足立区うさぎケージ事件。 うさぎケージ事件の『家族』~悪魔の夫婦と7人の子羊・後編

【東京・足立】3歳次男をうさぎケージで虐待死させた父母の罪と罰: トンボログ

足立区うさぎケージ事件

2015年4月28日、2年前から行方不明になっている男児を虐待して死亡させた両親が逮捕されました。 (スポンサーリンク) 東京・足立虐待事件 監禁致死と死体遺棄容疑で逮捕されたのは、いずれも無職で、東京都足立区入谷在住の31歳父親と28歳の母親です。 この両親は、2012年12月から約3ヶ月間、自宅アパートで、当時3歳の次男をうさぎ用のかごに入れ、中から扉が開かないようにして監禁しました。 2013年3月には、口にタオルをまくなどの暴行を加えて窒息死させ、遺体を段ボール箱に入れて足立区千住の荒川に捨てた疑いが持たれています。 うさぎ用ケージイメージ(Amazonリンク) 3歳次男をうさぎケージで虐待 両親は、うさぎ用のかごに監禁して死亡させた事を認めていますが、遺体が見つからないまま監禁致死容疑で立件するのは極めて異例という事です。 父親は「騒ぐので口にタオルをまいた。 死体を遺棄したのは間違いないが、荒川ではなく山梨に埋めた」と供述しています。 母親は「言うことを聞かないので監禁するようになった」と話し、食事は2〜3日に1度しか与えていませんでした。 (スポンサーリンク) うさぎケージで虐待死させた両親の罪と罰 容疑の両親は、約3ヶ月間、当時3歳の次男をうさぎ用のかごに入れ、中から扉が開かないようにして監禁し、死亡させました。 不法に人を監禁し死亡させる行為は、刑法第221条の監禁致死罪を構成し、3年以上の有期懲役(20年以下)が科せられます。 また、遺体を段ボール箱に入れて荒川に捨てているので、刑法第190条の死体遺棄罪を構成し、3年以下の懲役が科せられます。 監禁致死と死体遺棄罪は、一般に併合罪の関係にあるため、長い方の刑期の1. 5倍の刑期を上限として刑が下されることとなります。 東京・足立虐待事件のまとめ 聞いただけで胸がムカムカしてくる事件です。 父親はこの他に、次女の顔を殴り負傷させたなどとして実刑判決を受けています。 母親の方も児童手当を詐取したなどとして、執行猶予付きの有罪判決を受けています。 識者は、「経済的困窮など家庭生活のストレスが『育てにくい』と感じた子に向かったのではないか」と分析していますが、この両親に限っては、そのような大層な理由づけは要りません。 タオルを口に巻いて死亡させる行為は「殺人」です。 この両親には、やった行為に即した正しい「罪と罰」を与えるべきでしょう。 (スポンサーリンク) (関連記事).

次の

【独占インタビュー】男児うさぎケージ監禁事件・母親の皆川朋美容疑者「かわいそうなことをしてしまった」 | ガジェット通信 GetNews

足立区うさぎケージ事件

「職がない」「資産がない」「親族からの援助がない」等の点は基本的な申請資格と言っても良い条件であり、それら自体は申請が通る理由とまではいきません。 受給資格の有無は、それらをふまえ、具体的にいかなる理由で充分に働けず、よってどの程度生活が苦しいのか、という事を個別に考慮し決定されます。 そのため自治体および担当者によって対応結果に大差があり、それも最近、問題になっていますね。 本件の場合は、幼い子どもを多数抱えていた点が大きいと思われます。 育児で妻が働くこともできない中、夫の正規雇用先が見つからないことを理由に「生活が苦しい」とするのは通り得る内容です。 その上で、詐欺に長けた彼らであれば、申請時に相当の演技で担当者を欺いた可能性もあります。 ただ、生活保護受給者は、申請時の直接的な面談だけでなく、その後も定期的な【現況報告】が必要です。 それもルール上では、毎回対面形式でなければならず、担当者は家宅訪問もし、生活状況と就労状況を定期的に 厳密には毎月なのですが 調査しなければなりません。 その点から本件を考えると、彼らへの継続支給は、確かに自治体および担当者の怠慢と言わざるを得ません。 彼らの就労・養育・出費状況などの異常さは、訪問と対面できちんと継続的に調べていたなら、気づかないはずがないからです。 ただ、気になる点もあります。 これは完全に私の推測なのですが、あの明らかに健康体な三十路男はおそらく、妻に精神疾患があるとか、育児ノイローゼであるとかいう『何らかの診断書』を提示し、それを自分が正規で長時間働けない理由に加えていたと思われます。 そうなると、増える一方の乳幼児を養わない訳にもいかない中、一度通っている申請を覆して支給停止するには、それ相応の理由がますます必要となります。 いずれにせよ2013年以降、警戒を強めた児相・役所や警察が本格的に動き出し、その成果が去年、今年と続々出ていることについては一定の評価ができます。 遺体未発見のまま監禁致死で立件という異例さも、この事件の悪質さに対する国の怒りが伝わります。 ただ、それは同時に、つまりそれほど状況証拠が揃っているということです。 そもそも足立への転入前から、子の保護記録があったり、子に無料健診を受けさせていなかったりした点はすぐに判明したはずで、親としてはこれだけでもすでに黄信号。 行政ばかりを多くを責めることはできませんが、何とかもう少し早く暴けなかったものでしょうかね。 あの鬼畜二人をもっと早めに引き離し、あれ以上子を産ませないと共に、すでに生まれてきた子達には全員生き延びてもらいたかったです。 たとえその先がずっと茨の道の人生であっても、体育座りしかできないようなカゴに閉じ込められ、意図的な飢えと暴力で殺され、排泄物にまみれて捨てられ終える人生よりは、マシな道がいくらでもあるでしょう。 だから、りくと君にも生きていて欲しかったです。 その、失われたりくと君の存在こそが、彼らの悪行暴露に導いた光でもありますが。 もうすぐ私の息子も3才になります。 もう自分でトイレ行けますから、おむつなんて寝る時だけです。 全く苦じゃありません。 想像すると、ただただ、つらいです。 長々と私情も含め失礼いたしました。 資産なし・家なしで簡単に受給できるから、若い夫婦でも43万円の生活保護費がもらえるのね~ 月額43万円って、これじゃ~働くより多いじゃないか~ 賃金で手取り43万円だと、額面上50万円以上稼がないと無理! それに生活保護者は、税金面や医療費等控除でしょ? 学校給食費や修学旅行代等も別途支給だし、子供が新学期になると準備金としていくらか補助が出るらしい。 現金支給が良くない。 やはり、賃貸も市営などするべき。 食費なども現物支給か、ここのスーパでしか使えないクーポン券にするなど工夫しないと不正受給者が増える一方だと思う。 個人情報とかいちいちうるさいけど、やはり生活保護受給者は、周囲に生活保護受給者だと分かるようにするべき。 そして周囲がチェックするべきだと思う。 皆川容疑者の近所の人は、毎日外食なのでお金持ちかと思ったらしい インタビューで答えてた 私たちの納税者はどのように税金が使われているか、知る権利がある。 じゃないと普通に働くことがバカバカしく思えてくる。

次の

子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた…

足立区うさぎケージ事件

東京都足立区入谷で、当時3歳の皆川玲空斗(りくと)君をうさぎ用のかごで監禁し、2013年3月口にタオルをまくなどして窒息死させ遺体を捨てたとして、父親の皆川忍容疑者(31)と妻の朋美容疑者(28)が監禁致死と死体遺棄容疑で逮捕された事件。 しかしガジェット通信のインタビューによれば、母親である皆川朋美容疑者は夫が玲空斗君の口にタオルを巻き窒息死させた夜、早く寝てしまっており、致死には関係していないと述べています。 ガジェット通信では、母親である朋美容疑者の現在の心境を知るべく、岩崎弁護士に質問を託しインタビューを実施しました。 朋美容疑者「(監禁は)忍さんがやり始めました」 ーーまずは、玲空斗君を亡くしてしまったということに対する率直なお気持ちをお聞かせ下さい。 皆川朋美容疑者(以下・朋美):とてもかわいそうに思っています。 今も夫である忍さんは好きです。 ただ、今は、素直に好きとはいえない。 正直に今回の事件のことを話して、罪を償ってくれれば、忍さんとはまた一緒に暮らしたいという気持ちもないわけではありません。 当時は、忍さんが好きという気持ちが強かったので、死体遺棄までしたが、今思うと、玲空斗にはとてもかわいそうなことをしてしまったし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 ーー玲空斗君の監禁致死と死体遺棄を疑われて逮捕されました。 まずウサギ小屋に入れようというきっかけは、忍容疑者と朋美容疑者のどちらから言い出したことなのでしょうか? 朋美:忍さんがやり始めました。 玲空斗は、外食に連れて行ってお腹いっぱいになった後でも、なんでも食べてしまっていました。 砂糖やゴマ油、生のシシャモを食べることもありました。 玲空斗は、知的成長が遅かったので、単語しか話せず、お腹が空いたとも言えません。 そのため、勝手に食べられないように、ケージに入れるようになりました。 報道にあるように、2~3日に1回しかご飯を与えなかったのは、事件から1か月前の2月くらいからのことです。 ーーウサギ小屋に入れるということが、「しつけ」の範疇を超えて、「監禁」「虐待」という意識はなかったのでしょうか? 朋美:そのときは思いませんでした。 玲空斗が亡くなったことで、虐待にあたるものだと感じるようになりました。 朋美容疑者「タオルを巻いているところは目撃も加担もしていません」 ーー忍容疑者が「口でタオルを巻いた」ところを目撃していますか? その行為に加担をしていますか? 朋美:ケージに入っていたことは見ています。 その後、私は寝ました。 朝、忍さんに起こされると、玲空斗が口にタオルを巻かれている姿を見ました。 息をしておらず、亡くなっているようでした。 そのため、玲空斗の口にタオルを巻いたことについては、目撃も、加担もしていません。 ーー忍容疑者は次女に暴行した容疑で実刑判決を受けています。 その時から「家族が危ない」という意識はなかったのでしょうか? 朋美:玲空斗が亡くなった時から、そういう意識が出ました。 それまではありませんでした。 暴行や監禁を行ったのは、次男、次女だけで、他の子には特に暴力をふるうこともしていません。 次男と次女が、知的に成長が遅れていて、それで忍さんが怒ることが多かったです。 次女への暴行については、私はいつも止めていましたが、かばいきれませんでした。 ーー他のお子さんたちと結果として離れ離れとなっている現状について、率直なお気持ちをお聞かせください。 朋美:とてもかわいそうに思いますし、私も大きな責任を感じています。 私があの日、寝ていなければ、今とは違う現実があるのではないかと考え、あの日に寝てしまったことを後悔しています。 智美容疑者「生活の基盤を作って、子どもたちを返してもらえるよう頑張りたい」 ーー朋美容疑者自身、生活保護を不正受給したことで執行猶予つきの判決を受けています。 定職を探すなど、働く意志はなかったのでしょうか。 朋美:働く意志は今でもあります。 コンビニをはじめ、アルバイトの面接に行くなど、就職活動はしましたが、どこにも採用されませんでした。 ーー今後の裁判で主張したいこと。 罪を償った後にどのような人生を送っていきたいと考えているのか、お聞かせください。 朋美:仕事をするなどして、生活の基盤をまずは作っていきたいです。 そして、現在児童福祉施設に入っていて、会うこともできない子ども達を1人でも多く返してもらえるように頑張っていきたいと思っています。 起こるべくして起こった事件 朋美容疑者の右手人差し指には、客としてホストクラブで出会った夫の名前である「忍」の文字のタトゥーが入っています。 数年前、子どもが産まれた後入れたタトゥーで、子どもの名前ではなく、夫の名前であるあたりにいまだ夫に「入れ込んでいる」朋美容疑者の気持ちが伺えます。 相当夫に惚れていたということなのでしょう。 また、月の半分を家族で外食に行っていたという皆川夫妻。 生活保護費の多くがそこで使われてしまっていたようです。 知的成長が遅れていたと朋美容疑者が述べている次女と次男の玲空斗君は、事件が起こる1~2ヶ月前から外食時には留守番をさせるようになり、玲空斗君はうさぎのケージに入れ、次女には犬の胴輪(ハーネス)を身に着けさせて身動きを取れないようにしていたといいます。 食事を2~3日に1回しか与えなかったという報道もあります。 まさに人としての尊厳を奪うような虐待が行われていたと言わざるを得ません。 外食費と同じく、家計を圧迫していたのがペットの存在です。 玲空斗くんが入れられていたケージでは元々うさぎが複数羽を飼っていたのですが、いずれも短命だったといいます。 このような皆川家の生活を知ると、家族や生き物への愛情の向け方や金銭感覚が常軌を逸しており、「起こるべくして起こった事件」と言わざるを得ません。 しかし一方で「監禁」と「監禁致死」では罪状がまったく違うのも事実。 マスメディアでは先行して母親である朋美容疑者も「致死」に加担したかのような報道がなされていますが、本人はガジェット通信のインタビューに対し加担していないと述べています。 果たして事実はどうなのか。 公正な裁判が望まれます。 情報源に関する秘密は守ります。 また、弁護士など事実を知りうる方からの情報提供もお待ちしております。

次の