インスタ グラム で 稼ぐ 方法。 インスタグラム副業で稼ぐには?主婦でも月収20万以上も可能?

インスタグラマーの推定収入・仕事内容!高収入を得る方法も紹介!

インスタ グラム で 稼ぐ 方法

月間ユーザー3億人を突破した注目のSNS、Instagram(インスタグラム)のビジネス活用方法を探る ここ最近、芸能人などの利用も増えてきたことで、Instagram(インスタグラム)が注目されています。 Instagramの勢いは激しく、昨年12月には、なんと!月間ユーザー数3億人を突破。 同時期のTwitterは2億8400万人。 毎日7000万人が投稿してるって言うんですから、いやぁ…凄いですね。 躍動感ありますね。 私はこういうデータを見るとワクワクしてしまいます。 (ちなみにInstagramの運営はFacebook社です。 ) 現在共有されている写真の総数は300億枚以上。 このInstagramを企業が黙って見過ごすはずはありません。 積極的にビジネス活用に取り組む会社も増えてきました。 今日は、注目のSNS、Instagram(インスタグラム)のビジネス活用方法を探ってみましょう。 Instagram(インスタグラム)とはなにか?ビジネス活用の前に知っておきたい機能と特徴 ビジネス活用云々を語る前に、Instagramの機能と特徴をしっかり押さえておきましょう。 まず、Instagramとは、写真共有に特化したスマートフォンアプリ。 もちろん無料で使えるSNSです。 Twitterと同様にフォローした人の写真がタイムラインに流れる仕組みになっていますが、Facebookのように写真に「いいね! 」したり、コメントを書き込むことができます。 スマホのカメラで撮影した写真をカンタンに共有できるため、大きな人気を獲得しました。 なんと19種類。 もちろん明るさやコントラスト、彩度などの調整もカンタンにできます。 クールにも、情熱的にも、モダンにも、レトロにも、タップひとつでカンタンに、しかもプレビュー再生し、反映結果を見ながら加工できるのがInstagramです。 Instagram(インスタグラム)のビジネス活用ポイント1 フォロワーの増やし方 ビジネス活用を語る前に、見てくれるフォロワーがいなくては意味がありませんね。 まずはフォロワー増やしの方法から。 これまで、私や、私のクライアントがInstagramを活用して感じていることは、フォロワーの集めやすさです。 さすが3億人を超えるSNS、他のSNSと比べても、比較的カンタンにフォロワーを集めることができます。 流行の真っ只中にある、今このタイミングでフォロワー集めておきましょう。 具体的にどのようにフォロワー集めるか?ということですが、 1、投稿にハッシュタグをつける 2、Facebook友達とつながる 3、Twitterと連動 この4つの方法でフォロワーを増やすことができます。 投稿にハッシュタグをつけてフォロワーを増やす twitterと同様で、Instagramにはハッシュタグの文化が浸透しています。 ハッシュタグで検索された写真からフォローにつながるケースが大変多いため、投稿した画像には積極的にハッシュタグを付けていきましょう。 Facebook友達とつながることでフォロワーを増やす Instagramは過去にFacebookに買収されている経緯もあり、Facebook連携がとても便利です。 Facebookの友達をタップひとつで一斉フォローすることができちゃいます。 手順としては… 1、人型アイコンをタップ 2、歯車をタップ 3、Facebookの友達をタップ 4、全てのユーザーをフォロー これで一斉フォローすれば、多くの友達にInstagramを使っていることを告知できます。 もともとの知り合いですから、相当数のフォロー返しは期待できるでしょう。 Twitterと連動してフォロワーを増やす Twitterと連動させることで、Twitterのフォロワーが流れてくるケースも多くありました。 TwitterとInstagramの文化は親和性が高く、違和感無い連動が可能なので、双方使っている方にはオススメです。 この設定後、Instagramに投稿すると、Twitterにも同じ投稿がされるようになります。 他のSNSや自社メディアでの告知 ブログやメルマガ、その他運用している他のSNSで告知しましょう。 やっぱり母艦となるブログは必須であるということです。 さて、ここまでは正攻法でのInstagramフォロワーの増やし方をお伝えしました。 しかしながら、これ以外にも、裏技的なフォロワー増やしの方法はあります。 あまりオススメはしませんが、フォロワー増やしの裏技も書いておきましょう。 1、フォロワーを買う ヤフオクや、ココナラで売ってます。 はっきり言ってまったくオススメできませんが、とにかく数が増やしたい人には… InstagramはSNSです。 コミュニケーションとれないユーザーとつながっても何の意味があるのかわかりませんが、どうしても数自慢したいユーザーもいるので一応ね。 2、英語で投稿(ハッシュタグも)する 米国生まれのInstagram。 英語圏のユーザーがもっとも数多く存在します。 外国人との国境を越えたコミュニケーションはSNSの醍醐味でもありますね。 でも、日本でビジネス活用しようという人には意味ありません。 3、悪しき伝説のSNS技法 フォロー返し狙い やみくもに、誰彼構わずフォロー、フォロー、フォローを繰り返せ! 一定数のフォロワーは、フォローを返してくれます。 他人とサーバーに迷惑をかける素敵な手法です。 時にはアカウント削除という素敵なプレゼントもいただけます。 SNSで嫌われたい人には、オススメの手法です。 Instagram(インスタグラム)のビジネス活用ポイント2 戦略的な投稿の重要性 Instagram(インスタグラム)は写真が全てです。 投稿には写真、または動画が必須となり、プロフィールページも、その写真で構成されます。 良くも悪くも、写真が全てを印象付けてしまいます。 ですので、投稿する写真はブランディングやマーケティングのための活動として戦略的に行うことが大事です。 自分が商品である、コーチ、コンサルタント、その他士業の方以外は、Facebookやブログのように、プライベートとビジネス双方の面で使用するのは避けるべきでしょう。 投稿ごとに、その目的や狙いを意識し、全体のデザインを考えた上で写真をアップする必要があります。 また、他のSNS活用と同様に、宣伝投稿や、プロモーション投稿の連発は嫌われます。 タップひとつでカンタンにリフォロー(フォロー外し)される世界です。 ・ビジネスの裏側(店のバックヤード、生産工場等)の様子を見せる ・人(従業員、経営者)にスポットを当てる ・まだ公開していない新商品をチラ見せさせる こういったひと工夫で、興味を誘うアカウントにすることができます。 また、Instagramは、投稿のコメントにリンクを含ませることができません。 これにより、スパムのような宣伝投稿を防ぐことで、写真主体の気持ちのよい見栄えを維持できています。 唯一リンクを置けるのがプロフィール欄。 写真を見たユーザーの興味をプロフィールに誘導する導線なども、工夫すべきポイントなのです。 いかに関心を持ってもらうか、いかにフォロワーとの距離を縮めるか、をしっかり考え、戦略的な投稿を心がけましょう。 また、基本的にInstagramはスマホ専用アプリです。 PCからは投稿できなかったり(方法がないわけではありませんが)しますので、担当者はSNS、スマートフォン慣れしており、かつコミュニケーション上手な人を採用しましょう。 前から何度も伝えていることではありますが、私の主観ではPC操作が得意なプログラマーやエンジニア系の人って、こういったSNSのコミュニケーションが得意ではないケースが多いです。 担当者の適正は、PCに強いとかでは無く、コミュニケーションが得意な人を選ぶべきなのです。 Instagram(インスタグラム)のビジネス活用ポイント3 企業の活用事例 Instagramはすでにさまざまな企業がブランディング、マーケティングのために活用しています。 アパレル以外にも、ロクシタン新宿や、ダンキンドーナツなどもやっていましたね。 Instagram活用の基本パターンがコレではないでしょうか。 具体的には、一定の決められたハッシュタグなどを使い、モデルやブロガー、時には一般ユーザーから自社商品を使用した写真を投稿してもらうことで、コンテストを開催したり、オンラインカタログに掲載したりする方法。 Instagramは、上記で解説した通り、TwitterやFacebookと連携しているユーザーも多いため、強い拡散力を持って広がります。 それにより企業イメージや、自社の商品画像を多くの人にお知らせすることができるのですね。 実際にユーザー参加型キャンペーンで作られた、オンラインカタログ「GU TimeLine」は一見の価値ありです。 Instagram(インスタグラム)においても、大切なのは双方向コミュニケーションと、共感の心です。 いかがでしょうか? 今日はInstagram(インスタグラム)について、その特徴と機能。 さらに、ビジネス活用を展開するにあたって、知っておきたい3つのポイント ・Instagramでのフォロワーの増やし方 ・戦略的な投稿の重要性 ・企業におけるInstagramの活用事例 についてお伝えしていきました。 InstagramはSNSです。 モニターの向こうには生身の人間が存在し、その生身の人間と「コミュニケーション」をとっていかなくては、結果にはつながりません。 これは、これまでのFacebook、Twitter活用と同様です。 新聞、ラジオ、テレビのように、一方的に情報を投げつけるような、乱暴なマスマーケティングは一切通用しません。 担当者はこの部分はしっかりと肝に銘じておきましょう。 大切なのは双方向コミュニケーションと、共感の心です。 旅は台湾、ワインはカリフォルニア、ウィスキーはアイラモルト、チーズはミモレット、珈琲はピーベリー、葉巻はHabanos Punch、Romeo Y Julieta。 基本ダブルコロナ、チャーチル、ランセロなどの長いビトラが大好き。 できることならコイーバランセロを毎日吸いたい。 』 日本テレビ『シューイチ』 日本テレビ『諸事情により』 日本テレビ『スッキリ!!』 日本テレビ『Oha! 4 NEWS LIVE』 日本テレビ『news every.

次の

【必見】インスタグラムのフォロワーを増やす意味と7つの手順とは?

インスタ グラム で 稼ぐ 方法

はじめに 私は、インスタグラムの広告を依頼する側の立場です。 所謂インフルエンサーと呼ばれる人たちを利用し、商品、サービスを広めています。 そんな中、こんな人には絶対、広告を頼んでも効果が無いという独自のノウハウが分かってきました。 それは、過去に失敗の積み重ねがあったからです。 そして、企業から見てマイナスの要因を排除することは、 次世代のインスタグラマー達にとってプラスになるだけではなく、 企業にとっても、インスタグラム自体が健全な広告メディアになるのではいかと思い、今回はその一部を公開しています。 これから、インスタグラムを始める人、すでに始めていて、 収入を考えている人にとっては、是非とも守ってほしい内容ですので、一度目を通してください。 インスタグラムの収入の仕組み インスタグラムには収入の仕組みなんてものは存在しません。 でも、有名なインスタグラマー達は、お金を稼いでいるという話を聞くことがあると思います。 これは、インスタグラム経由の収入ではなく、別途、企業と契約することで得られた収入です。 あなたが、もしインスタグラムで収入を得たいのであれば、まず 企業に対しアピールしなければ意味がありません。 企業に対してアピールする 最優先項目はフォロワー数を増やすこと。 だいたい、10,000フォロワーをゲットしたぐらいから、インスタグラムの世界が変わります。 もちろん、初心者がいきなり10,000フォロワーなんて無理に決まってますから、徐々に増やしていかなければいけないのです。 そして、企業はそんなあなたの インスタグラムを常にチェックしていることを忘れてはいけません。 インスタグラムで収入を得るためには企業にアピールが必要 先ほどもお伝えしましたが、インスタグラムで稼ぐためには、 企業からのオファーが無いと成り立ちません。 そして、オファーを得るためには、それこそ、たくさんの努力をしないといけないわけです。 そして、この努力を間違った方へしている人たちが多くいるのではないかなと思います。 まず、企業が何を評価しているかを明確にすること。 企業にとってのメリットをあなたのインスタグラムアカウントで表現できなければ、決してオファーは来ることがありません。 企業がインスタグラマーを見る指標としては、当たり前ですが次の通りです。 企業にとってマイナスイメージがつかないか• 取り扱っている商品との親和性はどうか• 実際に広告媒体として使った時に費用対効果は出せるのか• 媒体のコントロールがある程度できるのか この項目を大前提として、はじめて、フォロワー数だったり、個人のプロフィールを見たりするわけです。 しかし、結構な数のインスタグラマーは「 フォロワー数を集めること」にだけフォーカスされているように思います。 フォロワー数というのは、あくまで次段階での評価項目なのであって、先ほどの前提が成り立たないと、そこまで見てくれません。 逆パターンもあるかもしれませんが、いくらフォロワー数が多くあって、前提が覆されると企業として広告を依頼する意味が無いわけです。 あるインスタグラマーに頼んだがために、 商品のイメージが悪くなってしまったというのは企業として許されないことなのです。 一般的には、ブランディング、キャンペーンの告知、商品認知になります。 そして、それらを企業は重要目標達成指標(KGI)として設定し、効果を図るのです。 企業にとっては、目標達成が全てですから、企業は、あなたの パフォーマンスを見ることになります。 このパフォーマンスのことを重要業績評価指標(KPI)といいます。 あなたが十分な成果を返せるか見るためには、あなた自身も企業が何を求めているかを知ることが必要です。 別途企業目線の記事も掲載しておりますので、そちらもご参考になってください。 あわせて読みたい このように、 企業目線も知っておくと、アカウントを育てる効率が変わってきますので、一度目を通されるとよいと思います。 あくまでも 収入源は企業からのオファーです。 企業から見て欲しいと思われるアカウントに育てなければ意味がありません。 インスタグラムの収入化は焦らずじっくりアカウントを育てることが必要 インスタグラムを始めたら、思ったよりフォロワーが増えなくてお困りの方多いと思います。 しかし、そこで焦ってしまっては本末転倒。 あなたには、インスタグラムで稼ぐ才能があるのに、 企業から見てマイナスな行為をしているが為に、いつまでたってもオファーが来ない。 オファーが来ないから、また、マイナスの行為に手を出してしまうなんてことあるかもしれません。 インスタグラムの基本は、焦らずじっくりと自分のアカウントを育てるというものです。 人によって期間の長い短いはあるかもしれませんが、じっくり焦らずやることで、必ずアカウントは育ちます。 それでは、長くなりましたが本題に入りたいと思います。 インスタグラムで収入を得るために 企業から見てダメな行為は次の通りです。

次の

インスタグラムでログアウトする方法!ログアウトできない時の対処法も【iPhone/Android/PC】

インスタ グラム で 稼ぐ 方法

そんな僕ですら、 ビジネス用にインスタを始めました。 理由はビジネス活用することで 大きなメリットを得られるからです。 今回の記事では、 インスタのビジネスにおけるメリットについてまとめていきます。 TwitterやFacebookとの違いは 文字入力をあまり意識していないことで 写真や動画の投稿を基本に考えて 設計されているので 「いいね!」等の 人との交流に注力してしまいがちなSNSですが、 インスタは 写真をドンドン投稿していくだけ、 人のインスタを見るだけ、 等も可能な手軽なSNSと言えるでしょう。 へ~!どんなメリットがあるにゃ? インスタの個人ビジネスへの活用メリット6つ インスタが公式で提供している ビジネスアカウントは会社やお店単位での 利用を想定していたので 個人ビジネスでのインスタ活用は あまりメリットがないように感じられるかもしれませんが そんなことはありません。 気軽に使える インスタは 写真や動画を投稿するだけで 余計な文章はほとんど打ち込みません。 なので、スマホユーザーの 若い人達もパッと見の 気軽な気持ちで楽しむことが出来ます。 また、投稿する側も 写真や動画を投稿するだけで 文章を考えたりしなくて済むので 気軽に投稿することができます。 ユーザー数が凄い! 芸能人の利用者が増えてる関係で ユーザー数が急上昇中で 2017年4月現在で 月間ユーザー数が7億人を超えています。 きっと僕と同じように考えてる ユーザーも多いと思うので そういった人達を集められるような ユニークで面白い投稿をできると 一気にフォロワーを増やして 大きなビジネスチャンスを掴むこともできるかもしれませんね。 楽しみにお待ちしています。

次の