ゴールデンカムイ ネタバレ。 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ242話ネタバレ考察感想あらすじ!杉元が埋蔵金を求める理由

ゴールデンカムイ ネタバレ

2020年5月21日発売の週刊ヤングジャンプ2020年25号で、『ゴールデンカムイ』241話が掲載されました。 ゴールデンカムイ241話は、札幌へと向かう杉元達は一旦休憩をし始めます。 海賊は白石に何故杉元達についているのかと聞くと、白石は成り行きで手を組んでいると答えるも、海賊は余程の勝算があってついているのだと察したのです。 一方、アシリパは杉元にアイヌ文化について話をしている際に、亡き父親との会話を思い出していました。 それと同時に彼女には一つの悩みが出てきましたが、果たして彼女が抱えている悩みは一体何なのでしょうか。 本記事では、ゴールデンカムイ241話『消えたカムイ』のあらすじと感想を紹介していきます。 ゴールデンカムイ241話のあらすじネタバレ 札幌に向かっている杉元達は一旦休息し、杉元はアシリパと行動を共にしているようです。 アシリパは杉元が見ている花はカリンパニと言って、花が咲いたら鹿の毛が生え変わって肉も美味しくなる知らせだと言われていると言うと、杉元は良い知らせだと言いました。 桜の樹皮は弓にぐるぐる巻いて折れないように強くし、マキリや矢筒にも巻いて使うのだと杉元に説明していくアシリパ。 アシリパはオンコの木はクネニと呼んでいて、弓の木と呼ばれていると説明し、クネニじゃない木で作った弓は糸をずっと張っておくと曲がると言います。 マユミの木はカスプニと呼んでいて杓子の木と呼ばれていて、杓子やヘラ、キテ、ヘペライと言う花矢にも使う木だと説明するアシリパ。 花矢は子熊をカムイの住むところへ導くものだと説明するアシリパに、杉元はマユミの木は大切な木なのだと実感していました。 その頃、海賊と白石は二人きりで休んでおり、海賊は杉元はいつもアシリパから離れないなと言うと、白石はアシリパは狩りがうまいから重宝していると口にします。 海賊は第七師団や土方を相手にしているのに勝率的に不利な杉元達に白石が行動をしている事に疑問を抱いた海賊は疑問をぶつけると、白石は成り行きだとはぐらかしました。 しかし、海賊はそれは余程の勝算があるって事だろと聞くと白石はだんまりを決め込んだのです。 そして海賊はアシリパはのっぺら坊と同じ目をしているよなと聞くと、白石はロシアの血が混ざったアイヌ人は珍しいと言いつつも、のっぺら坊と同じ目なのに関しては余り信じていないようです。 海賊は信用できないのはお互い様だが、手を組むにはある程度の情報を共有しないといけないと言うと、白石は自分も海賊が思っているような信用はされてないと答えます。 そうしたら海賊は支笏湖で砂金と一緒に沈んでいた金貨を白石に見せると、金貨に書かれている刻印は自分の入れ墨と同じじゃないかと言いました。 その頃、杉元とアシリパはアッカムイを見つけていました。 アッカムイは子守のカムイであり人を助けるカムイでもあり、夫婦仲を壊そうと邪魔する悪い蛇のカムイから守ってくれるみたいです。 アシリパは人を助けるカムイはホロケウカムイもそうだと言うと、幼い頃の出来事を思い出します。 アシリパの父親は幼い頃のアシリパに星座の事を教えていました。 アイヌには独自の星座が存在するとの事です。 そしてホロケウカムイのノチウについて説明している父親にアシリパはホロケウとはどんなカムイなのかと尋ねると、父親は消えてしまったカムイだと言います。 現在に至り、アシリパはその後にレタラと出会えたからこれから生まれる子供達にもホロケウカムイがどんな姿か見られるといいなと呟いたのです。 アシリパはアチャの存在が暗号を解く鍵であり、キロランケニシパは砂金を奪うのを阻止するためにアチャを始末したのだと、埋蔵金に辿り着ければ何故2人が命を落とさなければいけなかったのか分かるかもしれないけど、2人の人生を狂わせた金塊を見つけたほうがいいのかと疑問に思っているみたいです。 アシリパは杉元にもし金塊を見つけられなかったらどうするのかと尋ねると共に心の中でもし見つからなければ自分の元から離れるんだろうなと思っていました。 杉元は自分達の周りの木に切り込みがあったので、アシリパは離れたほうがいいと口にしたと同時に木々が倒れてきました。 ゴールデンカムイ241話の感想と考察 杉元にアイヌの事を教えているアシリパは本当に楽しそうでしたね。 本当にまるでカップルみたいですし、アシリパの質問を聞いているときの杉元も楽しそうでしたね。 そんな彼らに対して木々を倒してきた者達は何者なのかなと思いましたね。 菊田達と土方達は札幌におり、鶴見率いる第七師団の本隊は札幌にいるので、別の勢力なのではないかと思いますが果たして何者なのか気になりますね。 次回242話は杉元とアシリパが逃げながら、白石と海賊と共に逃げるのではないかと思います。 切れ込みに入れられている木々はとても大きい木ばかりなので、上手くいけば怪我が無く無事に済むとは思いますが、もし潰されてしまえば重傷を負ってしまうか、命を落としてしまう可能性は十二分にあるでしょう。 杉元とアシリパはこの後札幌に行って、場合によって第七師団や土方達と鉢合わせする可能性を踏まえて無傷で札幌に行きたいと思っているはずなので逃げると思います。 その途中で白石と海賊の元に合流して共に逃げるように言うと思います。 白石と海賊も杉元達が来る前から何となく木々がこちらに向かってきていると察していると思いますので、もしかしたら杉元達が来るよりも前に逃げている可能性があるでしょう。

次の

ゴールデンカムイ169話ネタバレと考察「アシリパの父を知る囚人」

ゴールデンカムイ ネタバレ

ゴールデンカムイ238話のネタバレ確定速報! 2020年4月23日発売の週刊ヤングジャンプのゴールデンカムイ238話より、確定速報を紹介します。 ゴールデンカムイ238話ネタバレ確定「杉元、海賊房太郎と組む!」 前回、船上で争った杉元たちと海賊房太郎たち。 最終的には房太郎の髪が船の外輪にひっかかり、ピンチになったところを杉元が助けて終わりました。 戦闘が終わり、船上では船長が外輪が破損されて着岸できず怒ってます。 出典: 杉元たちは船から去ることにします。 そこで杉元が 「海賊房太郎と手を組もう」 そう言い出します。 はたして杉元の真意は? 杉元は房太郎が言う金塊の眠ってる場所の情報を知りたくて手を組むのか? じゃあ、刺青人皮を集めるのをやめるのか?と房太郎に問われ、杉元は 「いや、刺青人皮集めは継続する」 そう答えます。 じゃあ何のために手を組むのか? 若山親分は全部集まるわけないから無駄だと言っていたが、杉元の考えは違います。 今、刺青人皮を抑えている勢力が二つ。 鶴見注意と土方歳三。 あの切れ者の二人が刺青人皮集めを継続してること。 その事実を無視することはできないという。 切れ者の二人だから、刺青人皮集めが無駄ならとっくに止めているだろう。 しかし継続してるということは、何か集める意味があるということ。 では集まった刺青人皮をぶんどるつもりなのか? 杉元は言います。 「俺たちは刺青人皮集めでは圧倒的に不利だった」 そして、「これは俺の勘だが」と前置きしながら、 「もし埋蔵金の場所を特定できているなら、それが土方歳三や鶴見中尉を出し抜く唯一の方法になる」 うーん、取引の材料にするつもりだろうか。 まあアシリパがいる時点で少し有利だと思うが、多勢に無勢で、人数的にも少し不利な気がする。 埋蔵金のありかを聞き出すために海賊房太郎を拷問したとしても、そんな方法で聞いた情報はあてになりません。 だったら手を組む方が合理的、そう考えたようです。 それに対し、海賊房太郎は 「俺の情報は刺青人皮が集めらたら教えてもいい」 まあ、先に教えたら自分の身が危ういからな。 でもこれって後で海賊房太郎が裏切るフラグのような・・・。 ゴールデンカムイ238話ネタバレ確定「アシリパ、耳が真っ赤に!」 杉元ら一行は船で江別から札幌へ下ることに。 アシリパはチョウザメを捕る気満々の様子。 出典: 「だって、杉元は旬の物を食べたいだろう」 そう目を輝かせて言うアシリパ。 アシリパのことを知らない海賊房太郎に「このお嬢さんは何者?」と聞かれ、杉元は 「…案内人さ。 北海道の」 海賊房太郎を警戒して、全ては話さない杉元。 しかしこれに海賊房太郎が茶々を入れます。 「ふ~ん、でもさっき『アシリパさんが危ないだろ』って怒ってたじゃん」 「よほど大切な人かと思ったぞ」 それを聞いて耳が真っ赤になるアシリパ。 きっと内心では 「やだ!杉元ったらそんなことを…(ポッ)」 という感じでしょうか。 そしてチョウザメを獲った一行。 さばくと大量の魚卵が。 黒い卵はキャビアの原料です。 さらに一生懸命、脳みそを取り出そうとするアシリパ。 「すぐに食べさせてやりたけどちょっと硬いから待て」 そう嬉しそうに話すアシリパ。 そこへ海賊房太郎が 「アシリパちゃん、チョウザメの脳みそが好きなの?」 するとアシリパは 「動物の脳みそなら何でも好きだ」 そう答えます。 すると海賊房太郎は 「好きな人には自分の好きなものを好きになってほしいもんねぇ」 そう話すと、またもアシリパの耳が真っ赤に。 「やばい…この人、私の気持ちに気づいている…」 きっと内心、そう思ってることでしょう。 その頃、小樽ではパルチザンのソフィアらがチョウザメをさばいて団らん中。 ソフィアはチョウザメの黒い魚卵を手に救うと、上からウォッカをぶっかけて頬張ります。 すげえ豪快な食べ方ですね。 そしておもむろにウイルク、ユルバルス(キロランケ)と3人で写った写真を見つめて険しい表情です。 残念ながらウイルクもキロランケもすでに死亡してしまっている今、何を思うのか・・・。 ゴールデンカムイ238話ネタバレ確定「精子探偵、現る!」 出典: 場面は変わり、札幌では鶴見中尉の部下である宇佐美上等兵、菊田特務曹長の二人が事件の捜査中。 連続娼婦殺害事件の現場に来てます。 「犯人は現場に戻ってくる」 その言葉のとおり、現場の調査をしてるようです。 現場よりも娼婦に聞き込みした方がいいのでは?という菊田。 すると宇佐美は不審な行動をとります。 そう、しこしこと下半身のナニをこすりはじめます。 なんでここでオナニーしてるのか? 宇佐美は 「違うな、ここじゃない…ここだ!こっちの向きが落ち着く!」 ??? さらに、 「どの建物からも見えないし、顔を見られずに逃げられる」 そして射精すると、精子が飛んだ先へ潜っていきます。 いや、汚れるだろ!とツッコミする菊田。 そして宇佐美は発見するのです。 犯人の精子を。 しかも宇佐美は精子の鮮度から2日おきにここに来ていると言います。 「最後に来たのは二日前。 犯人は今夜ここに現れます!」 それに対し、菊田は 「なんてこった…こいつはとんだ精子探偵だぜ」 うーん、名言ですね。 そして精子探偵なる言葉、初めて聞いたけどなぜかクスッと笑えてきます。 菊田は鶴見中尉の言葉を思い出します。 「宇佐美はきっと札幌で役に立つ」 「このことだったのか!」 そう得心がいった様子。 いや、絶対違うだろ・・・ 宇佐美にそんな特殊能力があったとは驚きですね。 そしてもう一度距離と高さを検証しようと戻ろうとしたら、なんとそこに怪しい男がしこしことナニをこすってました。 キッと戦闘態勢になりつつもしこしこをやめようとしない宇佐美。 次回は戦闘か!? ゴールデンカムイ238話の感想と考察 次号の予告には 「抜け!抜かば斬る!」 となってます。 次回、宇佐美とこの怪しい男の間でしこしこしながらの妙な戦いがありそうですね。 そしてアシリパは自分の杉元への恋心をはっきりと自覚してますね。 そして無意識に自分の好きなものを好きになってもらおうとしてたことに気付かされて、もう恥ずかしくてたまらない様子。 そんなアシリパちゃんにちょっと萌えますね。 次回も楽しみです。

次の

【ゴールデンカムイ】215話(最新話)ネタバレ感想|尾形が再登場!!!

ゴールデンカムイ ネタバレ

ゴールデンカムイ【第21巻】最新刊のネタバレ・内容 アシリパを迎えに来る鶴見中尉を待機する先遣隊一同。 町で買い出しをしていると突然足を撃たれる白石。 こんな狙撃ができるのは尾形しかいない、誰もがそう確信していたが、実際は尾形に撃たれたロシア兵ヴァシリであった。 尾形を探す、という目的が一致したため行動を共にする一同。 一方で杉元とアシリパは初めて本音で語り合い、お互いを相棒であることを再認識する場面も。 そんな折、シネマトグラフの話が舞い込む。 アシリパはアイヌの文化を残したい一心で、アイヌの昔話をシネマトグラフで撮影する。 三兄弟が、娘の暮らす家に熊が襲った所を助けると、男手がいなかったことから歓迎されて、本当の家族のように暮らす、というお話。 だが、一番大きな兄は、実は鳥の神様で兄弟を見守ったいた、というお話。 これは身寄りのない子供を親代わりで育て上げ、新しい家族を与えた神様の話である。 身寄りのないチカパシの保護者として共に旅を続けてきた谷垣と重なる話である。 谷垣は実際にシネマトグラフでチカパシがエノノカとヘンケと家族になっている映像を見て何かを決意する。 エノノカとヘンケとの別れがやってきた。 エノノカは涙を流しながら、鯉登少尉との取引を終える、しっかりした娘である。 しかし、ずっと一緒に過ごしてきたチカパシとの別れは受け入れ難く、泣いたままヘンケの足に隠れている。 谷垣らにきちんと話をするよう後押しされたチカパシは、必ず戻ると約束する。 またエノノカも、ホホチリが切れたらまた来て欲しい、エノノカのことを忘れないではほしいと泣きながら訴える。 小さい子供には辛い別れである。 やはりヘンケの足に隠れて泣いているエノノカだが、チカパシらを乗せた犬ぞりが出発すると「チカパシ!」と大きな声で呼ぶ。 それに反応したチカパシはそりから落ちてしまう。 谷垣によってそりは止められ、チカパシの元へゆっくりと駆け寄る。 谷垣は大粒の涙を流しながら、チカパシはここは残ってエノノカとヘンケを守れと伝える。 新しい家族になるのだ、と。 リュウと、元は二瓶の銃である村田銃をチカパシに託して。 ゴールデンカムイで初めての、美しい別れの瞬間である。 擬似家族であったが、確かに谷垣はチカパシの父親であったのだ。 チカパシらと別れた先遣隊一同は、鶴見中尉の到着を待つ。 そこでアシリパと、杉元白石は別の船に乗るように指示される。 反論したアシリパは空に向かって矢を放つ。 「毒矢だ!刺さると死ぬぞ!」 とっさに杉元が叫ぶと、2人は鶴見中尉の元から逃げて行った。 アシリパの矢尻には毒が付いていないことを、杉元は見抜いていた。 アシリパが逃げる気であると見抜いていた。 2人はどこまで逃げ切るのか。 『ゴールデンカムイ』最新巻を今すぐ無料で読む ゴールデンカムイ【第21巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。 U-NEXTを使えば『ゴールデンカムイ』最新巻も、今すぐ無料で読めます。 この情報は記事作成時のものです。 詳細はでご確認ください。 また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。 ゴールデンカムイ【第21巻】最新刊の感想 谷垣とチカパシの絆を再確認させられた話でしたね。 ゴールデンカムイでは親子関係、特に父子との関係が悪い人物が目立つので、擬似家族とはいえ、谷垣とチカパシは理想の父子であったと感じました。 月島の闇が剥き出しになって、1人でベラベラ話し出したときはとても怖かった・・・ あの鯉登少尉でさえ顔が引きつっています。 何もかも承知の上で、鶴見中尉に付いていこうとする月島が、実は一番怖い存在なのかもしれないと思いました。 実際に顔がとても怖かった・・・ まとめ 以上、ゴールデンカムイ【第21巻】のネタバレ・感想をご紹介しました。 杉元とアシリパは投げ切れられるのか?白石は合流できるのか!? 鯉登少尉が月島を闇から救い出してほしいです! 次の巻が早く読みたいですね! U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600円分のポイントが付与されます。 動画配信サービスとして有名ですが、実は電子書籍のラインナップも豊富にあります。 登録時の無料ポイントですぐに電子書籍を読む事もできます。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 U-NEXTは動画配信サービス有名で、見放題作品がとても豊富にあります。 電子書籍も豊富にラインナップされており、スマホ専用リーダーを使って購入した本を快適に楽しむこともできます。 jpは音楽だけでなく動画・漫画・電子書籍など幅広く楽しめるサービスです。 漫画や音楽で使えるポイントは600ポイント、更に動画で使えるポイントが1000ポイントもらえます。 電子書籍購入時には10%のポイント還元があるため、10冊購入すると1冊お得に読めてしまいます。 jpは動画配信サービスに見放題がありませんが、その代わりポイントに力を入れています。 ポイントは漫画の購入にも使えますし、映画やアニメもポイントで視聴できる新作や人気作が多いので、漫画に限らず楽しめます。 動画ポイントは漫画には使えませんが、映画やアニメに使えば無料で視聴することもできます。 Amazonアカウントを使って登録すると、特典として2週間の無料期間が付き、その間に最大900ポイントを貯められます。 フジテレビの公式サービスなだけあって動画が充実していますが、電子書籍サービスも充実しています。 登録時100P、8の付く日(8日、18日、28日)各400Pで合計900Pがもらえます。 ちなみに継続利用時は8日にプラス100Pもらえるので、同じだけポイントがもらえます。 もらえるポイントが月額利用料より多いんですよ! 2週間は雑誌と動画が見放題なので、この期間に漫画が原作のドラマやアニメなども見つけて楽しめます。 漫画購入の際は20%のポイント還元を受けられます。 ぜひお得なサービスを試してみてはいかがでしょうか。

次の