コールマン タトラ 3。 Coleman(コールマン) タトラ 3 2000017194|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

コールマンのおすすめテントキャンプで必須のコールマンテント決定版22選!

コールマン タトラ 3

長距離ツーリングになるほど、ライダーの体力を維持するためにも、荷物はできる限りコンパクトに、そして快適に使えるアイテムを選ぶことが大切になります。 そんなツーリングでの使用にぴったりな設営も簡単な2つのテントが登場しました。 組み立てが簡単なコンパクト設計ながら、インナーテントは着替えにも便利な110cmの高さがあります。 また、奥行き140cmの広い前室には靴やライディングギアを整理して置いたり、くつろいだり出来るのはもちろんのこと、雨の日には雨具の着脱をしたりするスペースとして活用でき、快適なツーリングが楽しめます。 「タトラ3」は、2~3人用のシンプルなフレーム構造とゆったりとした前室が特徴です。 テントのトップとサイドに採用している2つの通気口によって空気の流れを確保し、室内が蒸れにくい構造になっています。 また、インナーテントは着脱し易いつり下げ式で、設営、撤収も簡単。 インナーテントを取り外せば、フライ単体でも雨天のシェルターとして使用できます。 バイクツーリングには、車ほど多くの物を積むことはできません。 限られた積載スペースにコンパクトに積み込める機能性の高いアイテムを選ぶことが大切です。 コールマンではテントはもちろん調理用バーナー、クッキングアイテム、寝袋、マットなど快適な旅をサポートする豊富なアイテムを取り揃えています。 」にてツーリングキャンプのコンテンツ公開中!こちらもご覧ください。 リリースの詳細はこちらをご覧ください。 <アウトドアリゾートパーク ~次のキャンプは、ここからはじまる。 ~> 新たなアウトドアスタイルを提案するイベント「アウトドアリゾートパーク」を5月24日(土)、25日(日)の2日間、東京ミッドタウンの芝生広場およびコートヤードにて開催します。 」特設サイト> 様々な方がつくるアウトドアリゾートを随時ご紹介します。 自分に合ったアウトドアリゾートを探してみてください。 <コールマン ジャパン体験イベントのお知らせ> <Coleman2014年版オンラインカタログはこちら!>.

次の

【楽天市場】コールマン タトラ3 2000034889 キャンプ ドームテント 3人用 Coleman:アルペン楽天市場店

コールマン タトラ 3

新型というよりは、欧州で今まで販売していたのを日本でも販売開始したという感じですね。 それでは、簡単にそれぞれのテントを紹介させていただきますね。 コールマン モーンヴィーゾ3 まずはこちらのコールマン モーンヴィーゾについて まあ、この形が一番馴染みがあると思いますが いわゆるドーム型というやつですね。 2~3人用のテントになっており中も結構広いです。 ツーリリングドームテントそっくりな形ですねー。 ただし、後ろを開けることができません。 収納時の重さや大きさですが アルペンが販売してるものと若干違うので 日本仕様に変更されてるかもしれませんね。 アルペン仕様だとこちらのスペックになっております。 次に中の間取りですが、結構広いですね。 (大体1m位) このテント自体結構大きいですよね ベンチレーターは前方に2つ、サイドに2つですね。 動画を見る限り、後方にはありませんでした。 耐水圧も4000と雨が降っても安心です。 テントポールはアルミポールが付属されているため軽いです。 アルペンスポーツの公式オンラインと楽天とヤフーのアルペン店にて購入でいます。 間取りはコチラになっております。 アルミポーツで耐水圧が4000この辺はモンヴィーゾと変わりませんね 全長が4メートル そしてその約半分が前室になり非常に広いテントになっております。 4種類の中で一番大きいです。 コールマンの海外公式動画よりも少しサイズが変更されておりますね ちなみに、このテント自立式なのでインナー無しでも使うことが出ます。 こちらは、実物が丁度アルペンにありましたので写真を撮影してまいりました。 ちょっと縦撮影で申し訳ありませんが、タトラも自立が可能です。 ど、どうもなりませんね。 画像の横幅の数字が切れてる場所が210cmですね ただ、欧州仕様とサイズが違うようなので アルペンで発表しているサイズの方を参考にしてください コンパクト仕様なので、どこでも使えるのが強みですね~ もちろん、自立もできます。 コールマン アラヴィ2 さて、4つ目のテントはアラヴィ このテントの画像はありませんが わかりやすく言うよ 寝るだけのテントです。

次の

キャンプ&フィッシングの付録:コールマン2014年モデルが登場してます!

コールマン タトラ 3

長距離ツーリングになるほど、ライダーの体力を維持するためにも、荷物はできる限りコンパクトに、そして快適に使えるアイテムを選ぶことが大切になります。 そんなツーリングでの使用にぴったりな設営も簡単な2つのテントが登場しました。 組み立てが簡単なコンパクト設計ながら、インナーテントは着替えにも便利な110cmの高さがあります。 また、奥行き140cmの広い前室には靴やライディングギアを整理して置いたり、くつろいだり出来るのはもちろんのこと、雨の日には雨具の着脱をしたりするスペースとして活用でき、快適なツーリングが楽しめます。 「タトラ3」は、2~3人用のシンプルなフレーム構造とゆったりとした前室が特徴です。 テントのトップとサイドに採用している2つの通気口によって空気の流れを確保し、室内が蒸れにくい構造になっています。 また、インナーテントは着脱し易いつり下げ式で、設営、撤収も簡単。 インナーテントを取り外せば、フライ単体でも雨天のシェルターとして使用できます。 バイクツーリングには、車ほど多くの物を積むことはできません。 限られた積載スペースにコンパクトに積み込める機能性の高いアイテムを選ぶことが大切です。 コールマンではテントはもちろん調理用バーナー、クッキングアイテム、寝袋、マットなど快適な旅をサポートする豊富なアイテムを取り揃えています。 」にてツーリングキャンプのコンテンツ公開中!こちらもご覧ください。 リリースの詳細はこちらをご覧ください。 <アウトドアリゾートパーク ~次のキャンプは、ここからはじまる。 ~> 新たなアウトドアスタイルを提案するイベント「アウトドアリゾートパーク」を5月24日(土)、25日(日)の2日間、東京ミッドタウンの芝生広場およびコートヤードにて開催します。 」特設サイト> 様々な方がつくるアウトドアリゾートを随時ご紹介します。 自分に合ったアウトドアリゾートを探してみてください。 <コールマン ジャパン体験イベントのお知らせ> <Coleman2014年版オンラインカタログはこちら!>.

次の