筋 膜 リリース やりすぎ。 トリガーポイントのローラーで筋膜リリース(筋膜はがし)してみた!やり方や効果、オススメの製品について

筋膜リリースとは? 筋膜調整のやり方(方法)や効果について

筋 膜 リリース やりすぎ

Contents• 【骨盤を調整する】筋膜リリースの方法【安全なやり方をご紹介】 骨盤を調整する筋肉ってどんなものがあるの? 医学書院,著者:坂井建雄,松村讓兒:プロメテウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系.第2版 骨盤を調整する筋肉はいわゆる体幹、 コアマッスルと言われる筋肉が調整してくれます。 コアマッスルは上から 横隔膜・ 腹横筋・ 多裂筋・ 骨盤底筋群に分類されます。 このうち、骨盤にかかわる筋肉は腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群の3種類になります。 腹横筋 お腹の方にある腹壁という組織を構成する筋肉になり、 骨盤から肋骨までに円柱のような形でついている筋肉です。 腹筋の中で一番奥にある筋肉で、お腹側から骨盤を支えてくれる筋肉です。 おなかがぽっこり出ている方が特に弱くなりやすい筋肉になります。 多裂筋 骨盤の後ろから背骨にかけてついている筋肉で5つの繊維に枝分かれしている筋肉になります。 骨盤を後ろから支えてくれる筋肉になり、猫背の方が特にこの筋肉が弱いために背中が丸くなるという特徴があります。 この筋肉が原因で腰痛になることもあります。 骨盤底筋群 骨盤を下から支えてくれる筋肉です。 特に肛門や男性器・女性器に関わってくる筋肉で排尿・排便機能に関与してくる筋肉です。 骨盤の底についている筋肉ですので、 特に出産を経験された女性では弱くなりやすい筋肉です。 骨盤のゆがみにどんな影響があるの? 骨盤とは3つの骨で構成されており、 骨盤全体の3つの骨が動くことで身体全体のバランスをとっています。 例えば骨盤が右側に倒れている場合、身体は以下のようにして全体のバランスをとろうとします。 脊柱は右側に側弯する• 側弯するため右肩があがる• 右肩があがったバランスをとるために、左肩を下げたり首を傾けたりする 実際に右の骨盤を下げた状態を作っていただくと上記のように身体がバランスをとろうとすることを実感できると思います。 また、この姿勢の変化が持続すると肩こりや腰痛につながってくることもイメージしやすいと思います。 このように骨盤の歪みは全身に影響を及ぼしやすく、逆に整えてあげれば全身バランスが取りやすくなります。 筋膜リリースのやり方をご紹介! 腹横筋 おへその横〜下の部分にかけてマッサージボールを当ててください。 そのままうつ伏せで寝て、そのまま押し付けても良いですし、ゆっくりコロコロ転がしてもOKです。 この部分は腸があり、一定の方向へ圧をかけすぎると悪影響になるため圧をかけすぎず、時間も長くても1分程度にとどめておくと良いです。 こちらもテニスボールでも代用可能です。 多裂筋 ピーナッツ型のマッサージボールを当てて仰向けに寝て、圧をかけていきます。 動画では腰の上のほうを転がしていますが、多裂筋への筋膜リリースの場合は骨盤のすぐ上のところにマッサージボールを置いて転がしてください。 薄い筋肉で骨にも刺激が入りやすいため、長くやると痛くなりやすいです。 そのため1分程度にとどめましょう。 骨盤底筋群 肛門と性器の間付近にマッサージボールを当て、圧をかけていくことで筋膜リリースが可能です。 あぐらの姿勢でやると強く刺激が入りますが、痛ければ正座でも可能です。 こちらも刺激が入りやすいため、痛みに注意しながらゆっくり行ってください。 まとめ 骨盤がゆがんだ際に起こる影響と骨盤を調整してくれる筋肉をご紹介しました。 骨盤調整のために筋膜リリースを行う筋肉は以下3つになります。 腹横筋• 多裂筋• 骨盤底筋群 骨盤を調整するためでなく、腰痛や肩こりがある方にもそれらの治療をする前に行うとより効果が期待できます。 ぜひ試してみてください。

次の

筋膜リリースで痩せた!運動しても効果がない原因を解き明かす

筋 膜 リリース やりすぎ

筋膜リリースのやり方を知る前に筋膜とは何かを学ぶ 筋膜とは体全体の筋肉を薄く包んでいる膜のことです。 実際に詳しく説明していきます。 そもそも筋膜とは何か 筋肉の上に薄く膜が何層のも膜で包んでいます。 例えていうならば全身をウエットスーツで包んでいるような感覚です。 筋膜には5種類あり表面から順に紹介すると、 ・浅筋膜 ・深筋膜 ・筋外膜 ・筋周膜 ・筋内膜 に分かれています。 長い時間同じ姿勢ととったりすると筋肉が硬くなり筋膜も硬くなります。 そのような現象が起きると部位によっては肩こりになったり、腰痛になったりしますので、筋膜をケアすることがケガ防止や体に不調を整える大事な役目を担っているのです。 筋膜リリースって何? 筋膜をリリースするといいますが実際にはどのようなことかといいますと、筋膜をほぐして筋肉を解放させることを筋膜リリースと呼んでいます。 そもそも「リリース」とは、解放する、解除するといった意味で使われています。 このことを理解すると、筋膜リリースとはどんな意味があるのかを理解することができるでしょう。 凝り固まった筋膜を解放させましょう。 筋膜リリースのやり方 筋膜リリースによる効果 筋膜リリースの意味がわかったあとは、筋膜をリリースする意味です。 筋肉を使うと筋肉がギュッと凝縮して細胞が破壊され大きくなろうとします。 そうすると筋肉の周りにある筋膜も張り硬くなるのです。 日常的に過ごす上でも筋膜リリースが大事です。 例えば、肩こりや腰痛、首の痛み、足のむくみなども筋膜リリースすることで軽減するといわれています。 筋膜リリースを続けることで、身体のバランスが整い、肩こりや腰痛、首のこりなどからくる頭痛が治ったりするなどの効果が期待できます。 薬やプロによるマッサージなどに頼らずに自分自身で改善できるようになりましょう。 筋膜リリースの気になるやり方 それでは、筋膜リリースの気になるやり方について説明します。 まずは、自宅でも簡単にできる体操から説明します。 椅子さえあればできる内容ですので、テレビなどを観ながらでできますので、まずは1日1回取り組んで観ましょう。 筋膜リリースのやり方:体操編 筋膜の固まった繊維をほぐしていく体操になります。 難しくない動作なので毎日ゆっくり実施してください。 猫背、肩こり、二重顎が改善される体操 上半身の筋膜をリリースする体操です。 顎の筋肉にも効果がありますが、下を向いてしまうと効果が薄れますので、まっすぐ前をみることを意識してください。 首のこり、肩こり、腰痛に効く体操 上半身の痛みの代表である、首こり、肩こり、腰痛にきく体操です。 手軽にできますので、ちょっとしたスキマ時間にもできる体操になっています。 この時、左手の甲を腰にあてます。 これを左右対象におこなうと肩こりや腰痛の改善につながります。 筋膜リリースのやり方:ローラ編 今度は、器具を使用しての筋膜リリースの仕方になります。 より効果的に筋膜リリースすることができるような工夫のされたフォームローラーといわれる器具を使用します。 内容を理解して取り組んでください。 胸椎 胸椎は同じ姿勢を保つために部位です。 胸椎が弱いと猫背に原因になりますので、筋膜リリースを行い、より姿勢をキープできるようにしましょう。 痛みが強い時には無理をせずにやめましょう。 大胸筋 大胸筋が弱いと猫背になり、腰痛などにつながります。 筋膜リリースすることで腰痛防止につながりますので腰の痛みに悩んでいる方は必見です。 目安としては、往復で10回程度にしましょう。 コツとしては、ゆっくりと転がすことが重要です。 あくまでも筋膜をリリースする意識を忘れないようにしましょう。 広背筋 脇から背中に向けてある筋肉で肩こりや肩が上がらないなどの原因になっています。 回数としては往復10回程度です。 注意点としては、自重での調整を適度に行ってください。 臀部・ハムストリング 身体の中でもっとも大きい筋肉が足の筋肉になります。 特にハムストリングは大きな筋肉で身体を支えるのに重要な筋肉です。 臀部・ハムストリング筋膜リリースすることで素早い動作や身体を支えることが安定することができます。 ゆっくりと丁寧におこなうことがポイントとなります。 足低筋膜 足の裏にある筋膜をリリースします。 足の裏には網状に広がる筋膜があり、歩いたりする際に地面をつかんで上手く歩けるようになり、身体への負担を減らすことができます。 ポイントとしては、程よく自重をかけて足の裏に集中しておこなうことです。 大腿筋膜張筋・腸脛靭帯 太ももの外側にある繊維状の靭帯を腸脛靭帯といいます。 ジョギングの動作で横ぶれを防ぐ為に必要な働きをします。 太ももの外側付近の柔軟性を高めておくことで膝回りの痛みの予防につながります。 腓骨筋 すねの外側の筋肉はつま先を上げる働きがあります。 腓骨筋の強張りにより、年配者に起こりがちな躓きなどが引き起こされると考えられます。 すねの外側にフォームローラーを置きます。 足の上から手でおさえながら、腓骨筋をほぐすように転がします。 手でおさえながらやりことで安定性が増します。 腓腹筋・ヒラメ筋 足首の動きに重要なふくらはぎの筋肉になります。 足首への負担が軽減するには柔軟性を高める事が重要です。 ふくらはぎをフォームローラーの上に置き、転がすことで血液の循環を改善し、疲労回復に繋がります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 筋膜について解説し各部位のリリース方法を記載しました。 筋肉は、知らぬ間にいろんな所で使います。 筋膜リリースすることでその疲れを取り除き、健康で強靭な肉体をつくるうえでケアは大事な作業になりますので、毎日少しの時間を作ってケアを続けていきましょう。

次の

筋膜リリースの効果的なやり方とフォームローラーの使い方30種目

筋 膜 リリース やりすぎ

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。 しかし実はそれだけでは根本的な解決にはなりません。 慢性的な肩こりや腰痛を抱えている人は、痛いところ・固いところ揉みほぐすマッサージ行為が一時的な効果しか出さない事は、実感としてもっているはずです。 また、何かしらの問題が潜んでいるのではないかと、整形外科を受診しても「特に問題ありません」と言われ、どうする事もできず、効果があるかないか分からない痛み止めを服用し続けている人もいるのではないでしょうか。 こういった、診断のつかない慢性的な身体症状について、最近では、筋膜の動きが悪くなったり、たるみや歪みが原因になっていると考えられています。 この筋膜由来の身体的不調の改善を図ろうとするのが筋膜リースです。 筋膜性の痛みは残念ながら診断が難しく、従来のレントゲンやMRIによる画像診断は頼りならず、血液検査でも筋膜の異常を確認する事はできません。 身体検査は重要ですが、従来の単純な身体検査では、筋膜性の痛みを診断する事は難しく、整形外科医にとっても筋膜性の痛みを十分に理解している人でなければ診断が難しいのが実情です。 そもそも筋膜って何? 筋膜は薄い膜であり、タンパク質(コラーゲン)の繊維でできていて、以下の3種類に分けられます。 筋全体を覆っている最外層の筋外膜• いくつかの筋線維を束ねて覆っている筋周膜• 筋線維1本1本を包む筋内膜 一番イメージしやすいのは、肉を調理した事がある人なら誰でも見た事はあると思うのですが、 例えば、鶏肉の皮をはがしたときに見える薄い白い膜があるのはご存知でしょうか。 筋肉は、この筋膜という薄い組織膜に包み込まれていて、筋膜に包まれた筋肉は、さらにグループごとをまとめる筋膜に包まれています。 さらに、この膜は、ボディースーツのようになっていて、筋肉のみならず、臓器、骨などを包み込んで支えたり、血管や神経、脂肪、内臓など、体の中の組織を繋ぎ合わせる役割を担っています。 これが「筋膜」です。 このような、身体のあらゆる臓器を立体的に包み込み、組織を支えるという特徴から「第二の骨格」とも言われています。 この筋膜が歪んだり、くっついて動きが悪くなってしまった時に出現する状態が「肩こり」や「腰痛」です。 少し専門的な言い方をすると「筋膜の癒着」と言います。 その癒着してしまった筋膜に覆われている筋肉については、凝っているからといっていくら筋肉をほぐしてもなかなかほぐれません。 仮にほぐれたとしてもそれは一時的な効果で、すぐに腰痛や肩こりが戻ってきてしまいます。 「慢性的な肩こり・腰痛を抱えている。 」と自分で話す患者さんのほとんどは、この筋膜の機能に問題が潜んでいると考える医師やセラピストも増えてきました。 筋膜の役割 筋膜には様々な重要な役割があります。 支持:各組織を包み込み、組織と組織の間に仕切りをつくり分けると同時に結びつけ、体の姿勢を保つ役割を持つ• 保護:組織同士がこすれあうことで生じる摩擦から保護する• 伝達:筋膜は、筋線維を包んでいる3つ(筋外膜、筋周膜、筋内膜)に構成された構造から、筋線維の動きを支え、力の伝達を行う 筋膜が歪む原因 同一姿勢での持続的な作業(パソコンやデスクワークなど)、同じ動きだけの反復といった動作・姿勢的な要素などにより、筋肉の柔軟性の低下や筋膜同士の癒着が生じてしまい、結果として筋膜・筋肉の動きを阻害してしまいます。 悪姿勢で座り続けた後に、いざ立ち上がろうとすると体がぎこちなかったり、体が伸ばしずらい状態になっている事はありませんか? つい「よっこいしょ!」と声を出しながら何とか立ち上がろうとする人を見かける事がありますが、この場合も、筋膜の動きが悪くなっている事が原因になっている事があります。 また、姿勢や動作だけではなく、水分の枯渇やストレスによっても筋膜の癒着が起こるともされています。 歪んだ筋膜を治療する方法 筋膜由来の肩こりを治すためには、まずは原因となっている筋膜を動かして、バランスを整えてあげる事が重要とされています。 この治療方法を、専門的な言い方で、「筋膜リリース」と言います。 似た言葉では、「筋膜はがし」「筋膜ストレッチ」などがありますが、筋膜を治療しようとしている点では類似しているので、当ページの解説では、同義語として解釈して構いません。 最近ではテレビの医療番組などでも紹介される事が増えて、言葉だけなら知っている人もいるのではないでしょうか? 筋膜リリースと言うと、一般的には治療者による手で行うのが一般的ですが、さらに 注射によって行う「筋膜リリース注射」 患者さん自らが行う「筋膜ストレッチ」 などがあります。 ちなみに、注射で行う「筋膜リリース注射」の場合も、筋膜の動きを改善させようとする物理的な治療であり、特別な痛み止めや炎症を抑える薬を注入するわけではありません。 ここでは、手で行う筋膜リリースの方法について解説していきます。 筋膜リリースの実際のやり方・方法は? 筋膜リリースのやり方については、多くの一般書でも扱われるようになっています。 ここ最近で注目されているのは、理学療法士の筋膜リリースのスペシャリストである竹井先生が、一般の人たちにも分かりやすいような内容で出版している書籍です。 医学書だと、軽く5000円を超える内容のものが、1000円〜2000円以内で購入できます。 著作権の問題上で、書籍に掲載されているやり方をここでそのまま掲載して解説する事はできないので、興味のある人は書籍を参照して下さい。 ここでは、一般的に理解されている筋膜リリースの方法について解説しています。 筋膜リリースのやり方・手順の説明 筋膜リリースやり方を、手順を追って説明していきます。 筋膜リリースの基本的なやり方は、セラピストの手で直接患者さんの体に触れて治療を行います。 皮膚上から治療部位にある程度の圧をかけた状態で、皮膚上を滑らせないように気をつけながらスライドさせていきます。 皮膚の上を滑らせるのではなく、皮膚下に存在する「層」をずらす・「組織間」をずらすイメージで、接触している手を動かします。 圧をかけながら、ゆっくりと伸ばしていくイメージで行い、マッサージのような揉みほぐしや、反復刺激ではなく、連続性のある持続的な伸長刺激を加えます。 この時に痛みがなければ、持続的な伸長をそのまま持続させます。 まずは、強い痛みを出さない範囲から行いましょう。 治療を行う部位としては、必ずしも「実際に痛みが出ている部位」ではなく、その周囲だったり、筋膜ラインとよばれる、機能的な繋がりのある部位だったりします。 腰や背中に痛みやコリのある人の場合だと、お尻や太もも、股関節周囲などに筋膜の歪みがあり、そこを筋膜リリースすることによって、症状が改善する場合があります。 肩こりなどの症状も同様で、肩甲骨の間、首、腕やわきの下などの筋膜をリリースすることによって、改善することができます。 筋膜リリースを正しく行うためには、筋膜リリースの方法を学ぶ事と同時に、症状と関連する筋膜ラインを学ぶ事も大切になってきます。 筋膜リリースのやり方と、筋膜はがしの方法って違うの? 筋膜リリースは、徒手療法の世界では一般的に用いられる名称です。 筋膜はがしは、一般向けにつけられた名前です。 治療に対する基本的な考え方や、やり方に大きな違いはありません。 ただし、医師、理学療法士・作業療法士といったセラピストが、「筋膜リリース」という言葉を使い、一般人や整体師が「筋膜はがし」という言葉を使う傾向にあります。 やり方自体が、明確に決まっているわけではなく、筋膜組織にアプローチする方法を「筋膜リリース」と言ったり、「筋膜はがし」と言ったりするので、実際のところでは、「筋膜はがし」だからやり方が違うとか、方法が異なるというようには考えなくて良いと思います。 筋膜リリースは、痛みを出すほど強い方が効果はあるの? 筋膜リリースは痛みが出るまでやるとより効果を発揮するというものではありません。 もちろん、強ければ強いほど良いというものでもありません。 もし、刺激が強ければ、必ず強さを調整して下さい。 もし他者に筋膜リリースを用いた治療を行う場合、相手が主観的に感じる強さを聞き取りながら、もし「ちょっと強いです。 」という反応があれば、治療強度を少し弱めるように調整しながら行うと良いでしょう。 治療刺激をかなり弱めても、異常に過敏になっている場合は、そこ以外の周りの組織の影響も考えられます。 必ずしも、痛い部位に筋膜の問題があるとは限らず、痛みが出ている部位とは違うところに問題がある人もいます。 この場合は、痛いところを治療しても効果が一時的だったり、かえって痛みが強くなる・揉み返しが起こるという反応がみられます。 治療の成果が出ない場合は、他の部位に原因があるかを探しながら治療にあたる必要があり、筋膜リリースの治療に慣れていない人は、専門家にみてもらった方が良いと言えます。 筋膜リリースで腰痛治療や肩痛み治療のやり方を紹介 筋膜をしっかりと把持した状態で持続的に伸長していきます。 一定の圧を持続的に加えながら、任意の方向に伸長していきます。 伸長した位置を1分ほど継続します。 この時に、一方的に伸長刺激を加えるのではなく、「強い刺激になっていないか?」を確認しながらすすめていく事が重要です。 筋膜リリースのやり方まとめ 筋膜リリースの方法は、徒手療法(治療方法)の中では、決して難しい方法ではありません。 ただ、症状を確認しながら適切なところに介入できないと効果は出ないので、より、詳しく筋膜リリースのやり方を勉強したい人は、竹井先生のセミナーを受講して「筋膜リリースやり方」を勉強したり、 詳しく説明している書籍を参考にしながら練習して下さい。 今は、患者自身で自分でやる筋膜リリース方法などを説明している書籍もあります。 めでぃまーるの筋膜リリース関連の記事.

次の