電動 シャッター 後付け。 シャッターの価格と後付け工事に必要な費用!取り付け業者や固定資産税もチェック

電動シャッター 後付けの価格、費用を紹介。ガレージ、車庫、窓だといくらかかるのか?自分でできる?

電動 シャッター 後付け

KIT取付後のお問い合わせにつきまして 当社にてKITの動作を把握するために、をお読みになり、お問い合わせください。 症状に関する写真や動画をお送りいただく際は、 必ずメールに添付してお送りいただきますようお願い申し上げます。 お客様のGoogleドライブ等にアップしていただいても、 権限がございませんので弊社から閲覧はできません。 スマートガレージ KIT スマートガレージ KIT は、巻上げ式手動シャッターにDIYで取付可能な、シャッター電動化キットです。 シャッターの開閉は、お手持ちのスマートフォンから出来ます。 腰を屈めての開閉作業から解放され、雨の日も雪の日も車の中からでも、シャッターの開閉が出来ます。 女性の方や年配の方でも、スマホで楽々開閉! ちゃんしよ様制作のスマートガレージKITの取付動画です。 KITの取付方法が詳しく説明されております。 ちゃんしよ様、ありがとうございます。 スマートガレージKITの特徴 低価格 これまで、手動シャッターを電動シャッターにするためには、 シャッターを丸ごと交換する必要があり、非常に高額でした。 スマートガレージKITは、電動化に必要なモーターやギア等の部品で構成されていて、 手動シャッターにDIYで取り付けることで低価格化を実現しました。 スマートフォンで操作可能 スマートフォンに専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでシャッターの開閉が出来ます。 Bluetooth通信 スマートガレージKITとスマートフォン間はBluetoothで通信します。 Bluetoothは通信距離が短いと言われますが、実用に耐えうる通信距離を確保しています。 特にiPhoneの場合は数十m離れてもシャッターの開閉が出来ます。 Wi-Fi不要 スマホのBluetoothで通信しますので、Wi-Fiは不要です。 DIY取り付け ドリルでの穴あけ2箇所だけで、あとはボルトオンで取り付け出来ます。 また、AC100Vコンセントがあれば資格が必要な電気工事は不要です。 複数シャッター対応 1台のスマートフォンで複数のシャッターを個別に開閉出来ます。 省スペース 既設の巻き取りケース内に取り付け可能な省スペース設計です。 停電時 停電時は手動でシャッターをあげることができます。 この際、モーター回路保護のため、5秒間あげると一旦止まります。 その後、再びあげることができます。 取付可能なシャッター KITが取付可能かどうかのお問い合わせにつきまして 現在、お持ちの手動シャッターに、KITが取付可能かどうかのお問い合わせを多くいただいております。 弊社は、シャッターメーカーではございませんので、 シャッターのメーカー名や品番でお問い合わせいただいても、 どのようなシャッターなのかを把握しておりませんので、取り付け可否の回答をいたしかねます。 必ず、にあるような、写真を添えて、お問い合わせください。 センタープーリーにスプリングがある場合 三和シャッターや文化シャッターの場合、センタープーリーに下記の写真のようなスプリングが付いている場合があります。 スプリングはセンタープーリーの左右どちらかに付いています。 この場合、オプションのスペーサーを付けることで、KITの取付が可能です。 詳しくは、「」をご参照ください。 下記「シャッターについているスプリング(バネ)について」もご一読ください。 センタープーリーがフラットで無い場合 上記のように、センタープーリーにスプリングが付いていなくても、 センタープーリー自体に出っ張り等があり、フラットで無い(凹凸がある)場合があります。 この場合も、、オプションのスペーサーを付けることで、KITの取付が可能です。 詳しくは、「」をご参照ください。 センタープーリーが無い場合 従来モデルは取付不可でしたが、センタープーリーオプションにて、KITの取付が可能です。 (太管、細管共に対応) シャッターについているスプリング(バネ)について シャッターには、「 バランスバネ」と「 ダンパーバネ」と呼ばれるバネがついている場合があります。 シャフトの両端に付いているバネは、ほとんどが「 バランスバネ」で、 素人が触ると非常に危険なバネですので、絶対に触らないでください。 シャフトの中央(センタープーリー)に付いているバネは、「 バランスバネ」の場合もありますし、 「 ダンパーバネ」の場合もありますので、こちらも、 基本、触らないようにしてください。 センタープーリーにバネがある場合は、上記のスペーサーオプションでKITの取り付けが可能ですが、 文化シャッターの場合、センタープーリーにバネを留めているボルトを一旦外す必要があります。 この場合、バネが「 バランスバネ」の場合、危険が伴う恐れがありますので、 送っていただいた写真により、安全かどうかを弊社で判断いたします。 スプリング(バネ)について、不明な場合は、絶対に触らないでください。 スプリング(バネ)の調整が必要な場合は、専門家にお任せすることお奨めします。 よくあるご質問 「」のページをご参照ください。 製品内容 写真のDIYキットと、スマートフォン用のアプリとで構成されます。 DIYキットですので、 取り付けは、自己責任にてお願いします。 ねじ等の付属品は、同梱しておりますが、取り付け時の紛失・破損等により 別途必要な場合は、ホームセンター等でお買い求めください。 アプリダウンロード ご使用にあたっては、専用アプリ(SmartGarage)をスマートフォンにダウンロードして下さい。 スマートフォンで開閉する場合も、専用防水リモコンで開閉する場合も、 どちらも初期設定には必ずスマートフォンが必要になります。 スマートガレージKIT 設置後、必ずSmartGarage アプリでの調整作業を行ってください。 初期設定状態のまま使用すると、シャッターの負荷の掛かり方によっては、 予期せぬ動作の停止等の現象が発生する場合があります。 販売価格 DIY特別価格 DIYだからこのお値段! 50,000円 税込: 55,000円 オプション センタープーリーオプション センタープーリーが無いシャッターに、スマートガレージKITを取り付ける際に必要になります。 (シャッター2面の場合、ソーラー中継器は2台必要になります。 ) スタビライザー 使用しているうちにシャッターが重くなる場合があります。 この原因の一つとして、設置したシャッターにズレとかゆがみがあり、開閉する度にスラット(シャッターの板)がずれて、レールに接触することがあります。 スタビライザーを、ズレる方向の巻取り部に付けることで、スラットのズレを防止します。 3,000円 税込: 3,300円 左右どちらかのズレる方向に取り付けますので、1個の価格です。 専用防水リモコン 防水タイプの専用リモコンです。 スマートフォンが無くてもシャッターの開閉が出来ます(初期設定にはスマートフォンが必要です) iPhoneは持っているが、リモコンの手軽さを重視したい! Android端末なので、Bluetooth電波の強いリモコンを使う! 場合に、ご購入下さい。 専用防水リモコンは、それ単体では動作いたしません。 必ず、KIT、コンバーターと共にお使いください。 1CHタイプ 2CHタイプ 8,000円 税込: 8,800円 10,000円 税込: 11,000円 保証規定 「」のページをご参照ください。 その他 SmartGarageアプリのインストール方法.

次の

後付 ガレージシャッターリモコン装置

電動 シャッター 後付け

手動シャッターと比較をして、電動シャッターはリモコン操作やボタンでワンタッチのシャッター開閉が可能なため、たとえば車庫に車を乗り入れる際も、車から降りることなく非常に便利。 また、手動シャッターのように「ガラガラ」とした騒音が発生するリスクも軽減できるため、騒音問題も気にする必要がありません。 ここでは、シャッター専門業者として長年シャッターの設置やメンテナンスに実績のある弊社が、 電動シャッターを後付けで設置する際の価格、費用相場をご紹介します。 通常、電動シャッターは住宅や店舗の建設段階で開口幅などを確保し、工事をするのが一般です。 しかし、住宅や店舗建設後でも状況によっては取り付けることも可能。 住宅や店舗に電動シャッターをご検討中の方は、ぜひご覧になってください。 【取り付け場所別】後付けで電動シャッターを取り付けるメリットとは? ここでは、後付けで電動シャッターを取り付けるメリットを、取り付け場所別にご紹介します。 一見、後付けだと十分に電動シャッターの機能を発揮できないのではないかと感じてしまうかもしれませんが、1つずつみていきましょう。 窓に電動シャッターを取り付けるメリットとは? 現在、雨戸などをご利用の方で「 電動シャッターに変更したい」というお問い合わせを頂くことがあります。 雨戸付きの窓を電動シャッターに変更するメリットですが、もっとも優れているのが「 防犯やプライバシーの保護」です。 もちろん雨戸でも、プライバシーの確保はできますし、雨戸がないよりは防犯性が高いですよね。 しかし、電動シャッターにすることでご高齢の方でも開閉はボタン1つで可能ですし、スムーズに閉めることができますよね。 たとえば、雨戸ですと一度窓を開けてから、閉める動作に移るわけですが、これだと一時的に窓を開ける時間帯が発生し、防犯能力が高いとは言えません。 しかし、雨戸を電動シャッターに変更することで、 窓そのものを開けなくても室内からボタン1つで開閉可能なのです。 電動シャッターの取り付けは、雨戸だけでなく、現在手動シャッターをご利用の方でも、後付けで電動シャッターに変更することは可能でございます。 ガレージに電動シャッターを取り付けるメリットとは? ガレージに電動シャッターを取り付けるメリットは、当然ではありますが 、愛車を盗難や傷から守ることが可能ということです。 シャッターがついていないガレージですと、雨や風からお車を守れず車のボディに、石や枝などが当たり、傷がつくこともありますよね。 また、シャッターがないことで盗難の被害に遭う確率も高まります。 このような被害を防ぐためにも、ぜひ電動シャッターを取り付けてみてはいかがでしょうか? 現在ガレージに手動シャッターを設置されている場合でも、設置状況によっては、電動シャッターに変更できることもあります。 電動シャッターにしますと、お車から一切降りることなく、ボタン1つでシャッターを開閉できるため、非常に人気です。 最近では、手動シャッターを電動化するためのDIYキットも存在しますので、手動シャッターでの不自由を感じている方はおすすめ。 電動シャッター取り付け価格と費用相場について解説! 現在ご自宅の窓やガレージの電動シャッターをご検討中の方に、取り付け価格と費用相場について解説します。 窓に電動シャッターを取り付ける場合の費用相場 窓に電動シャッターを取り付ける場合には、シャッターの本体価格に加えて、配線工事が必要なため、本体価格のほかに工事賃金がかかります。 これらの費用を合算すると、相場は約30万円となるでしょう。 ただ、窓の大きさや電動シャッターの羽の形状によっては、金額は変動しますので、詳しくはシャッターメンテナンスの専門業者にお見積もりをお願いしましょう。 ちなみにですが、 窓の大きさが小窓の場合には「9〜12万円」程度。 スタンダードなタイプの窓で「 22 〜26万円」、ワイドタイプの窓の場合で「 40 〜45万円」が相場となっています。 ガレージに電動シャッターを取り付ける場合の費用相場 次に、ガレージに電動シャッターを取り付ける場合の相場ですが、電動シャッターの収納形式によってもその費用が異なります。 たとえば、一般的に採用されているシャッター上部についているシャッターボックスにシャッター板が巻き取られるタイプの「 巻き上げタイプ」であれば、費用がもっとも安く お車1台分「100万円」となっています。 お車2台分であれば「150万円」が必要になってきます。 こちらの巻き上げタイプの場合は、設置費用は他のタイプと比較をしてもお手頃なのですが、その分開閉する際の音がやや大きいというデメリットが存在します。 巻き上げタイプとは異なるタイプに、シャッター板が天井に沿って収納されるタイプの「 オーバースライダー方式」というタイプも存在します。 こちらのタイプは、シャッター上部に搭載されるシャッターボックスが存在せずに、天井にそってシャッターが収納できるため、見た目がシンプルで住宅地などでも非常に人気のモデルです。 オーバースライダー方式の電動シャッターの特徴としては、巻き上げ式よりも開閉スピードが速く、騒音も抑えることが可能に。 また、板の劣化も少ないため、長くご愛用いただけます。 そんなオーバースライダー方式の電動シャッターですが、デメリットとしては価格が巻き上げタイプよりもお高いです。 車1台用で「 150万円」、2台用で「 200万円」の費用相場となっています。 まとめ 電動シャッターは、「車から都度降りなくても開閉できる」「室内からワンタッチ開閉で防犯に優れている」、「プライバシーの確保ができる」など素晴らしい特徴がありました。 現在、シャッターが設置されていない住宅でも後付けで取り付けることが可能なため、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。 弊社では、電動シャッターの取り付けや手動シャッターから電動シャッターへの変更も15万円より対応しております。 また、 電動シャッターに関する設置の出張診断やお見積もりは無料でございますので、お気軽にお申し付けください。

次の

シャッターの後付けはできる?シャッターを設置する際に気を付けるべきポイントを紹介

電動 シャッター 後付け

電動シャッターのリモコン後付けは、車の電装品取り付けよりはラク!? の続きです。 前回は「電動シャッターの配線タイプの調べ方」を解説しました。 今回はいよいよ取り付けですね。 付けるときは、ユニット本体(受信機)から出ている配線を、電動シャッター側の各線につなぐという作業です。 いつもの、車の電装品の取り付けと似ている?• そうですね。 ただ、車と違って「目的の配線を探す」手間がないぶん、ラクと言えます。 でも電動シャッターのスイッチ裏にも、何本か線が通っていますよ。 検電テスターで調べる必要は、あるのでは?• ないです。 なぜなら、どの線がなんの線かは、説明図(構造図)に書いてありますから。 なるほど。 5本をつなげばいいだけか。 ポイントは、停止線だけは元の線をカット(切断)した上で、双方につながないといけません。 フムフム。 つまり停止線につながる線は、2本あります(黄色と白)• ナルホド。 この黄色と白は、エレクトロタップではなく ギボシ端子や 接続コネクターといった、脱着できる端子を使っておくのがオススメ。 それはなぜですか?• もとの線を切断してしまうからです。 しかし接続できる端子をかませておけば、仮に受信機を外して元通りにしたい日がきても、またつなげられます。 そういうことか。 これで「黄色と白にはギボシ端子」、「緑・緑白・紫にはエレクトロタップ」が付きました。

次の