ウルバト 最強。 【ウルバト】リソース管理も楽しい『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』 ―初心者おすすめ怪獣考察

【ウルバト】新怪獣ペダニウムゼットンが登場! 最強装甲と高火力、これでエンドマークだ!!

ウルバト 最強

ちなみに、設定では本作の怪獣たちはシミュレーション上の存在らしい。 オークションでは毎日数百体のジャミラだのザムシャーだのが取引されていますが、シミュレーションならあんしんですね。 これがテレビシリーズなら、プレイヤーたちはたぶん大がかりな陰謀に巻き込まれていて最終的に怪獣たちが実体化して大変なことになるフラグだと思いますが、まあそれはともかく。 本作の特徴の1つは基本無料のゲームにありがちなガチャが無い点。 「マーケット」と呼ばれるオークションで競り落としたり、怪獣ごとのDNAから生成したりできる。 ガチャが無い分、石(ウルトラストーン。 要は課金で得られる通貨)をどうやってやりくりしていくかが重要で、このリソース管理自体が面白さにつながっている点もわりとあります。 新規ユーザーは石10000くらい(25000円分くらい)をポンともらえるので、賢くやりくりしていけば微課金でも末長く遊べそう。 ただ、この「石のうまい使い方」はしばらくプレイしないとわからない点も多い。 本作の「マーケット」はかなりの「初心者殺し」「公式の罠」でもある。 要は「いかにしてDNAを効率的に集めるか」が重要になってくる。 場合によってはショップでDNAを買うより、オークションで安く落とした怪獣をDNAに変換したり、クリアするとDNAをもらえるクエスト(毎日4回まで挑戦でき、課金で挑戦回数を増やせる)を回した方が得だったりもする。 繰り返しになるが、この石のやりくり自体が「限りある予算の中で、節約方法を編み出しつつ怪獣を育てていくブリーダー」チックな体験をさせてくれて意外と楽しくもある。 ガチャを排し、課金すれば欲しいものはちゃんと手に入るシステムならではとも言える。 相性がいいとダメージが1. 3倍、被ダメージが0. 7倍になる。 数は少ないが相性の影響を受けない 無のユニットもある。 遠距離のほうが応用が利きやすいぶん、使いやすい気はする。 絶対遠距離の方が優れているというわけではないが、さすがにチーム5匹が全員近距離だと攻め手が遅れる場合もある。 怪獣の名前の横には相性/攻撃タイプ/初期レアリティを記しております。 あと怪獣のステータス画像はあくまで参考程度に。 レベル、スキルレベル、スキルの発動状況、継承スキルの種類などでだいぶ変わります。 【チュートリアルで手に入る怪獣】 ゲーム開始直後にベムラーが入手でき、その後マーケットのチュートリアルでジャミラ、恐竜戦車、グドンのうち1匹を入手できる。 本格的に育てようとするとDNAクエスト解放のために改めてマーケットで落札することになると思うし、あまり考えずに好きに選んでよいです。 基本スペックや汎用性などの性能面で考えると、 無難なのはグドン。 グドンはアリーナの防衛ではいまだ相当な適性を誇るほか、初期継承スキルの「ガード」が優秀で他の怪獣への継承役としても出番があるのも大きい。 一方でジャミラ、恐竜戦車は 固有スキルをレベル12まで上げて覚醒させると、かなり個性的な能力を得ることができる(グドンの覚醒スキルは少々お遊び・ネタ感が強い)。 固有スキルは敵を倒すと攻撃力(最大強化で必殺攻撃力も)が2ターンアップする「追い立てる悪魔」。 必殺技「ペイル熱線」はT字型4マスの広い範囲を攻撃できるのが強み。 多くのアタッカーにも言えるが、接近しないと攻撃できないわりに打たれ弱いので、高難易度クエストでは囮のタンク役を用意するなどケアが欲しいところ。 ジャミラは 技の相手を徹底的に弱化できるほか、固有スキルや必殺技の効果で相手を「火傷」の状態異常にできる。 このゲームの状態異常は普通のクエストではわりと地味な立ち位置だが、強敵相手(ウルトラヒーロー降臨イベント等)では生命線になることもあるので、使えるにこしたことはない。 デバッファーとしての能力自体はそれなりなのだが、 技相手でないと実力が発揮できないという点で少々汎用性に欠けている。 覚醒スキルは火傷状態の相手を大幅に弱化するというもので、相手を火傷にして弱らせることが得意な マガパンドン、 デマーガ、 バードンといった怪獣らと相性がいい。 ただ「必殺技攻撃力 大アップ」以外の継承スキルが軒並み微妙なので、一線級に育てるには大改造が必要になる。 「こいつならではの強み」というのがイマイチ薄いのは否めないが、序盤はアタッカーというだけでいくらでも出番があるので、戦力としては申し分ない。 通常攻撃が地属性なのも特徴だが、地属性が弱点の怪獣は今のところ少なめ。 覚醒すると待機することで移動力が超アップ、700キロ爆走待ったなしの機動性を得る。 攻撃した相手を鈍化させるユニークな能力も加わる。 スキルが非常に優秀で、一定の確率でダメージを軽減する「ガード」、ガードした時に攻撃対象を自分に限定し、なおかつHPを回復する固有スキル「陽動するムチ」を持つ。 ガードの発生は運しだいなので確実性ではこの2匹に負けるが、しぶとさでは勝る。 覚醒すると敵・味方問わず ツインテールが倒れた時にHP回復・攻撃力&命中率大アップの効果を得るが、そもそもツインテールはクエストでもアリーナでも滅多に出会わないので…。 限定マーケットの怪獣と比べると固有スキルの汎用性の低さが目立つが、戦力としては十分。 1クリアのノーマルミッション報酬。 スキルはどれもHPと回避をアップさせる、自身のサバイバビリティを高めるものばかり。 サメクジラの後ろでイキってたこいつらしい能力。 とは言え、素のHPが低いのでHPアップはこいつ自身にはあまり恩恵が無い(スキルによるステータス上昇は、素のステータスに倍率を掛けるため)。 固有スキルは「火属性の攻撃を受けた時」とあまりにも出番が少ない。 前線で戦うよりはサポート向きの性能。 能力はバランス型に見えるが、実は回避の高さは全怪獣の中でもトップ10に入るほど。 デスレムから 回避 大アップなどの継承スキルを受け継げば、あらゆる攻撃をヒョイヒョイかわす回避型タンクとして活躍できる。 それだったら最初からデスレムを育てたほうがラクなのも確かだが、バルキー星人が好きで好きでしょうがない人は回避重視で育ててみるのもいい。 2クリアのノーマルミッション報酬。 肩書は破壊獣だが、やっていることは守護者でありタンク型。 モンスアーガーは固有スキルで攻撃するたびに最大HPが上がるので、長期戦だと意外にしぶとくなる。 残念なのは、こいつが持つ運アップ系のスキルは、モンスアーガー自身の元々の運がかなり低いため上昇率も低く恩恵が薄いこと。 タンク型ならやはり耐久面のほうを伸ばしたい。 3クリアのノーマルミッション報酬。 カブトムシっぽいが顔はハエ。 原作では毒のゴミで攻撃していたが、『ウルバト』でも毒特化の怪獣。 通常攻撃・必殺技の両方が毒属性で、相手を毒状態にすることもできる。 現状、毒が必須になるような状況はパッと思いつかないが、ここまで特化していると将来性はあるかもしれない(無いかもしれない)。 必殺技の範囲が広いのも特徴で、必殺技は2マス先の1マスとその上下左右、合計5マスを攻撃できる。 4クリアのノーマルミッション報酬。 HPは低めだが、遠近両方の防御アップスキルがあるのである程度カバー可能。 ステータス配分はバルキー星人と同じで、回避寄りのバランス型。 総合戦闘力だけ見れば微妙に思えるが「そこそこ硬くてそこそこ避ける」のは、敵に回してみるとわかるがけっこう厄介。 ただ、自分で使う分にはかなり継承スキルでテコ入れしないと厳しいモノがある。 5クリアのノーマルミッション報酬。 映画のみの登場で噛ませ犬的な扱いだったけど、特異なシルエットがカッコ良すぎる1匹。 ステータス・スキルは命中と攻撃特化で、堅実にダメージを与えていくことができる。 「障害物を壊すと最大HPアップ」という固有スキルは状況を選び過ぎるが、このステータス配分で遠距離型なのはゲランダとメカゴモラくらいなのでなかなか貴重。 「遠距離タイプの攻撃力中アップ」のリーダースキルも優秀なので育てて損はない。 オススメ。 6クリアのノーマルミッション報酬。 2つの状態異常(凍傷と火傷)を使い分けられる珍しい怪獣。 どちらも毒と同じくターン継続ダメージの効果で、大逆転を狙えるようなものではないが、強敵相手には有用な効果。 固有スキル「灼熱の炎」は攻撃した相手を確率で火傷状態にするもので、最大強化すると回避を中ダウンさせる効果も付き、これがなかなか便利。 バランス型の能力で特化した強みがない一方、育て上げれば強い大器晩成型と言える。 7クリアのノーマルミッション報酬。 移動力3の遠距離型で、かつアタッカー向きのステータス。 ゲランダと並んで 速の火力としては十分すぎる性能。 あまり打たれ強くは無いので、固有スキル(HP回復)と必殺技追加効果(回避率アップ)はそれほど有効には使えなかったりするが、無駄にはならない。 8クリアのノーマルミッション報酬。。 必殺技特化のアタッカーで、スキルも必殺技攻撃力を上げるものが揃っている。 力は遠距離タイプの怪獣自体が少ないので、こいつを率先して育てる意義は充分。 戦力としては正直イマイチなのだが、クエスト周回には役立つので余裕があるなら育てて損は無い1匹。 以下の2匹の他、上で紹介した ゲランダ、 ワロガ、メカゴモラも普通に強い。 素の攻撃力が高く、スキルや必殺技でさらに攻撃力を上げられる。 所持者の少ないSPアップの継承スキルを持ち、相手の回避率を下げる固有スキルも便利。 とりあえず 技の火力が欲しい、という人にはオススメ。 【即決マーケットで購入すべき怪獣】 ゲーム開始後に2回だけ、格安かつ即決で怪獣を落札できる即決マーケット。 期間限定以外のものならだいたい出品されていたはず。 現状、一般マーケットの怪獣ではズバ抜けた汎用性を誇る 技の ゴモラ(超振動波)は即決マーケットの対象外らしい。 ぶっちゃけた話、一般マーケットに出品されている怪獣はよほどのことがない限り底値+100~200程度で買えるので、即決マーケットが超絶おトクというわけではなかったりする。 ハーフアニバーサーリーや、1周年キャンペーンでは「即決マーケットプレミアムセレクション」として限定マーケットの怪獣も期間限定でラインナップされ、EXゼットンやギャラクトロンなどの人気怪獣もお得に買うことができた。 ただ、このときは全ユーザーの即決マーケット権が復活していたので、即決マーケット権を温存しておく必要性は薄いと思われます。 2020年4月現在、探査クエストで活躍できる怪獣をピックアップした即決マーケットが開催されている。 探査クエスト以外でも即戦力として活躍できるだろう。 撃たれ弱いアタッカーを守れるほか、反撃が可能なドラゴリーなどとのコンボが超強力。 ただし移動力が1なので、イベント等で移動力 アップのスキルエッグを手に入れて継承させるのがほぼ必須となる。 力怪獣の統一チームを作り、こいつを量産して全員に 攻撃力 中アップ 力 を継承させれば火力が大幅に増す。 デマーガ自身も火傷の状態異常をトリガーとしたチームのエースアタッカーになれる。 デマーガ等の火傷に関する能力を持つ怪獣と組ませることで活躍できる。 固有スキルで高めのパラメータをさらに底上げでき、射程が1~2なので小回りも効く。 ウルトラマン 善悪 にはさらに強く出られる。 アリーナでも活躍が見込めるので、防衛に自信が無いなら購入するのもアリ。 ただ移動力1なので、ファイブキングと同じく移動力 アップがほぼ必須。 真価を発揮するのはガピヤ星人サデスと組んだ時になるが、単体でもふつうに活躍できる。 本人はパラメータこそ微妙だがそれなりの戦力にはなり、覚醒させることで味方の攻撃・防御・必殺を大幅にアップできるサポート役として輝くようになる。 ただ、このラインナップで他の怪獣と比べるとかなり癖がある性能で、正直オススメしづらい。 初期継承スキルの 防御力 小ダウン 全 は汎用性が高いので継承役としては重宝するが…。 アリーナの守護神としてもかなりの性能。 単体での性能はそれほど高くないのだが、相性もダークロプスゼロと同じ速なのがミソで、攻撃力 中アップ 速 と併用することでかなりパワフルな軍団となる。 グビラ自身は通常攻撃で相手に暗闇を与えることができるのが地味に便利で、固有スキル効果で攻撃集中効果を発揮している相手に強く出られるため、アリーナでも出番がある。 【結局、どいつを育てればいいのか?】 序盤はやはり遠距離アタッカーが欲しい。 メインクエストは障害物が出てくるステージもそれなりに多く、相手との位置が離れている場合も多い。 アリーナにも挑戦したいという人は、回避型の怪獣を防衛チームに入れておくと活躍してくれるのでオススメ。 回避型では 速の マガバッサー、 技の 巨大ヤプールや デスレムが人気。 限定マーケット怪獣では 力の グエバッサー、 速の ハイパーゼットンデスサイスや ダークロプスゼロ辺りが強力だ。 高難易度クエストのクリアも範疇に入れるなら、攻撃集中効果を発揮して囮になれる怪獣が1~2匹いると役に立つ。 力なら モチロン、 技なら グドンなどがいる。 限定マーケット怪獣も含めるなら、 力の ガンQか 速の ペダニウムゼットン、 ピッコロが使いやすい。 とにかく最強を目指したい! という人は、圧倒的強さのレジェンドキャラクター( 無の ウルトラマンベリアルなど)を買うのが手っ取り早い。 同チームに複数入れられないほか、今後イベントやアリーナへの参戦が規制される可能性があることが運営から名言されているが、単体の性能では群を抜く。 ただ購入には相当な石を要求される。 少し時間はかかっても地道に戦力をさせていきたいという人は 力の デマーガ、 技の ナックル星人の購入を検討してほしい。 この2匹は初期状態で 攻撃力 中アップ 力 、 攻撃力 中アップ 技 という強力な継承スキルを持っているのがミソ。 チームをすべて同じ相性で揃え、全員にこのスキルを持たせると攻撃力がクソヤバい域に達する。 通常攻撃だけで必殺技をしのぐ威力を叩きだし、防御に優れたタンク型怪獣であろうとふっ飛ばしてしまう最強チームの完成だ。 好きなんだもん。 時々開催される「DNAクエストの報酬2~3倍イベント」期間は限定マーケット怪獣のDNAを効率的に集めるチャンスなのでガンガン回しましょう。 どことは言わんけど、企業攻略サイトには『ウルバト』では基本的に出番が少ないヒーラー 味方を回復できるダダやレギオノイド ダダ・カスタマイズなど をやたら持ち上げてたり、パラメータ的には強そうだけどどうにも出番が限られる怪獣を「最強!」とか言ってたり、どうも適当ぶっこいてんじゃないかと思われるフシもあります。 他人のおすすめなど参考にせず、自分でグッときたヤツを育てて愛でるのがいちばん。 だからこのページで書いたおすすめがどうとか言うのもすべて忘れてOK! 以上です。 オススメ。 各怪獣の基本ステータスはもちろん、レベル10にした固有スキルの効果、必殺技の範囲、スキル逆引き等、ゲーム上では確認が難しいデータも揃っている。 最近更新が滞っているのがちょっと残念。 jackallsasaki.

次の

【ウルバト】リソース管理も楽しい『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』 ―初心者おすすめ怪獣考察

ウルバト 最強

ウルバト第13回アリーナがはじまりましたね! アリーナ初日をプレイしたギラファが,ガタノゾーアさん対策について考察します。 12まで上げた際に 「覚醒スキル」として解放されます。 ジャグラスジャグラーさんは バトル中1回のみ、偶数ターンの行動完了時,必殺または攻撃属性が『闇』の味方・相手のSPを小吸収します。 このスキルがガタノゾーアさんのSPを吸収するため, ガタノゾーアさんが必殺技を打つことを防ぎやすくなります。 ジャグラスジャグラーさんは【2020年7月8日 水 11:50まで】出品中です。 ガタノゾーアさんを攻略したい方は,是非ご購入下さい! 買って損はないニャー! ジャグラスジャグラー対策は? 先程ガタノゾーアさんの攻略法をお伝えしました。 ということは… 今度は ジャグラスジャグラーさんの対策が必要となってきます。 ジャグラスジャグラーさんから防衛するにはどうすれば良いか? ギラファの答えは…… 固有スキル 必殺を受ける時、ダメージ量が ウルトラダウンする、 このアタック中から、2ターンの間、必殺技攻撃力が ウルトラアップする 攻撃した時、次のフェイズ終了時まで、防御力が中アップする、 2ターンの間、攻撃対象を自分に向ける はい! ジャグラスジャグラーさんが必殺技を打っても, 倒れなければ大丈夫というシンプルな対策です 笑 ギラファの防衛チームのメンバーには,全員 ガードスキルを継承させております。 ガタノゾーアさん• グリムドさん• ペダニウムゼットンさん• 無課金ユーザーは決断の連続です… 笑 今回のメンテナンス明けにより,サンダーキラーさんが覚醒スキルを実装しました。 このことから,ギラファはサンダーキラーさんの強化の方を選びました。

次の

“平成のタイラント”ファイブキングが『ウルバト』参戦。ウルトラマンタイガの怪獣も!

ウルバト 最強

こんにちはこんばんは!これからウルバトの攻略日記を書いていこうと思っています田中益次郎という者です。 今回は主に初心者向けの怪獣のタイプ分け解説をしていきます。 また、この記事では 優先的に進化させるべき怪獣のおすすめもしています。 攻撃、必殺、命中が高くメインのアタッカーとして活躍します。 体力と回避が極端に低く、防御はそれなりに見えます。 このタイプばかりでパーティを組むと同格以上の敵には必殺技で一網打尽にされる危険があります。 しかし、レア度に差がついている場合はその分基礎の部分の差でゴリ押し出来るのでレア度を最初に上げる怪獣としては最も適していると言えます。 特に体力が高い強敵が現れるミッションや、回避特化の怪獣のいるミッションでは必須となる怪獣であるため、 必ず1匹は育てておきたい怪獣です。 結論から言うと、 基本的には遠距離の方がいいです。 特にエースを移動2、射程1の怪獣にしてしまうと倒したい敵にたどり着くのがしんどくなり、各ミッションのクリア時間が延びます。 このゲームは基本的にマラソンゲーなのでその点でも重視したいポイントです。 継承スキルのおすすめは体力、攻撃、命中あたりでしょうか。 回避は大、中を積んだとしても格下の攻撃ぐらいしかまともに回避しないので積むだけ無駄に感じます。 尚、攻撃、命中、必殺が更に高いタイプも存在しますが、耐久が少し低いぐらいで基本的にはこちらとそこまで変わりません。 格上の攻撃でも数発は耐え、レベルが近いなら一撃で倒されることはほぼありません。 ただし、攻撃と命中が極端に低いので、格下で相性有利の敵でも一撃で倒すのは難しいです。 必殺技はまぁまぁの威力が出るため、1人で突撃して敵の集中攻撃を受けて必殺ゲージを溜めるという使い方も出来ますが、同格相手だとその必殺技も命中の低さが足を引っ張ります。 そしておしなべて移動力が2なので味方より前に出るのが少し手間です。 このタイプの怪獣が真価を発揮するのは「攻撃集中」を発動させた時です。 この状態になると敵は「攻撃集中」以外の怪獣を攻撃できません。 攻撃範囲外にいる敵は移動のみでターンを終える このスキルは強敵相手に特に優秀で、「味方を1人も倒されない」のクエストの達成にも向いています。 しかし、逆にこのステータスタイプで「攻撃集中」を持たない怪獣 例:ケルビム等 はかなり活躍を限定されます。 というのも、敵のAI上攻撃範囲内に複数の敵が居る場合に必ずこのタイプの怪獣を攻撃してくれると限らないのです。 複数の敵を分断させ、1対1に持ち込んで時間稼ぎをするという使い方なら活躍は出来ます。 継承スキルのおすすめはガード、自動HP回復、体力、防御力などでしょうか。 特にガードは高い耐久を更に活かせるのでおすすめです。 逆に、攻撃や命中は元が低いのであまり効果を実感できません。 特徴はなんといっても回避で、格下の敵の攻撃は勿論、格上と戦うときも結構な確率で避けてくれます。 このゲームでは必殺技も回避可能であり、全ての攻撃を回避できれば理論上は絶対に負けません。 敵としては面倒なことこの上ないタイプですが、自分で使うとやはり気になるのが、同格以上の敵と戦うときの「事故」です。 勿論耐久は低いので耐えるのはあまり期待できません。 また、エースとして運用しようとするとやや低めな命中が気になります。 このタイプをメインで使いたいなら命中アップの継承スキルを付けてやるとかなり使いやすくなります。 同じ紙耐久で回避の低い攻撃型怪獣が一撃で倒される場面でもこのタイプなら回避して生存するなど、 どんな状況でも一定確率で生き残る事ができ、これは強敵との戦いで大いに役立ちます。 敵の命中次第ですが高いポテンシャルを秘めたタイプの怪獣だと言えます。 おすすめの継承スキルは前述した命中や、事故のリスクを減らす体力です。 回避アップはたいていの場合は素でセットされているのでそれ以上伸ばすかは好みになります。 ~以降、少数だが数匹似たようなステータスの怪獣がいる種別~ 4. 全ての面でそれぞれの特化型に劣りますが、 最初にレア度を上げる怪獣としては最も無難です。 格下相手にはちゃんと回避も出来て攻撃も高めなのでエースとしても十分と言えます。 命中だけは継承スキルでの補助があると良いですが、逆に言えば弱点はそのぐらいです。 このタイプの利点としては、継承スキルの効果が無駄になりにくい点があります。 おすすめの継承スキルは前述した命中の他、極端なスキルでなければ何をつけても活躍します。 逆に言えば器用貧乏なので、継承スキルの底上げがないとやや力不足に感じてしまいます。 名前の由来は移動3の怪獣が多いため。 文字通り移動範囲が広く、通常攻撃が遠距離タイプなら5マス離れた相手まで攻撃が届きます。 具体的にはマップの奥行きが7マスなので、1マス分前に配置されている敵なら1ターン目に攻撃できることになります 例:DNAクエスト難易度エキスパートの手前に居る敵。 攻撃も高く、命中も回避型でもなければ不安はないのでエース運用に向きます。 単純にマラソンの効率を上げてくれるので、1匹は欲しいタイプの怪獣だと言えます。 特に、マーケットとショップに登場するサラマンドラは必殺技の範囲がT字と優秀であり、DNAも集めやすくおすすめの怪獣です。 おすすめの継承スキルはシンプルに攻撃、命中、体力などです。 攻撃型より体力が高いので、継承スキルで底上げすれば打たれ強くなります。 まとめとおすすめ怪獣 名指し 最後に、まとめと初心者おすすめの怪獣の紹介です。 まず、 攻撃、防御、快速型は各1匹ずつ育てておくと良いです。 また、全ての怪獣をまんべんなく育てるよりは、まずは1匹を出来るだけ高いリアリティーにするとフレンドを集めやすく、フレンドも助かりますのでおすすめです。 最後は、各種おすすめの怪獣です。 限定怪獣は入手が難しいので省いています。 〇 攻撃型 ・力 メカゴモラ…射程2、必殺範囲T字型。 ショップでDNAを手に入れやすい。 ファイヤーゴルザ…射程1、必殺範囲直線型。 他の直線型必殺技と違い3マス先まで届く。 レア度1で DNAを集めやすいのもおすすめポイント。 レア3でDNAを集めにくいが、命中アップ大に加えて素で命中が高いのでかなりの命中率を誇る。 さらに、固有スキルによって必殺技の威力がかなり高い。 強敵向け。 ザラブ星人…移動2、射程2。 運が高く厳密には違うタイプだが特徴は似てるのでこちらに。 DNAクエスト限定。 リーダースキルの「攻撃力小アップ 全 」が腐りにくく優秀。 ・速 ガンダー…移動2、射程2。 必殺範囲T字型。 レア度が低くDNAを集めやすい。 メカゴモラの速版。 恐竜戦車…移動2、射程1。 必殺範囲直線型。 レア度3。 ステータスはザムシャーとほぼ同一。 チュートリアルで選べるので他のレア度3怪獣よりも集めやすい。 〇防御型 ・力 モチロン…移動2、射程1。 必殺範囲直線型。 レア度3。 攻撃集中持ち。 怪獣自体の知名度のせいかマーケットで買いやすい。 ・技 グドン…移動2、射程2。 必殺範囲直線型。 レア度3。 ガード発動で攻撃集中。 チュートリアルで選択可能。 攻撃集中の発動確率だけがちょっと不安。 ・技 ケルビム…移動2、射程1。 必殺範囲T字型。 攻撃集中を持たないが、必殺範囲が優秀で固有スキルで命中も補える。 また、レア度1なのでDNAも集めやすい。 〇回避型 ・力 ネロンガ…移動2、射程1。 攻撃集中とは逆のスキルを持ち、1ターン内に2回以上狙われない。 レア度2なのでDNAも集めやすい。 ・技 デスレム…移動2、射程2。 レア3で人気も高いのでDNAを集めにくいが、それを補って強力。 更に、味方が攻撃されると自分の回避が上がる固有スキルも合わさりとにかく回避に優れる。 ・速 マガバッサー…移動2、射程2。 必殺範囲は特殊だが直線型を強化した感じ。 回避小アップ 全 のリーダースキルが優秀で、固有スキルによって攻撃力も高い。 〇快速型 ・力 サラマンドラ…移動3、射程2。 必殺範囲T字型。 ただ、かなり似通った性能のジェロニモン 移動3、射程2、自動回復持ちの力タイプ。 がクエストで実装されたので人気はやや下火か。 ・技 カネゴン…移動3、射程1。 攻撃小があるので火力もまあまあ。 ・速 ダダ…移動3、射程2。 必殺範囲は単体。 レア3でDNAが集めにくい。 自身の攻撃性能は普通だが、自動HP回復に加え固有スキルと必殺技で自分含む味方の体力を回復するので見た目よりタフ。 パーティの耐久力向上にもなる。

次の