桔梗屋 本店。 桔梗信玄餅 -山梨の代表銘菓- 桔梗屋のお菓子

桔梗信玄餅工場テーマパーク ご案内

桔梗屋 本店

【山梨】朝8時でも遅い!噂の「信玄餅」つめ放題に行ってみた 2015. 09 山梨の銘菓「信玄餅」。 老若男女問わず人気のこの銘菓、なんと桔梗屋さんで詰め放題があり、噂では駐車場が朝8時には既に満車になるほど人気!泣く泣く諦める人もいるんだとか。 そこで編集部が本当がどうか突撃!その人気ぶりはいかなるものか、どれぐらいお得なのか…。 駐車場は既に満車の様子です。 さっそく戦場…もとい会場に入ります! ずらっと並んだ桔梗信玄餅を始めお菓子の数々…大迫力です! 桔梗信玄餅以外のお菓子も日替わりであるのでいろいろ詰めたくなります。 ルールを聞いてビニール袋をもらいます。 この大きさ…いったい何個入るんでしょうか。 ここはやはりこの技を発動!詰める前に伸ばす伸ばす伸ばす!破れたらやり直しだそう。 それでは準備完了!早速詰めま~す! 1個160円の桔梗信玄餅。 詰め放題は220円。 すなわち2個詰めるだけで元が取れる計算です。 平均は12個前後だそうなので、ここはそれ以上詰めたいところ!楊枝をはずしてひたすら詰める!詰める! 店員さんいわく、桔梗信玄餅を外側に向けて入れるとキレイに入るんだとか。 袋が結べなきゃやり直し。 やったー!!!できたー!これで12個、平均点クリア!なんと1700円もお得です! ちなみにベテランスタッフさんが詰めるとこんな感じ。 なんと20個入って約3000円もお値打ちに!この大きさの違いがプロとアマの差。 そして過去最高記録は34個詰めた人もいるんだとか。 うーん、参りました…。 詰め放題DATA 期間:毎日 時間:時間無制限(一人1回) 料金:1袋220円 注意事項:繁忙期は営業時間前に整理券を配布。 個数限定のため、商品が無くなり次第終了 <詰め放題のコツ> 楊枝を取り外し、桔梗信玄餅を外側に向けて円を描くように詰めよう。

次の

桔梗信玄餅 -山梨の代表銘菓- 桔梗屋をもっと楽しむ [工場見学]

桔梗屋 本店

桔梗屋本店とは 静岡市葵区には茶町という地名の場所があります。 江戸時代初期に茶商が集められたことに由来するこの地区には、現在も多くのお茶屋さんがお店を構えています。 そんな茶町のメインストリート「茶町通り」に、大正の終わりに店を構え、今なお静岡市民に愛されている老舗和菓子店さんがあるんですね。 それが、 桔梗屋本店さん 絶品!生フルーツ餅 桔梗屋本店さんの商品の中で、ぼくがダントツに大好きなスイーツが 生フルーツ餅 です! 生フルーツ餅は、新鮮なフルーツと白あんを、わらび餅のようなプルプルした餅生地で包んだ、桔梗屋本店さんのオリジナル商品です。 2011年くらいから販売が開始された商品ですが、一日に製造できる数が200個程度で数量限定。 売り切れてしまうことも珍しくない、非常に人気の和菓子なんです。 ショーケースに並ぶ生フルーツ餅見るとワクワクしちゃう! 休日は品切れになってしまうことも珍しくないので、午前中のうちにご来店することをオススメします。 目の前でお目当の生フルーツ餅が売り切れた時は、本当に絶望しましたね。 生フルーツ餅で季節を感じる わらび餅のような餅生地は、一般的な大福餅の生地と比較すると、カロリーは約半分ほど。 芯に入っているのも新鮮なフルーツなので、ダイエット中の方でも罪悪感少なめで食べられちゃいます! そして季節によって使われるフルーツが変わってくるので、生フルーツ餅を食べることで、季節を感じることができますよね。 ぜひ、旬のフルーツを使ったフルーツ餅で、新しい季節の装いを味わってください。 ここからは、ぼくら家族が2018年4月始めに購入した、人気の生フルーツ餅3種をご紹介させていただきます! いちご 180円(税抜) まるでいちご大福のような見た目ですが、わらび餅のようなプルプルでひんやりと冷たいお餅とみずみずしいいちごとの相性は抜群!いちご大福とは全く異なる味わいです。 白あんも主張しすぎず、さっぱりと頂けます。 夏の暑い時期に食べたい、本当に美味しい! マンゴー 200円(税抜) マンゴー自体が美味しい!ねっとりと濃厚な、いいマンゴーですね。 マンゴーの美味しさが際立ちます。 はまさきみかん 190円(税抜) 口に含むとみかんの果汁がジュワーっと広がります。 冷えたわらび餅状のお餅との相性も完璧にマッチしています。 適度なみかんの酸味と白あんの甘みが、素晴らしいハーモニーを奏でてくれます。 まとめ フルーツ餅の肝となるのは、やはりフルーツのみずみずしさだと思います。

次の

桔梗信玄餅工場テーマパーク ご案内

桔梗屋 本店

本社は中央自動車道一宮御坂インター入口近く。 交通の利便性に加えて、桃源郷と森林公園金川の森にほど近い、自然に囲まれた環境の中にあります。 工場は11,000m 2の敷地内に建つ、延べ床面積5,000m 2のゆったりとした建物です。 この工場から、四季折々の風情を生かした創作和菓子が続々と生まれています。 私たちは、地域に密着した店作りを常に目指しています。 それは工場も同じです。 皆様にお召し上がりいただいているお菓子はどのように作られているのか、どのような環境で作られているのか…。 普段なかなか知ることができない工場内の様子を見ていただき、当社のお菓子に対する想いを知っていただきたく、積極的に工場見学をお受けしています。 団体のお客様はもちろん、個人のお客様も常時ご案内しています。 15:00を最終のご案内とさせていただきます。 なお、見学時間は9:00~16:00です。 (11:40~12:20は桔梗信玄餅の製造ラインが止まります。 ご了承ください。 (ガイドボタンがございます。 予めご了承ください。 (エレベーター、スロープ等ございません。 桔梗屋では、飲食部門やお菓子部門に自社栽培の野菜を取り入れるため、2010年より本格的に農業分野に進出しました。 どれも、安心・安全な産地直送の新鮮な野菜ばかりです。 味・品質には問題がないものの、形がいびつなものや、小さな傷が付いたため桔梗屋の厳しい基準をクリアできなかった野菜も、割安で販売しています。 ぜひお気軽にご利用ください。

次の