回削除を選択する必要がなく、削除したいツイートを選択して「一括」で削除できることが最大の特徴です。 しかしやはり黒歴史クリーナーと同様に以下のように注意したい点もあるので気を付けましょう。 ・大量のツイートを削除したいときには手間がかかる ・削除したツイートは復元できない ツイートを選択する必要があるため大量のツイートを削除したいときにはその選択をするために手間がかかること、黒歴史クリーナーと同様に一度削除してしまったツイートは復元することができないので気を付けましょう。 Twitoolsの使い方 それでは具体的に Twitools の使い方を紹介します。 ログインして連携アプリを認証します 3. 「ツイート選択削除」を選択します 他にもいろいろな機能があるのでツイート削除が終わったら使ってみてもいいかもしれませんね。 削除したいツイートを選択します 5. 「削除」を選択します 6. 削除したことをフォロワーに伝えたいときにはその内容を記入し、「ツイートする」を選択します(伝える必要がないときには何もせずに大丈夫です) 以上がTwitoolsの紹介となります。 操作方法は簡単なので使いやすいツールではあります。 ツイートの削除は全消しと選択削除でツールを使い分ける 『黒歴史クリーナー』 と 『Twitools』 の特徴と使い方はお分かりいただけたでしょうか?最後にこの二つのツール、結局どっちを使ったらいいの?と思った方に向けて両者の使い分けの方法を説明します。 Twitterを自動ツイートしてフォロワーを増やす方法を以下の記事で紹介しています。 興味がある人はチェックしてください。

次の

【Twitter】ツイートを全削除(一括削除)する方法【スマホ / PC】

ツイート 全削除

:フォロワーやユーザーネームを失うことなく、Twitterをゼロからスタートしたくはありませんか? そのような場合は、ツイートをすべて(あるいはほとんど)削除すると良いかもしれません。 Twitterを白紙の状態に戻して、再出発を望む理由はいくつかあるでしょう。 2006年に同プラットフォームが登場したときからツイートしてきたのであれば、過去のツイートはもう時代遅れの内容になってしまっているかもしれません。 周囲に影響を与えるようなツイートを発信するために、パーソナリティーのイメージチェンジをする必要があるかもしれません。 または、消しておいたほうが良い、恥ずかしいちょっとしたツイートがあるかもしれません。 理由が何であれ、私たちはその良しあしを判断せず、単純にお役に立ちたいと思っています。 免責事項:アプリはすべて実際に試した上で紹介していますが、ご自身のTwitterアカウントへアクセスさせるかどうかは、すべて、使用者が自己責任のもとに行ってください なお、削除したいツイート数が3200件未満であれば、処理は非常に簡単です。 それ以上ある場合は、多少手間がかかります。 その理由はTwitter側にあります。 Twitterが保存するデータとは? 一般的に、アクセスできるツイートは最新の3200件のみと認識されていますが、これは事実ではありません。 タイムラインに表示されるツイート数はTwitterにより制限されていますが、Twitterは2014年にこの制限を解除し、すべてのツイートを対象に検索できるようになりました。 5年前、自分がとても何かに興奮していると世間にツイートしたとしましょう。 Twitterによる制限があるため、サードパーティーのアプリで最新の3200件以前のツイートを検索することはできませんが、それが他人の目にふれる可能性は残ります。 削除されたツイートはどうなるのか? ツイートをまとめて削除すると、フィードに反映されるまで時間がかかる可能性があります。 これは、使用するアプリが、1時間当たりにTwitterに送信できるリクエスト数が限られているためです。 数千単位のツイートを削除する場合に、時間がかかるのは仕方がありません。 ただ、マニュアルで処理するよりは確実に良いはずです。 ツイートの削除について、。 ツイートを削除すると、そのツイートはあなたのアカウントと、あなたがフォローしている、すべてのアカウントのタイムラインから削除され、Twitterの検索結果にも含まれなくなります。 削除されたツイートのリツイートも、同様に削除されます。 ほかのユーザーがあなたのツイートを引用している場合(たとえば、あなたのテキストの一部または全部をコピー・アンド・ペーストで自分のツイートに貼り付けている場合)、それらのツイートは削除されません。 ほかのユーザーが、自分のコメントを添えてあなたのツイートをリツイートしている場合、そのユーザーのツイートが削除されることはありません。 ツイートがサードパーティーのウェブサイト、アプリ、検索エンジンでキャッシュされたり、されたりする場合があります。 Twitter上にないツイートは削除することはできません。 古いツイートの保存 一度ツイートの削除を指示すると、後戻りはできません。 削除されたツイートは戻すことはできません。 完全に削除してしまって良いか不安が残る場合、が可能です。 これらのファイルには、送信したすべてのツイートやリツイートが含まれています。 履歴をダウンロードするには、上部にある歯車アイコン>「設定」>ユーザー情報の順に移動します。 それから、ページの下のほうにある「全ツイート履歴をリクエストする」ボタンをクリックします。 しばらくすると、ツイート履歴をダウンロードできるリンクが記載されたメールが届きます。 そこへ飛んで、履歴をダウンロードしましょう。 ツイート履歴はZIP形式ファイルに、JSONまたはCSVフォーマットで保存されています。 HTMLファイルは、Twitterスタイルと同じですが、オフライン上ですべての履歴を検索することができます。 また、このデータはさまざまな方法で利用が可能です。 特定の日より前のツイートを削除するには すべてを白紙に戻すのはあまり気が進まないという場合は、特定の期日以前のツイートだけを削除するのが、合理的かもしれません。 これにぴったりのツールが「」です。 「Tweet Eraser」にサインインすると、日付、キーワード、あるいはハッシュタグでツイートをフィルターにかけることができます。 その後、削除したいツイートを個別に選択するか、検索パラメーターに合致するツイートすべてをワンクリックで選択することができます。 時間がかかる場合もありますが、焦らずに処理しましょう。 APIによる制限があるため、この処理の対象となるのは最新の3200ツイートのみです。 1年以上前のツイートの削除 「」は、ある期間を過ぎたツイートを、自動的に削除する無料のツールです。 削除される期間の選択肢は、現在以下の通りです。 ツイート後、1週間経過• ツイート後、2週間経過• ツイート後、1カ月経過• ツイート後、2カ月経過• ツイート後、6カ月経過• ツイート後、1年経過 こちらもまた、Twitterの制限があるため、対象となるのは最新の3200ツイートのみとなります。 スクリプトは定期的に実行され、設定した期間に新たに合致するツイートを見つけ、自動的に削除します。 もちろん、削除されたツイートを復元することはできません。 すべてのツイートを削除するには 思い切って、これまでに送信したすべてのツイートを削除したいのであれば、「」、または「」をお勧めします。 「TwitWipe」は、ツイート数が3200件未満の場合にお勧めしたいシンプルな無償ツールです。 ツイート数が3200件を超える場合は、無料のオープンソースツール、「Twitter Archive Eraser(TAE)」を使うと良いでしょう。 残念ながら、対応するOSはWindowsに限られます。 MacやLinuxに対応する同様のソリューションはまだ見つかっていません。 TAEでは、先ほどダウンロードしたツイート履歴を使います。 それには、各ツイートすべてに対応するツイートIDが含まれており、TAEはそれを利用して、制限があるためほかのアプリでは実現できなかった、すべてのツイートの検索を行います。 要するに、いくらでもツイートを削除できるということです。 常にアカウントを整理しておくには いったんTwitterアカウントを整理したら、その状態を保つようにしましょう。 すでに書いた通り、「TweetDelete」を使えば自動的に古いツイートを削除できます。 その他、Xpireというツールもお勧めです。 Xpireは、とに対応した無料アプリです。 主に、特定ツイートを簡単に削除したり、個々のツイート(およびFacebookの投稿)が一定期間後に「自動消去」されたりするように設定が可能です。 パソコンを使わずに、携帯電話からTwitterフィードをすっきりさせられます。 アカウントを削除しますか? ツイートは、削除されたあとも、法的理由で提示が必要となった場合に備え、Twitter側で記録が保持されます。 しかし、過去のツイートを削除すると、普通の人や詮索好きな雇用主、あるいはマスコミがそれらを検索することはできなくなります。 |MakeUseOf Rob Nightingale(訳:) Photo by Shutterstock.

次の

Twitterのツイート・つぶやきを個別あるいは一括削除してきれいさっぱりする方法

ツイート 全削除

ツイートを全消し(一括削除)する方法 ツイートを全消しできるツールはいくつか存在するのですが、その中でも2012年から運営されている「黒歴史クリーナー」を使った削除方法をご紹介いたします。 毎日数百人のユーザーが利用しているので安全性も高いです。 黒歴史クリーナー ツイート数が3,200未満の場合 まずはにアクセスして下さい。 「ツイッターでログイン」という項目をタップするとログイン画面が表示されるのでユーザー名やパスワードを入力してお使いのアカウントと黒歴史クリーナーを連携させましょう。 鍵垢にしてツイートを非公開にしていても利用可能です。 続いて「削除設定ページへ」進み、通知設定の欄の開始メッセージと完了メッセージを消して空欄にしておきましょう。 こちらを空欄にしておかないと黒歴史クリーナーを利用していることがツイートされフォロワーに知られてしまいます。 最後に画面最下部の「削除を開始する」をタップして数分も待てば全てのツイートが削除されます。 ツイート数が3,200以上の場合 これまでのツイート数が3,200以上だったり、何年も前のツイートの場合はTwitterのAPI上、全て削除できないケースがあるので以下の方法で削除して下さい。 尚、こちらの方法はiPhoneやAndroid端末からではなくPCから行う必要があります。 パソコンをお持ちでない方は2回目、3回目と繰り返し削除作業を行うようにしてください。 追記 現在、全ツイート履歴をアップロードして削除する機能は停止されています。 後述しているの有料プランであれば、全ツイート履歴による削除が可能です。 それでは具体的な手順に移ります。 続いて「Twitterデータ」へと進み、パスワードを入力して確認を押してください。 そうすると「データをリクエスト」という項目があります。 こちらをクリックすると登録しているメールアドレス宛にツイート履歴のダウンロードリンクが送られてくるので「ダウンロードする」をクリックしてzipファイルをダウンロードします。 ダウンロードが完了したらの「削除設定ページ」へと進み、ツイートの取得方法を「全ツイート履歴」に変更してzipファイルをアップロードします。 最後に「削除を開始する」をクリックすればツイート数が3,200以上であっても全消しすることができます。 ツイートを選択削除する方法 ツイートの一括削除ツール! こちらのツールは以下のように指定した条件に当てはまるツイートを取得して削除できるのが好評です。 画像の有無• 特定の単語を含む、含まない• 特定の日付以前、以降 にアクセスしたら「ツイッター認証」をタップし、ログイン情報を入力してアカウントを連携させます。 連携が済んだら「メニューを選ぼう!」にてご自身が残しておきたいツイートが削除されないように条件を指定して下さい。 例えば画像付きのツイートを残したい場合は「画像がないツイートをすべて削除する」にチェックを入れます。 2019年のツイートは残して2018年以前のツイートを消したい場合は日付指定にチェックを入れて「2018年12月31日以前のツイートをすべて削除する」とします。 条件を指定したら「削除対象のツイート件数を取得」をタップして「削除を実行」を押せば条件に当てはまるツイートのみを削除することができます。 TweetDeleter Twitterアプリやブラウザ版Twitterから一件一件のツイートを削除していくのは面倒だけれども、ツールでまとめて消すのは大事なツイートも消してしまいそうで不安という方におすすめしたいのが、「」です。 サイトにアクセスしたら「Twitterでサインイン」をタップしてログイン情報を入力して連携アプリを認証します。 連携が完了すると、これまでに投稿したツイートが一覧で表示されます。 削除したいツイートだけチェックを付けていき「ツイートを削除(件数)」をタップすれば選択したツイートのみを削除することができます。 「並べ替え」からリツイートやリプライだけを表示させたり、画像付きツイートだけを表示させることもできるので上手く活用してください。 月額の有料プランにはなるのですが、古いツイートを自動削除してくれる機能もあるので、定期的にツイ消ししたい方には非常に便利なサービスです。 まとめ 過去に投稿したツイートの一括削除や選択削除に関する解説は以上です。 最初は難しく感じるかもしれませんが、一度手順を覚えると次回からは簡単にツイートを削除できるようになると思います。 用途に合わせて上手にツールを使い分けてみて下さい。

次の