地震前兆 リアルタイム。 【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 │ 防災の種

「東京で震度6超える恐れも」関東で頻発する地震は“首都直下型”の前兆!? 備えるべきポイントとは

地震前兆 リアルタイム

しつこい様だが、本稿の主眼も「 いついつまでに 震度いくつの地震が、この場所に起きます 」 などという予知は行わないし行えない。 当記事で出来ることは、「 地震が起きるかもしれない 前兆の観測データを提供するので予知するか どうかは、あなた自身が判断して下さい 」と言う位置づけだ。 地震が起きるかも知れない予知の判断材料となる 観測データで、2020年現在もっとも有力なのが 地上、約100キロの上空にある「 電離層の状態 」である。 熊本地震でも東日本大震災でも発生の 20分まえから電離層にある電子の異常が起き、 異変が見られるという。 2011年の東日本大震災の直前には、3月8日の 午前11時から日本海溝上部の電離層に異変があり、 夜でも電子の動きが活発に、なっていた。 スポンサードリンク 地震の前兆の可能性を示す大気中ラドン濃度グラフ 先程は、地中から出る放射性の希ガス元素 ラドンガス【 Rn 】が大気圏にある電離層に 影響を与えると記した。 「 ラドン温泉 」という言葉は聞いたことが あるが、ラドンガスと地震の関係は何か? 日本で起きる地震の殆どはプレート境界型の 地震であると言われているが、大地震の周期は 最も短いものでも200年で、1年で3センチづつ 北北西に移動し、200年で6メートル移動する。 実は、マグニチュード7クラスの大地震が起きる 1週間くらい前に岩盤が、ヒビ割れを起こすことで、 微細な「 マイクロクラック 」が起きると、 地中からラドンガスが出てくるのである。 と、言うことは…!? 普段からラドンガスの状態をリアルタイムで 監視し、観測データに異変が起きたら用心すれば 良い、という結論になる。 では、さっそく以下に「 大気中ラドン濃度グラフ集 」 のリアルタイム観測データのリンクを貼る。 岩盤の地割れのクラックから発生する、 ラドンガスに拠って大気中のチリなどが 電気を帯び、それが核となって水蒸気が 水滴に変化する事で「 潜熱 」が発生するが この潜熱こそが熱エネルギーの正体である。 水蒸気は雲でもあるが潜熱は、あくまでも ひとつの指標でしかないので、参考程度にしか ならないだろう。 また季節に拠っても当然、夏は大気の気温は 高めで厚いし、冬は低めで寒くなる。 いつもは台風の進路の視認で使っている 「 Windyty 」の気温のリアルタイム概況の画像だ。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の

リアルタイム地震前兆データ~大地震の前兆現象を知るために by 地震前兆ラボ(百瀬直也)

地震前兆 リアルタイム

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 2020年3月2日(月)にアップされたTwitterでは、東日本大震災の前兆の時と似たデータが観測されたとしています。 観測機1のデータです。 月と太陽の位置が3. 11発生時とほぼ同じ時間にM6クラスの緑の反応が出ています。 発生しそうになったが発生しなかった状況です M6クラスの前兆反応が出ていますので東北地方及東方沖等太平洋プレート境界付近の地震にまだ暫く注意が必要です — 麒麟地震研究所 kirinjisinken 「観測機1」では、マグニチュード6クラスの反応が出ているとのことで、警戒するとして情報を発信しています。 別の「観測機5」では、関東や伊豆諸島で前兆を捉えたが収まったとのこと。 観測機5は関東地方や伊豆諸島の前兆反応を捉えています。 赤の強い反応が長期間出現していましたが今日午後から突然収束しました。 注目しています 観測機2も昨日から収束しています。 観測機1にM5前後の反応が出ています。 暫く注意が必要です。 — 麒麟地震研究所 kirinjisinken LoveMeDo(ラブちゃん)が2020年3月の地震を予言 地震や自然災害、芸能人の不祥事などを予言している芸人、占い師、風水師、占星術家として活動するラブちゃんことLoveMeDo氏。 毎月、地震に関する予知を行っているので注目しておくと良いかもしれません。 3月2日~5日、 3月9日~12日、 3月15~17日、 19日~26日、 3月30日~4月2日で注意を促しています。

次の

JESEA地震科学探査機構

地震前兆 リアルタイム

しつこい様だが、本稿の主眼も「 いついつまでに 震度いくつの地震が、この場所に起きます 」 などという予知は行わないし行えない。 当記事で出来ることは、「 地震が起きるかもしれない 前兆の観測データを提供するので予知するか どうかは、あなた自身が判断して下さい 」と言う位置づけだ。 地震が起きるかも知れない予知の判断材料となる 観測データで、2020年現在もっとも有力なのが 地上、約100キロの上空にある「 電離層の状態 」である。 熊本地震でも東日本大震災でも発生の 20分まえから電離層にある電子の異常が起き、 異変が見られるという。 2011年の東日本大震災の直前には、3月8日の 午前11時から日本海溝上部の電離層に異変があり、 夜でも電子の動きが活発に、なっていた。 スポンサードリンク 地震の前兆の可能性を示す大気中ラドン濃度グラフ 先程は、地中から出る放射性の希ガス元素 ラドンガス【 Rn 】が大気圏にある電離層に 影響を与えると記した。 「 ラドン温泉 」という言葉は聞いたことが あるが、ラドンガスと地震の関係は何か? 日本で起きる地震の殆どはプレート境界型の 地震であると言われているが、大地震の周期は 最も短いものでも200年で、1年で3センチづつ 北北西に移動し、200年で6メートル移動する。 実は、マグニチュード7クラスの大地震が起きる 1週間くらい前に岩盤が、ヒビ割れを起こすことで、 微細な「 マイクロクラック 」が起きると、 地中からラドンガスが出てくるのである。 と、言うことは…!? 普段からラドンガスの状態をリアルタイムで 監視し、観測データに異変が起きたら用心すれば 良い、という結論になる。 では、さっそく以下に「 大気中ラドン濃度グラフ集 」 のリアルタイム観測データのリンクを貼る。 岩盤の地割れのクラックから発生する、 ラドンガスに拠って大気中のチリなどが 電気を帯び、それが核となって水蒸気が 水滴に変化する事で「 潜熱 」が発生するが この潜熱こそが熱エネルギーの正体である。 水蒸気は雲でもあるが潜熱は、あくまでも ひとつの指標でしかないので、参考程度にしか ならないだろう。 また季節に拠っても当然、夏は大気の気温は 高めで厚いし、冬は低めで寒くなる。 いつもは台風の進路の視認で使っている 「 Windyty 」の気温のリアルタイム概況の画像だ。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の