ツイッター センシティブ 見る 英語。 ツイッターのセンシティブな内容ってどんな内容?解除方法と解除したのに見れないときは?

Twitterの言語を日本語に設定する方法!英語になる場合の簡単な直し方を紹介|アプリ村

ツイッター センシティブ 見る 英語

アプリのアカウントとモバイル版Twitterでログインするアカウントが同じであることを確認しましょう。 既に別のアカウントでモバイル版Twitterにログインしていた場合、そのアカウントのセンシティブを解除してもアプリのアカウントのセンシティブは解除されません。 ログインしたら「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へと進みます。 これでセンシティブが原因でタイムラインに表示されなくなっていた画像や動画が表示されるようになります。 ツイート検索を行っている最中にセンシティブが原因で見れないツイートがある場合はプライバシーとセキュリティ内にある「検索フィルター」から設定を変えられます。 こちらの「センシティブな内容を含むものを表示しない」にチェックが付いている場合はチェックを外しましょう。 Twitterのセンシティブ解除方法【Android編】 Android版の場合はアプリ内からセンシティブを解除することができます。 まずは「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へと進みます。 この中の「センシティブな内容を表示しない」に付いているチェックを外すとツイート検索時のセンシティブを解除することができます。 Twitterが英語でセンシティブを解除できない場合 ブラウザ版Twitterにアクセスした際に、Twitterが英語表示になってしまう場合は以下の手順で解除できます。 日本語表示にして操作したい方は以下の記事を参照ください。 関連記事 解除してもセンシティブが直らない(見れない)場合 別アカ(サブ垢)のセンシティブを解除している iPhoneからセンシティブを解除する項目で注意書きしておりますが、iPhoneはアプリからではなく、ブラウザからセンシティブを解除する必要があるので、 以前ログインしていた別垢(サブ垢)のセンシティブを誤って解除していないかご確認ください。 解除設定の反映にラグがある 本来、センシティブを解除すると画像や動画はすぐに表示されるようになるのですが、まれに解除設定の反映に時間がかかることがあります。 数十分程度、時間を置いて改めて確認してみてください。 こちらにチェックを入れてしまうとフォロワーがセンシティブを解除していない場合、自分の投稿した画像や動画が「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示されてしまいます。 Twitter側の画像解析やセンシティブな画像を表示しているという通報が入っていなくても問答無用でセンシティブにされてしまうのでお気を付けください。 センシティブな内容と判断される基準 によると暴力的な描写や成人向けコンテンツ、ヘイト表現を含む内容などがセンシティブの対象とされています。 これらに全く当てはまらない投稿であっても過去にセンシティブな画像や動画を投稿して通報が寄せられていたアカウントはセンシティブな内容と判断される傾向にあります。 その他には推測ですが、設定した生年月日から18歳未満のアカウントに対してはより厳しいフィルターをかけているのではないかと思われます。

次の

Twitterで『センシティブな内容』を解除する方法

ツイッター センシティブ 見る 英語

友達や知り合い、好きな芸能人などをフォローして、その人のツイートを見ようと思ったら 【このツイートには不適切な内容が含まれている…】という表示が出てきてツイートの内容がわからない!という経験がある人って少なくないですよね。 人のツイートだけでなく、自分がツイートしたものでも【不適切な内容が…】と表示されてしまうこともあります。 』 『このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません』 と出てきたら、薄いグレーになっている文章の部分をタップしてください。 画像でいうと赤枠で囲んである部分です。 タップすると、次の画像のような表示が出てきます。 同じような表示が出てきたら、赤枠で囲んである【設定を変更】をタップします! タップするとTwitterのログイン画面に移行しますので、 「不適切な…」「センシティブな内容…」と表示されるアカウントでログインしてください。 すると、何やら設定の画面にいくんですが、その中の【セキュリティ】の項目までスクロールしてください。 センシティブな内容を解除できない時の対処法 『センシティブな内容が…』を解除する方法について解説してきましたが、 「手順通りにやったのにまだ見れないツイートがある!」なんてことがあるかもしれません。 私も、解除したはずなのに見れないツイートがあって「あれ?」となった経験があります。 こういった時の対処法は 『タスクを切る』ことです。 タスクを切ってから、再度Twitterを開いて確認してみてください。 Twitterの「不適切な内容が…」をPCで解除する方法 それでは続いて、「不適切な…」をPCで解除する方法を解説していきます! PCでツイッターを開いてログインをすると、画面の右上にご自身のTwitterアイコンが出てきます。 アイコンをクリックすると、下記の画像のように表示されます。 ずらっと並んでいる項目の中から【設定とプライバシー】を選択してクリックしてください。 この様な画面になったら、一番左側に並んでいる項目の【プライバシーとセキュリティ】をクリックします。 下までスクロールすると【安全性】という項目があるので、その中の【不適切な内容を表示しない】にチェックが入っていると思います。 ただ、万が一きちんと解除できていない時のことを考えて、設定変更が完了した後に確認することを忘れないでください。

次の

Twitterの言語を日本語に設定する方法!英語になる場合の簡単な直し方を紹介|アプリ村

ツイッター センシティブ 見る 英語

もくじ• これは、画面上で表示されている内容から察する通り、 公序良俗に反するものや過激な表現、アダルト関連のツイートである場合が大半ですが、 これらに限りません。 「センシティブな内容」に該当する投稿 Twitterのポリシーでは 「センシティブな内容」に該当するツイートを以下のように定義づけています。 写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 参照: ツイートがこれらの定義にどのように該当するか、Twitter側がどのように察知しているかは公開されていませんが、 プログラムによる自動的な判定に加え、 ユーザーからの「報告」からも判定の材料に使用されている可能性があります。 Twitterの設定変更で閲覧できるようにする方法がある これら「センシティブな内容」は、 Twitterの設定変更によって、見れるようになります。 Twitterの「センシティブな内容」を設定解除する方法 「センシティブな内容」で隠されている内容を閲覧するには、Twitterの設定を変更する必要がありますが、実はTwitter公式アプリないでは、この設定変更を行う機能がなく、ブラウザ版のTwitter にアクセスする必要があります。 この設定によって冒頭で紹介した「センシティブな内容」で非表示になる事象を避けることができます。 ) Twitterの設定が英語で表記されている時の対処法 センシティブな内容の設定変更を行うには、ブラウザ版のTwitterにログインする必要がありますが、稀に ブラウザ版Twitterの言語設定が英語に設定されている時があります。 英語で表記されているがゆえに正しく設定変更できない時は、 一度言語表示設定を変更する必要があります。 Twitterの「センシティブ設定」が解除できない時の対処法 上記の通り設定変更を行っても、「センシティブな内容」のコンテンツを見ることができないというケースがあります。 そんな時は以下をお試しくださいませ。 Twitterアプリの再起動 ブラウザ版のTwitterで設定変更を行い、本来的にはすぐさま更新されているはずですが、 Twitterのアプリを起動しつづけていた場合、その 設定変更が反映されず、引き続きセンシティブな内容が見れない状態になることがあります。 そんな時は Twitter のアプリを1度閉じて、 再度起動することでユーザー個人の設定が更新され、「センシティブな内容」を閲覧することができるようになります。 通信環境の確認 通信環境が整っていない状況でブラウザ上で設定変更を行っても反映されていないパターンが考えられます。 またWi-Fiなどの不調によって確実に設定が更新されていない方も考えられますので、確実な通信(4Gなど)に切り替えて、 再度ブラウザ版Twitterから、設定変更を行うようにしましょう。 端末の再起動やログアウト/イン・アプリの再インストール それでも Twitter の設定変更が更新されない場合は、一度 iPhone を再起動する、もしくは、一度ログアウトしてログインし直す、アプリのインストールも試してみましょう。 Twitterには検索でも「センシティブ設定」がある あまり知られてはいませんがツイッターの検索機能でもセンシティブな内容を表示しない機能があります。 この機能をオンにしていると Twitter 側でセンシティブな内容と判断される投稿コンテンツについては、検索結果に表示されなくなります。 検索でも「センシティブな内容」を結果に表示する方法 検索結果でもセンシティブな内容を表示するには、こちらも設定変更が必要になりますが、この項目もブラウザ版の Twitterへのアクセスが必要になります。 こうすることにより、センシティブだと判断される内容も見る前から非表示にならず結果画面に表示されるようになります。 これにて、Twitterを閲覧している中で自分が不快になると思われる「センシティブな内容」を表示させずに済みます。 あまりにも「センシティブな内容」が表示される場合 できるだけ過激なコンテンツが表示されないようにしていても、どうしてもプログラムでの判別には限界があり、表示されてしまうケースもあります。 もしそんなケースが頻発するようであれば、表示されたコンテンツ 「報告」することで「センシティブな内容」の投稿をできるだけ表示させないようにすることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は Twitterの「センシティブな内容」を解除する方法について解説いたしました。 各人が様々な投稿を自由にできる反面、過激なものや不快なもののアップロードを事前に止める機能はなく、モラルはある程度ユーザー側に委ねられています。 そんな「センシティブな内容」をどうしても見る必要があれば、本記事参照してご確認下さいませ。

次の