琵琶湖競艇直前予想。 【勝てる!】ボートレースびわこ競艇場の予想方法まとめ!

ボートレースびわこ Official Site

琵琶湖競艇直前予想

市川&中島が連勝を目指す好枠デー! 昨日の2日目は、冷たい北東風(向かい風)が卓越する典型的な「梅雨寒」の一日だった。 対する潮回りは逆目の「上げ」基調だったが、強い風が吹くことはなく、良コンディションの下でレースが行われた。 その2日目は、スロー勢(1~3号艇)が計「11勝」を挙げたが、1号艇に限定すると「5勝」止まりで、半数の6レースにおいて、イン艇は「着外(4着以下)」に敗れ去っている…。 その結果、「5本」の3連単万舟が乱れ飛ぶ、波乱模様の一日となった。 なお、本日の3日目は「向かい風」でスタートして、午後に入ると「追い風」へと変化する予報で、終盤の時間帯は少し風が強まる見込み。 ただ、本日は全レースが「上げ潮」のため、水面が荒れる可能性は低そうだ。 さて、予選の2日目が終了して、初日の2走目の「選抜戦」で2着だった松田祐季(1着・2着・1着)と、今期好調の岩永雅人(2着・2着・2着)の両者が、ここまで「オール2連対」をキープ。 まず、昨11Rをインから圧勝した松田は「少し乗りにくいけど、展示タイムが出たし、足は悪くないですね」と、見た目にも「行き足」には余裕が感じられた。 その松田が「Sもバッチリ行けましたね!」と話していた通り、これまでの3走は全て「トップS」が決まっている。 本日は、自慢の「攻撃力」を存分に生かせる中枠2走(3R4枠&8R3枠)で、攻めの手を緩めることなく、このまま「シリーズリーダー」の座を歩み続けるはずだ!一方の岩永は「初日よりもう一丁、出足が良くなっていたし、スリットから出て行く感じもありましたね!」と仕上がりに自信満々で、相棒(70号機)は噴きまくっている。 その平尾は「エンジンのポテンシャルが低いかも…。 下の足ではないけど、上位にはならないと思うよ」と苦笑い。 それでも、実戦での足は自己評価ほど悪くなさそう。 「伸び足」こそ平凡だが、「出足系」は機歴以上の仕上がりを見せている。 その一方、市川哲也・中島孝平・坪井康晴の同選抜組の3者は、予選序盤を「未勝利」で終えた…。 ちなみに、市川(4R2枠&10R1枠)と中島(6R2枠&12R1枠)の両者にとって、本日は反撃を誓う「好枠デー」。 まず、松尾は「バランスが取れて中堅上位くらいですけど、出し切れてはいませんね…」と納得はしていないが、言い換えれば「更に上が望める」ということ。 従って、「テクニック」と「攻撃力」が問われる本日の中外枠2走に注目だ!また、初日は「操作性」の部分が皆無だった竹本も「回った後の瞬間の足が良かった」と、昨日はコーナーでしっかり舵が利いていた。 よって、本日の「4カド戦」は「単穴候補」として推奨しておきたい。 さらに、昨日は大外枠で見せ場を作れなかった奥平拓也や、渡邉雄朗・板倉敦史・岡部大輝らも、モーターは仕上がってきている。 この中では、渡邉が「出足重視で、その出足はいいし、グリップ感は抜群。 初日は伸びを求めて良くなかったし、もっと出足の鋭さを追求します!」と調整の方向性を見い出した様子で、本日の2走(8R1枠&12R4枠)に注目したいところ。 本来は「伸び型志向」の渡邉だが、今節は相棒(46号機)の特性を生かす柔軟な構えで、まずは難敵の松田が3枠に控える前半(8R)のイン戦をビシッと逃げたい!.

次の

ボートレース尼崎 Official Site

琵琶湖競艇直前予想

4370 山口達也(岡山支部)• 4445 宮地元輝(佐賀支部)• 3256 三角哲男(東京支部)• 4759 今泉友吾(東京支部) 上位陣は伯仲ムードの顔触れだが、その中でV候補の筆頭に挙がるのは山口達也だ。 前期はF2で90日のF休みを消化したが、戦線復帰直後の地元・児島ではきっちりファイナル進出(3着)。 G1戦でも活躍の多いびわこで今回こそは初V奪取といくか。 宮地元輝は今年ここまでV3をマーク。 現在は3連続優出中の当地でこちらは2回目となるVを狙う。 三角哲男、野澤大二、さらに大のびわこ巧者として知られる山室展弘らもSG覇者の手腕を発揮してV争いに加わってくる。 渡邉睦広も先月の前回戦こそ準優敗退に終わったが、当地はそれまで3連続優出(V1)と好相性を誇る水面。 そのシリーズで準Vと活躍した今泉友吾をはじめ高橋正男、小坂尚哉、松崎祐太郎らA1ランカーの面々もV戦線を盛り上げそうだ。

次の

【勝てる!】ボートレースびわこ競艇場の予想方法まとめ!

琵琶湖競艇直前予想

琵琶湖競艇場の特徴 琵琶湖競艇場のある場所は海抜85mと高い位置にあるため、 気圧が低くモーターの機力が出にくいという特徴があります。 これは出力低減モーター導入以前からの問題であり、現在のモーターであればその影響は尚更のことです。 このことが原因で、今も変わらず 「インが弱い競艇場」といった特徴があります。 有利と言われるインコースも、琵琶湖競艇場では過度な期待は禁物ということですね。 ただ、インが弱い競艇場ではセンターやアウトコースが勝つ可能性が高くなるため、 高配当に期待できるといった特徴もあります。 水面の特徴 琵琶湖競艇場の水質は淡水のため硬く、 モーターの機力による「差」が出やすいといった特徴があります。 これに加えて、気圧が低くモーターのパワーが出にくいことから、モーターそのものの機力の違いは大きいと言えます。 このため、予想をするにあたって モーターの勝率や整備記録のチェックは欠かせませんね。 また、この他に季節的な特徴もあります。 春~夏にかけては雪解け水が流れ込んで水位が高くなることから、 うねりが発生しやすくなります。 秋~冬にかけては渇水期で水位が低くなるため、水面状況が安定しやすいといった特徴あり。 安定した水面ではスピード戦になることが多く、琵琶湖競艇場の特徴からセンターやアウトコースの艇が有利と考えられますね。 風の影響 琵琶湖競艇場では、 風による影響がレースの結果に大きく影響すると言えます。 午前中のレースではホーム側向かい風となることが多く、モーターの機力が出にくい事に加えて風向きに逆らうため、出足が悪くなりやすいです。 これはスロー勢には不利な状況で、 ダッシュ勢にとっては大きなアドバンテージに! しかし、午後になると風向きは追い風へと変化し、水面にうねりが発生してきます。 このことから全速ターンが難しくなり、 午前とは逆にインコースに有利な条件へと変化するんです! 舟券の予想をするには、その時の風向きや風速のチェックを忘れずにしましょう。 レース展開としてはインコースが弱いため、 ダッシュ勢カドの4コースによるマクリや差しによる決まり手が多く見られます。 特にインコースが不利な条件の時には、4コースの艇に注目ですね。 予想ポイントまとめ 年間を通して1コースの勝率は高くなく、2コースとセンター勢の勝率の差が小さい琵琶湖競艇場。 このことから、インだからといった過度な期待は捨て、 モーター・水面・風といった情報を取り入れた予想を心掛けたいですね。 特に4コースのマクリと差しを使い分けた戦法が強く、状況によっては推して考えたいところ。 高めの配当も狙える競艇場のため、予想がハマったときには大きそうですね。 開催日程 琵琶湖競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 琵琶湖競艇場のレース予想やオッズ情報は、こちらから見ることができます。 ライブ&リプレイ動画・レース結果 琵琶湖競艇場のライブ動画、レース結果はこちらから見ることができます。 予想を仕入れる ただむやみに大穴狙いをしてもうまくいかないのは何度かやっていくとわかります。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の