ウイルス 禍 読み方。 【ライフ】最近よく見る「コロナ禍」何と読む? 「うず」でも「なべ」でもありません

コロナ禍とは?読み方の正解は「コロナか」!一体どういう意味なの?

ウイルス 禍 読み方

『コロナ禍』の正しい読み方や意味 新型コロナウイルスに関するニュースが日々報じられていますが、そんな中 『コロナ禍』という言葉をSNS等で目にする機会も増えたと思います。 SNS上でもトレンド入りするほど困惑の声があがったことがありますが、 正しい読み方は『コロナか』です。 『禍』は訓読みでは 『まが』『わざわい』という読み方で、音読みでは 『か』と読みます。 今まで普通に誰もが知っていて当然かのように使われている 『コロナ禍』ですが、使っている側も新型コロナが発生するまでは使うことは無かったはずですし意味も知らなかったのではないでしょうか。 初見で読める方はなかなかいらっしゃらないかと思います。 新型コロナウイルスの影響で 『禍』という漢字(ワード)を見かける頻度は増えたものの、普段の生活の中ではなかなか目にすることがないですよね。 ちなみに私も、恥ずかしながら最初は 『禍々(まがまが)しい』から 『コロナまが』と呼んでいました…もしくは流行に乗って 『コロナ鍋(なべ)』が売られているのかとも考えたことがあります。 (不謹慎) よくある間違い• コロナ禍(か):〇• 不幸をひきおこす原因や喜ばしくない出来事を指す言葉なので、普段それほど使う言葉ではありません。 『禍(わざわい)=災難・災い・不幸』の意味があり、新型コロナウイルスが発生しなければ使われることがなかったであろう言葉であると言えるかもしれません。 だったら、わざわざ 『コロナ禍』という言葉を引っ張り出してこずに 『コロナ災』で通してほしかったというのが個人的な感想です。 コロナ災のほうが日本全国民が周知しやすかったのではないでしょうか。 『災(わざわい)』は防ぎようのない天災という意味があるので、 新型コロナウイルスは防ぎようのない天災に分類したくなかったのかもしれません。 類義語としては、 『自粛』『ロックダウン』『歴史的緊急事態』等が挙げられます。 コロナ禍を用いた例文 コロナ禍を用いた例文をいくつか紹介します。 コロナ禍なので、外出はなるべく控えましょう。 コロナ禍が深刻化する前に、何かしらの対応が必要だ。 コロナ禍の外出自粛中は、家で大人しく過ごそう• 世界がコロナ禍でも、病気に負けないように健康を保つことが大切である。 『コロナ禍』によって多くの人々の生活が脅かされていますが、今は各々が協力しながら感染拡大を防ぎ、1日でも早い経済回復を待つしかないですね。 『コロナ禍』の正しい読み方や意味まとめ• 『コロナ禍』は『ころなか』と読む• 『禍』は訓読みでは『まが』『わざわい』という読み方で、音読みでは『か』と読む• 流行に乗って『ころななべ』が出てきているわけではない• 『災(わざわい)』は防ぎようのない天災という意味があるため、人為的な努力によって防ぐことができる『禍(わざわい)』という言葉を用いていると思われる• 類義語として『自粛』『ロックダウン』『歴史的緊急事態』等が挙げられる 新型コロナに感染している人の中にも無症状の人や病院に行っていない人が多数いると思われるので、本当のところの感染者数は知る由もありません。 各国が発表している感染者数のデータも完全に鵜呑みにはできないと思います。 とりあえず、私はこのサイトのリアルタイム数値を見ています。 引用元: どの情報が正確でどの情報を信じたらいいのか分からなくなってしまっていますが、とにかく 個人ができること(うがい・手洗い等)を徹底しましょう。

次の

「禍(か・わざわい・まが)」の意味や使い方 Weblio辞書

ウイルス 禍 読み方

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• 2020年4月6日• 2020年4月7日• , , , , , , ,• この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。 この記事の内容が、コロナ関連のニュースを見聞きする上での参考になれば幸いです。 ・コロナ禍は学生の就職活動にも大きな悪影響を与えている。 新型コロナウイルスによる売上減などを理由に、内定取り消しや会社説明会の中止などが現実として起こっています。 この例の通り、「コロナ禍」は学生の就職活動に大きな悪影響を与えているといえるでしょう。 「禍」と「災」の違い 「禍」と似た意味を持つ言葉として「災」を思い浮かべる人も多いかもしれません。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 ・「災」は防ぎようのない天災 ・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄 上記を踏まえて考えると、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈できます。 また早期対策を適切に打ち出すことができていれば、これ程まで拡散するものではなかったという見方もできるかもしれません。 なお「口は災いの元」という言葉があるのように、人為的に防ぐことができるものであっても「災」を使うケースが少なからずあります。 したがって言葉の意味や使い分けに対して過度に神経質になる必要もないでしょう。 「コロナ禍」の影響を受けた業界 「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界といっても過言ではありません。 この項目では、その一例として4業界を取り上げました。 飲食業界 新型コロナウイルスは飛沫感染することが確認されているので、近距離で話したり他の人と飲食物を共有したりする飲食店では客足が遠のいている店舗が多く見られます。 中には前月の売上の半分以下になってしまったり、閉店に追い込まれたりした店舗もあるほどです。 採算度外視で破格のキャンペーンを企画したチェーン店もありますが、以前の水準まで客足を戻すまでには至っていないといえます。 特に所帯持ちのサラリーマンは、自身を経由して家族に感染させてしまうというリスクを恐れてまっすぐ帰路に着くという人が多いかもしれません。 宿泊業界 旅館やホテルといった宿泊業界では、海外観光客が大幅に減ったこともあり売上を落とした店舗が多いといえるでしょう。 特に海外観光客の依存度が高かった店舗では、廃業の憂き目にあったというケースも少なくありません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。 イベント業界 人が密集したり近距離で接触したりすることから、中止を余儀なくされたイベントは多いでしょう。 チケットの返金対応やイベントに携わる人々の人件費など、関連する問題は山積みです。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 小売業界 マスクや消毒用のアルコールなどを買い求め、ドラッグストアには毎日のように早朝から長蛇の列ができました。 スーパーでも生産停止による品薄を危惧してトイレットペーパーや食料を買い占めるというケースが多く見られます。 政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「コロナ禍」の影響による働き方の変化 「コロナ禍」をきっかけとして、働き方に変化があった例が少なからずあります。 この項目では、その事例として3つピックアップしました。 時差出勤 満員電車による従業員の新型コロナウイルス感染を防ぐことを意図して、出勤時間を前後にずらす「時差出勤」を導入した企業が多く見られました。 特に大都市圏では電車通勤がメインということもあり、より効果を発揮するとされています。 したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。 リモートワーク・テレワーク・在宅勤務 似た言葉ではありますが、それぞれ少しずつ意味が異なります。 まず「リモートワーク」は「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」です。 場所は自宅やカフェなど、オフィス外である以外は特に限定されていません。 続いて「テレワーク」とは「離れたところで働くこと」を意味する造語です。 通勤したり会社で人と接したりすることなく、仕事を進めることができます。 そして「在宅勤務」は「自宅で働くこと」で、「テレワーク」の一つです。 インターネットを使ったオンライン会議やメールなどを使ったやり取りなどで仕事をすることで、家にいながら仕事をすることを指します。 オンライン配信 学習塾や英会話教室のように対面して行なっていた授業を、オンライン上で公開したり授業したりするようにしたケースが散見されます。 そうすることによって生徒は他の生徒や講師と近距離で接することなく授業を受けられるというわけです。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 「コロナ禍」が収束しても、オンラインでの活動をメインにするという人もいるかもしれません。 まとめ この記事のおさらい ・「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味がある ・「災」は防ぎようのない天災なのに対し、「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄であるという違いがある ・「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界 ・「コロナ禍」は働き方を変化させるきっかけになったという一面があり、その例として「時差出勤」や「リモートワーク」、「テレワーク」や「在宅勤務」などが挙げられる.

次の

『コロナ禍』の正しい読み方や意味とは?『渦』や『鍋』との違い

ウイルス 禍 読み方

コロナ禍の意味は? まず、「禍」の意味は「わざわい」です。 「わざわい」と聞くと「災」の漢字を思い出します。 「禍」と「災」には違いがあるのか調べてみました。 「禍」と「災」の違いとは? 面白い回答が知恵袋の方で比較されていました。 【災】わざわい。 (ア)火事。 大きな火事。 (イ)災難。 自然に起こるわざわい。 洪水・地震など。 神のとがめ。 思いがけず受ける不幸。 (『漢語林』大修館書店) 災・・・・・・・・・・天災的な災い。 防ぎようのない災い。 地震・台風・火山の爆発など。 禍・・・・・・・・・・人為的な災難。 工夫したり、予防していれば防げるもの。 火事・なだれ・洪水・など。 出典: 同じ災難を表すようですが、どうも 天災等のようにどうやっても防ぐことが出来ないのが「災」で、 人為的な原因により発生した禍であり、防ぐことが出来たものが「禍」のようです。 たしかに、今回の「新型コロナ」は「感染症の病気」なので、もっといろいろ対策を早い段階で措置を講じていれば「わざわい」となるまえに防ぐことが出来たものと言えそうなので 「災」ではなく「禍」と呼ぶのがふさわしいのかも知れません。 つまり 「コロナ禍」は「コロナが原因によって生じた禍」という意味になると考えられます。 ちなみに、先ほどの「禍災」は「かさい」と読み、「わざわい」や「災難」の意味を表します。 その他にも「禍」を用いた言葉に次のようなものがあります。 大禍(たいか):大きな禍 惨禍(さんか):むごたらしい禍 水禍(すいか):水難や洪水にあう事 さんずいの「渦」としめすへんの「禍」での区別の仕方が分からず、 「コロナ禍」と「コロナ渦」の意味の違いについては現在調査中です。 ちなみに英語では「災難」の事を「calamity」と呼ぶようです。 こちらの記事も人気です! Sponsored Links 「禍の語源」はわざはひ?「咼」+「示」が表す意味とは? wikipediaによると わざわい【災い、厄、禍】(歴史的仮名遣い:わざはひ) 「わざわい」の語源は「わざはひ」だったんですね。 興味深い記事を発見! 日本語の「わざはひ」はワザ(隠された神意)+ハヒ(這うように広がる)が語源で、「いましめる神意のきざし」が原義というが(『岩波古語辞典』)、古典漢語の禍は予想外の不幸や難儀の意味である。 禍は「咼(音・イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。 出典: 先ほどの記事によると ・「わざ」とは神意つまり神の意図 ・「わい」は古語で使われていた「はひ(這ひ)」が元。 「這ひ」を調べてみると「這ひ歩く」「這ひ蚊来る」「這ひ入る」「這ひ出」 という言葉等が見つかります。 いずれも 「這う」という意味で使われています。 出典: また、 ニコニコ大百科による「示」の意味 意味 示す、表す、人に告げる、教える、人の目に晒す、という意味がある。 もともとの意味は、神、神のお告げで、そこから示すという意味が出た。 また視と通じて視る、祇と通じて土地神、寘と通じて、おく、という意味があ 出典: 「示す」が神のお告げから来ている言葉だとは初めて知りました。 確かに「しめすへん」を表す漢字には「 神」「祈」「福」等、「神」を意識している感じはありますね 「禍」を表す「咼」の意味や成り立ちは? 「咼」は「冎」+「口」という字で成り立っています。 冎カ は、手足の骨が連続してつながる形で、ここでは関節部分をさす。 そこに口のついた咼カは、関節部分がまるいことを表し、関節の先端が、とびでてまるい意と、それを受けるへこんでまるい部分をいう。 具体的には、大たい骨のまるい上部とそれを受ける骨盤の骨臼をさすものと思われる。 咼を音符に含む字は、関節の骨の一方のくぼんだ「まるい穴」、骨の一方のまるく出た「まるい山形」のイメージをもつ。 出典: 「渦巻く」って水が丸くなっているイメージありますし、「鍋」は「丸い器」って、「咼」が 「丸い」ってイメージなのは分かりました。 禍 カ・わざわい ネ部 解字 「ネ(=示。 祭壇・神)+咼(まるい穴)」の会意形声。 神のたたりを受けて思いがけない穴(落とし穴)にはまること。 出典: 「禍」も同様なんですね。 Sponsored Links コロナ禍の読み方はなんて読む? では、「コロナ禍」はなんと読むのか? 「 鍋(なべ)」、 「渦(うず)」、 「過(か)」に似ている字です。 上記の漢字と間違えて 「コロナなべ」「コロナうず」「コロナか」等と読んでいる人は多そうな感じがします。 では、「禍」の「読み方」は? 「禍 読み方」で調べてみると 「禍」についての「訓読み」は次のようになっています。 「訓読み」では「わざわい」「まが」 と読みます 「わざわい」と聞くとどちらかというと 「災」の字を思い浮かべてしまいます。 一方、「禍」についての「音読み」は次のようになっています。 「音読み」では「カ」 と読みます。 この事から 「コロナわざわい」「コロナまが」「コロナか」に絞られます。 さすがに、「コロナまが」とは言わなそうなので、「コロナわざわい」か「コロナか」のどちらかだと思われます。 「コロナわざわい」とも読めそうですが、「禍」をつかう、その他の熟語を調べてみました。 「禍」を前に使用する熟語 「禍神(まがかみ)」「禍言(まがごと)」「禍事(まがごと)」「禍福(かふく)」「禍災(かさい)」 「禍」を後に使用する熟語 「水禍(すいか)、大禍(たいか)、惨禍(さんか)」 等があります。 「将来(未来)にかこんを残す」とか「かこんをのこした」って言葉を聞いた事ありません? 実はあの 「かこん」は「禍根」と書きます。 「禍」を後に使用する場合 「禍」は「か」と読んでいるため、おそらく 「コロナ禍」は「コロナか」と読むのではないかと考えられます。 テレビ等の報道で「コロナ禍」の文字が出てこないため、アナウンサーによる発音もありませんので、残念ながら、正式な読み方は発表されていません。 あくまでも予想にすぎませんが、 「コロナ禍」の読み方としては「コロナか」が一番高そうで、次に「コロナわざわい」ではないかと思われます。 同じ「わざわい」の字を2つ並べ「禍災」と書いて「かさい」と読む場合もあるようです。 追記:最近はコロナ渦も使用! 実は 「渦」も音読みで「カ」と読み、一部の記事やニュースでは 「コロナ禍」ではなく「コロナ渦」をタイトルで使われているものもあるようです。 冷静に考えてみると 「渦中(かちゅう)」では「渦(か)」とよみますね。 ニュース記事で「コロナ渦」が使われていました。 新型コロナ渦に見舞われた東京五輪、延期がまだ決まらない理由 — AFPBB News afpbbcom しかし、 ツイート上でのタイトルが「コロナ渦」、実際の記事は「コロナ禍」になっているのが不思議です。 「コロナ禍」と「コロナ渦」の使い分け方までは分かっていません。 「コロナ渦」を使う理由は 「誤り」もしくは「新語?」等と指摘する意見も・・・ 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 — yhkondo yhkondo コロナ禍で不足中のマスクですが ネット購入可能なマスクを発見! 当サイトに掲載された情報 については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は 各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を 目的とするものではありません。 使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に 帰属しております。 著作権や肖像権に関して 問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。 不適切な記事、リンク等が ありましたら 早急に削除等の対応をいたしますので ご連絡下さい。 尚、ツイッターやインスタは 基本的に許可なく埋め込み機能にて 引用可能なため、 当サイトでは埋め込み機能を利用して 掲載させて頂いていますが、 もし、掲載において不適切なツイートやインスタ等がありましたら、 削除依頼があれば早急に対応致しますのでご連絡下さい。 YOUTUBEにおいても同様に 動画共有機能を利用させて いただいていますが、 ツイッターやインスタと同様に 削除依頼があれば早急に対応致しますのでご連絡下さい。 返信は72時間以内にお返事しております。 返信がない場合は不達も考えられますので 再度、ご連絡下さい。

次の