アインズ ウル ゴウン スロット。 【スロット初打ち感想】パチスロ『オーバースロット アインズ・ウール・ゴウン』(オーバーロード)│ブレスロ.2dps

オーバーロード スロット パチスロ アインズ・ウール・ゴウンのランク(報酬)振り分けについて 初期報酬時の振り分けや報酬(ランク)で獲得できる恩恵の振り分け抽選の詳細など

アインズ ウル ゴウン スロット

裏切るというか、逆ですね。 主人公への思いが強すぎる故に、くだらないと言っています。 「アインズ・ウール・ゴウン」というのは、元々はギルド名です。 主人公の本来の名前は「モモンガ」になります。 アインズを名乗っているのはギルド名を世界に知らしめるため。 つまりギルドリーダーとしての行動です。 しかしアルベドが恋焦がれているのは「アインズ・ウール・ゴウン」というギルドのリーダーではなく「モモンガ」という個人に対してです。 アルベド的には偉大なのはモモンガであり、世界に知らしめるべきはモモンガの名だと思っています。 しかし、主人公はあくまでアインズの名を高めようとしています。 その事に対する不満が「ぐだらない」です。 つまり 「(ギルド名の)アインズ・ウール・ゴウン(なんて、モモンガ様という至高の存在に比べれば)くだらない(のに、なぜこちらの名ばかりを祀り上げるのか)」 というような意味になります。 ですから主人公を裏切る事は無いでしょうが、例えばデミウルゴスあたりが「アインズという名前は高まるが、モモンガの名は貶される作戦」とかを提唱した場合には敵対関係になってもおかしくは無いです。 ネタバレです。 大前提としてアルベドは【モモンガさんを殺すような】裏切りはしません。 そしてナザリックのNPC達を『大事な仲間』だと思っています。 アルベドが裏切るのか?・・・ 答えは「アルベド達NPCが裏切られた」です。 モモンガさん(プレイヤー)しか知らない事実 至高の41人はユグドラシルを辞めた。 (ナザリックを捨てた)事を 【アルベドだけは知っているのです】 これは推察になりますが、アルベドはモモンガさんが知らない間にワールドアイテムである真なる無(ギンヌンガガプ を創造主のタブラさんから渡されていますが 渡すときに個人的に何かを言われたのではないかと言われています。 その内容がおそらくはナザリックを捨てるという意味の言葉なのではと。 NPCは基本は自分の創造主が1番で、何物にも変えられないすべてで、これだけならいなくなった創造主を思って悲しむだけだったのですが、偶然にもモモンガがアルベドの設定を書き換えます。 「モモンガを愛している」の一文でしたが、これによって創造主という鎖から解き放たれました。 アルベドが敵意を持ち敵対視しているのは「至高の41人」です。 ナザリックのNPC達は仲間として認識し、 至高の41人は自分達を捨てていった裏切り者達だと思っているのです。 今は自由意思を持ったNPC達ですが モモンガさんにとってNPC達はどこまでいっても 「大切な仲間達が残していった息子、娘達」です。 モモンガさんにとっては 至高の41人 >> NPC達 どうしても仲間の41人が上なのです。 もし至高の41人の誰かがオーバーロードの舞台である異世界に来れば、モモンガさんは喜んでナザリックに迎え入れるでしょう。 NPC達も涙を流して迎え入れるかと思います。 その事を気に入らないのはアルベドだけなのです。 (唯一加えるならパンドラ) あいつら(至高の41人)はここ(ナザリック)を捨てていったのに今更支配者ヅラして戻ってくるとか気に入らない。 ここ(ナザリック)の支配者は最後までここを捨てることなく残ってくださったモモンガ様だけ だと思っているのです。 至高の41人に対して殺意すら抱いている状態なので、モモンガが名を変えたことも不満だったりします。 【アインズ・ウール・ゴウン】は【41人を指す名】。 もしアインズを名乗るのなら41の中で唯一モモンガだけだと思う反面、41人を指す名を称えるのが不満なのです。 アインズ・ウール・ゴウン=至高の41人(モモンガを除く)に対して殺意を持っているのです。 アニメで詳細はありませんでしたが、モモンガの抱き枕とかぬいぐるみがあるアルベドの寝室はギルドメンバーだけが使える寝室のひとつです。 他の階層守護者達は自分の部屋を持っていたのですが、創造主のタブラさんがそこまで気が回らなかったらしくアルベドの個人的な部屋、寝室が無い事に気づいたモモンガさんがギルメンの部屋のひとつをあげました。 ユグドラシルにおけるギルドの最大構成員人数は100人までで、アインズ・ウール・ゴウンは最大でも41人までしか居なかった為に使われていなかった空き部屋がまだまだ沢山あったのです。 で、ギルドメンバーの部屋の為、ギルドの象徴である「アインズ・ウール・ゴウンの旗」が部屋の隅にあったのですが アインズ・ウール・ゴウンを憎むアルベドはこの旗をビリビリに破いて踏んづけています。 これが「くだらない・・」の真相です。 自分達NPCを裏切った至高の41人に対する敬意をくだらないと言っているのです。 そして1期でモモンガさんが改名するときに折った「モモンガの旗」を私室に持ち込んで大事にしています。 更にネタバレを言うと原作では既に 仮に他の至高の41人を見つけた場合に、すぐさま殺せるだけの直属の部隊をアルベドは手に入れています。 もうひとつネタバレ パンドラズアクターだけは特殊で、NPC達の中で唯一創造主に捨てられることが無かったNPCです。 創造主がモモンガなので、元からモモンガ以外の至高の41人に牙を向くことができる存在です。 そしてモモンガさえ居れば他はどうでもいいので、他ギルメンがナザリックを出て行った事は気にしていませんが、モモンガを捨てた事で悲しませている事を実は気にしていて、本音では他の至高の41人を憎んではいます。 が、やはり創造主がモモンガなのも強く反映していて、モモンガの想いが一番なので、モモンガが他のギルメンを大事にしている事もよく理解している為、至高の41人に対しての憎しみは完全に隠しています。 アルベドは至高の41人に対して「自分達を創った事に感謝はすれど、捨てた、裏切ったからには敬意は向けない」という感情 パンドラは「モモンガ様の元から去り悲しませる至高の41人は憎い。 だけどモモンガ様が大事にしている方々だから牙を向く事はない」 というような違いです。

次の

オーバースロット『アインズ・ウール・ゴウン絶対支配者光臨』設定6確定画面公開!スペック、機械割、小役確率、設定差、フリーズ恩恵、天井・ヤメ時。

アインズ ウル ゴウン スロット

第一位 鈴木悟(モモンガ) リーダー。 まとめ役と戦闘担当。 転移後200年続けても終わらない冒険の旅を満喫中。 何か特別なことがあると日記を書くようにしている(200年で4冊)。 第二位 キーノ・ファスリス・インベルン 吸血鬼の少女。 事実上の副リーダー。 情報収集担当 メンバーの中で戦闘能力とレベルは一番弱いが、長年蓄えた知識から賢者と尊敬されている。 また、鈴木悟という化物のサポートにも長けている。 種族はから奪った資料から究極の吸血鬼『 吸血祖神 ザ・ワン』になったが、弱い身でなってしまったため、 劣化吸血祖神 レッサー・ワンと言える存在になった。 第三位 ? 第四位 ニュールニュール 精神系魔法詠唱者。 悟、キーノ、スクレイアが発見した時に同行の意思表示をした。 性別不明。 個体名がないため悟が仮命名した名前が定着した。 砂の塊にも見える異形種。 多触体 ローパーの種族で群種 多触体 ローパーと言われる種族の変異種。 この種族は通常なら1つの群れで思考を共有するが、ニュールニュールは思考を共有しない。 声触という穴の開いた2本の触手を振り回すという特殊な発声方法を用いる。 このため、砂嵐のような場所では雑音が混じり何を言っているかわからなくなる。 ただし、魔法発動に必要な音声や動作が不要で、直立不動で瞬時に魔法を発動させることが出来る。 眼を持っておらず、周囲の振動で広範囲の情報を捉えている。 第五位 華結晶 盗賊系職業(暗殺者)。 ある事件で闘い、その後もう一つの事件を挟んで仲間になった。 羽虫人 グナターという種族。 体長20cmより小さい半透明の羽根をした妖精に似た種族。 体つきは蟲に近い。 妖精を騙して捕食する純肉食種族。 人間種と亜人種だけに効果がある魔法が効かないため、異形種ということにして加入が許可された。 だが異形種にも効く魔法が無効化されるため、悟は疑っている。 第六位 プラントーナ 詳細不明。 情報収集担当。 第七位 ムギ 詳細不明。 情報収集担当。 その情報収集能力はかなり信頼されている。 キーノが母か姉のような立場らしい。 キーノからの愛称は「ムーちゃん」。 ただし外見はそんな可愛いものではないらしい。 第?位 スクレイア 詳細不明。 ニュールニュール発見時に悟たちと一緒にいた。 ニュールニュールが序列第四位なので、恐らく第三位。 他不明。 2020-06-15• by 名無し• by 名無し• by 名無し• 2020-06-14• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by tanaka203• by tanaka203• by tanaka203• by tanaka203• by 名無し• by 名無し• by tanaka203• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• 2020-06-13• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by tanaka203• by tanaka203• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• 2020-06-11• by 名無し• by 名無し• by 名無し• 2020-06-10• by 名無し• 2020-06-09• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• by 名無し• 2020-06-08• by 名無し• by tanaka203• by 名無し.

次の

オーバーロード スロット パチスロ アインズ・ウール・ゴウン ナザリック警戒モード中の抽選、守護者レベルアップ抽選:OVER

アインズ ウル ゴウン スロット

裏切るというか、逆ですね。 主人公への思いが強すぎる故に、くだらないと言っています。 「アインズ・ウール・ゴウン」というのは、元々はギルド名です。 主人公の本来の名前は「モモンガ」になります。 アインズを名乗っているのはギルド名を世界に知らしめるため。 つまりギルドリーダーとしての行動です。 しかしアルベドが恋焦がれているのは「アインズ・ウール・ゴウン」というギルドのリーダーではなく「モモンガ」という個人に対してです。 アルベド的には偉大なのはモモンガであり、世界に知らしめるべきはモモンガの名だと思っています。 しかし、主人公はあくまでアインズの名を高めようとしています。 その事に対する不満が「ぐだらない」です。 つまり 「(ギルド名の)アインズ・ウール・ゴウン(なんて、モモンガ様という至高の存在に比べれば)くだらない(のに、なぜこちらの名ばかりを祀り上げるのか)」 というような意味になります。 ですから主人公を裏切る事は無いでしょうが、例えばデミウルゴスあたりが「アインズという名前は高まるが、モモンガの名は貶される作戦」とかを提唱した場合には敵対関係になってもおかしくは無いです。 ネタバレです。 大前提としてアルベドは【モモンガさんを殺すような】裏切りはしません。 そしてナザリックのNPC達を『大事な仲間』だと思っています。 アルベドが裏切るのか?・・・ 答えは「アルベド達NPCが裏切られた」です。 モモンガさん(プレイヤー)しか知らない事実 至高の41人はユグドラシルを辞めた。 (ナザリックを捨てた)事を 【アルベドだけは知っているのです】 これは推察になりますが、アルベドはモモンガさんが知らない間にワールドアイテムである真なる無(ギンヌンガガプ を創造主のタブラさんから渡されていますが 渡すときに個人的に何かを言われたのではないかと言われています。 その内容がおそらくはナザリックを捨てるという意味の言葉なのではと。 NPCは基本は自分の創造主が1番で、何物にも変えられないすべてで、これだけならいなくなった創造主を思って悲しむだけだったのですが、偶然にもモモンガがアルベドの設定を書き換えます。 「モモンガを愛している」の一文でしたが、これによって創造主という鎖から解き放たれました。 アルベドが敵意を持ち敵対視しているのは「至高の41人」です。 ナザリックのNPC達は仲間として認識し、 至高の41人は自分達を捨てていった裏切り者達だと思っているのです。 今は自由意思を持ったNPC達ですが モモンガさんにとってNPC達はどこまでいっても 「大切な仲間達が残していった息子、娘達」です。 モモンガさんにとっては 至高の41人 >> NPC達 どうしても仲間の41人が上なのです。 もし至高の41人の誰かがオーバーロードの舞台である異世界に来れば、モモンガさんは喜んでナザリックに迎え入れるでしょう。 NPC達も涙を流して迎え入れるかと思います。 その事を気に入らないのはアルベドだけなのです。 (唯一加えるならパンドラ) あいつら(至高の41人)はここ(ナザリック)を捨てていったのに今更支配者ヅラして戻ってくるとか気に入らない。 ここ(ナザリック)の支配者は最後までここを捨てることなく残ってくださったモモンガ様だけ だと思っているのです。 至高の41人に対して殺意すら抱いている状態なので、モモンガが名を変えたことも不満だったりします。 【アインズ・ウール・ゴウン】は【41人を指す名】。 もしアインズを名乗るのなら41の中で唯一モモンガだけだと思う反面、41人を指す名を称えるのが不満なのです。 アインズ・ウール・ゴウン=至高の41人(モモンガを除く)に対して殺意を持っているのです。 アニメで詳細はありませんでしたが、モモンガの抱き枕とかぬいぐるみがあるアルベドの寝室はギルドメンバーだけが使える寝室のひとつです。 他の階層守護者達は自分の部屋を持っていたのですが、創造主のタブラさんがそこまで気が回らなかったらしくアルベドの個人的な部屋、寝室が無い事に気づいたモモンガさんがギルメンの部屋のひとつをあげました。 ユグドラシルにおけるギルドの最大構成員人数は100人までで、アインズ・ウール・ゴウンは最大でも41人までしか居なかった為に使われていなかった空き部屋がまだまだ沢山あったのです。 で、ギルドメンバーの部屋の為、ギルドの象徴である「アインズ・ウール・ゴウンの旗」が部屋の隅にあったのですが アインズ・ウール・ゴウンを憎むアルベドはこの旗をビリビリに破いて踏んづけています。 これが「くだらない・・」の真相です。 自分達NPCを裏切った至高の41人に対する敬意をくだらないと言っているのです。 そして1期でモモンガさんが改名するときに折った「モモンガの旗」を私室に持ち込んで大事にしています。 更にネタバレを言うと原作では既に 仮に他の至高の41人を見つけた場合に、すぐさま殺せるだけの直属の部隊をアルベドは手に入れています。 もうひとつネタバレ パンドラズアクターだけは特殊で、NPC達の中で唯一創造主に捨てられることが無かったNPCです。 創造主がモモンガなので、元からモモンガ以外の至高の41人に牙を向くことができる存在です。 そしてモモンガさえ居れば他はどうでもいいので、他ギルメンがナザリックを出て行った事は気にしていませんが、モモンガを捨てた事で悲しませている事を実は気にしていて、本音では他の至高の41人を憎んではいます。 が、やはり創造主がモモンガなのも強く反映していて、モモンガの想いが一番なので、モモンガが他のギルメンを大事にしている事もよく理解している為、至高の41人に対しての憎しみは完全に隠しています。 アルベドは至高の41人に対して「自分達を創った事に感謝はすれど、捨てた、裏切ったからには敬意は向けない」という感情 パンドラは「モモンガ様の元から去り悲しませる至高の41人は憎い。 だけどモモンガ様が大事にしている方々だから牙を向く事はない」 というような違いです。

次の