ハッキング 写真。 iPhoneがハッキングされているか確認する方法と対策方法

iPhone Xの顔認証「Face ID」のハッキング競争は続く──今度は3Dプリンター製の精巧なマスクが認証を突破

ハッキング 写真

アップルが「 X」を11月3日に発売したとき、誰が最初に顔認証という未来的な新しい認証方式を欺けるかというレースが、世界中のハッカーの間で始まった。 ヴェトナムのセキュリティー会社であるBkavは、3Dプリンターによるプラスチックのマスク、シリコン、化粧、そして単純な紙の切り抜き、それらの組み合わせによってiPhone Xの「Face ID」を騙してアンロックさせた(ように見える)ブログ投稿と映像を公開した。 そのデモンストレーションでは、現時点では第三者のセキュリティー研究者による公式な確認はできていない。 PHOTOGRAPH COURTESY OF BKAV YouTubeに投稿された冒頭の映像では、スタンドに固定されたiPhoneに向き合うようにマスクが取り付けられている。 そこにかけられた布を取り去ると、iPhoneは即座にアンロックしてしまった。 約5分かけてターゲットの顔をデジタルスキャン Face IDの鍵を握るのは、所有者の顔の3D赤外線マッピングとAIによるモデリングである。 彼らはまた、この技術が将来的に被害者の顔をスマートフォンで素早くスキャンするだけで実行できたり、写真から生成されたモデルでハッキングされる可能性についても示唆している。 とはいえ、次のステップがどれだけ簡単になるのか、その目処は立っていない。 顔の精確なスキャンを入手するという難題を除けば、Face IDを騙すやり方として、今回の手法はもっと高度な技術より優れている。 『WIRED』US版は、すでにハリウッド仕込みの特殊メイクまで[日本語版記事]。 特殊メイクアーティストの腕と数千ドルもの資金によって、われわれシリコーンからゼラチン、ビニールまで5種類の異なる素材で本格的なマスクをつくった。 マスクの目元は眼がきちんと動くようにフィットしており、しかも本物の毛のように見えるような眉毛をマスクに何千本も植え込んだ。 こうした細かなこだわりにも関わらず、われわれのマスクはひとつもFace IDを騙せなかった。 「生きていない」人間でも認証できる危険性 いずれにしても、Bkavの研究の多くは不透明なままであった。 『WIRED』US版からの質問に対して、同社は今後の記者会見で多くを公開する予定だとして、その多くには返答をしなかった[編註:Bkavはその後、英BBCのテレビカメラの前でもしてみせている]。 セキュリティー研究者のマーク・ロジャースによると最も気になるのは、iPhoneがどのくらい正確に所有者の顔を認識・登録し、照合しているのかである。 「いまのところ、彼らがわれわれを欺いている可能性は無視できないと考えています」と、ロジャースは言う。 彼はセキュリティー会社であるCloudflareの研究者で、『WIRED』US版がFace IDをハッキングしようと試みた際に協力してくれた人物である。 また、13年にアップルの指紋認証「Touch ID」を最初にハッキングしたうちのひとりでもある。 10年近く前、同社の研究者たちはLenovoや東芝、Asusなどのノートパソコンの顔認証機能を、ユーザーの顔の二次元画像でハッキングできることを発見したのだ。 彼らはこの発見を、09年のセキュリティ会議「Black Hat」で大々的に発表した。 もし今回のBkavの発見が裏付けられたとすれば、最も予想外の結果は「印刷でつくられた固定された眼が、Face IDを欺いたことだろう」とロジャースは言う。 アップルの特許は、Face IDが眼球の動きを検知するものであると信じさせたのだ。 そうでなければ、Face IDは簡単なマスクだけでなく、所有者が寝ていたり、拘束されていたり、もしくは死亡していたとしても、iPhone Xのロックを解除できてしまう可能性がある。 この最後は特に厄介である。 なぜなら、Touch IDではロックを解除する前に指の導電性をチェックすることで、相手が生きていることを検知していたからだ。 「相手が生きていることを確認しないままハッキングできてしまうことを意味しています」と、ロジャースは言う。 「もし事実ならば、Face IDのセキュリティはTouch IDより劣ると言ってもいいでしょう」。 実際にFace IDが、相手が生きていることを確かめるために眼球の動き以外の方法を使っているかどうか、よくわかっていない。 睡眠中、誘拐、もしくは死者のiPhone Xのロックを解除できてしまう可能性があるにもかかわらず、ロジャースはBkavの手法は現実離れしていると考えている。 それより現実的な問題は、誰かが被害者を騙してiPhoneの画面を見るようにしむけることである。

次の

まるでスパイ小説… ロシアOPCWハッキング計画の顛末 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News

ハッキング 写真

Synology NASへのバックアップ設定について スマートフォンで撮った写真・動画データ スマートフォンで撮った写真・動画は、momentsアプリで自動バックアップしましょう。 DS photoというアプリでも自動バックアップができますが、写真閲覧時の見やすさを考慮するとmomentsアプリで管理しておいたほうがいいでしょう。 また、動画データについては、momentsアプリでバックアップした後、videoフォルダへ移動しておきましょう。 File Stationで「mp4」で検索すれば動画データのみを抽出できるので、抽出された動画データをすべて選択して、videoフォルダへ移行すれば簡単です。 手動になりますが、SDカードのデータをmomentsフォルダにコピーしましょう。 また、大量にバックアップする場合は、Photo Station Uploaderを使ってNASに保存しましょう。 Photo Station Uploaderを使用するとPC側で変換作業を行ってからNASに保存するため、NASに負荷を掛けずに保存することができます。 ただし、その場合はmomentsフォルダをバックアップ先として指定できないので、一度photoフォルダへ保存してから、momentsフォルダへ移動しましょう。 momentsフォルダに保存した場合、videostationやDS videoで再生できないため、動画データはmomentsフォルダではなく、videoフォルダで一括管理したほうがいいです。 また、キャッシュ管理を制限なしとし、スマートフォンにキャッシュ保存すれば、回線状況が不安定な状況下でも閲覧可能です。 動画については、momentsアプリやDS photoアプリの場合、キャッシュ保存ができないため、外出先から視聴しようとすると、十分な回線状況がないと快適に視聴できません。 そのため、googleフォトを使用します。 (前提としてgoogleフォトへのバックアップしている必要があります。 ) googleフォトの場合、動画データは圧縮されてから保存されるため、比較的快適に再生することができます。 写真:momentsアプリ 動画:googleフォト 自宅での視聴 自宅の場合でも写真を閲覧するならmomentsアプリですが、動画についてはgoogleフォトではなく、DS videoで閲覧しましょう。 動画再生時にDS videoを使用する理由は下記3点です。 動画が安定して再生される。 (momentsアプリだと再生失敗することが多い)• googleフォトでは再生する都度、通信するため回線速度の影響を受けやすい。 DS videoはDLNA対応機器(Fire TV Stickなど)に元のデータで再生できる。 (momentsやgoogleフォトは出来ない) DLNAでの再生のメリットとして、遅延がないという点が挙げられます。 私は以前、ミラーリングでスマートフォンの動画をTV等に映し出していたのですが、遅延やカクつきが多々発生しているという状況でした。 一方でDLNAであれば、遅延もなく、元のデータで閲覧することができるため、ミラーリングと比較すると段違いに綺麗に表示されます。 写真:momentsアプリ 動画:DS video.

次の

iPhoneがハッキングされているか確認する方法と対策方法

ハッキング 写真

「スマホのハッキングは高度な知識が無いと行えない」と思っている人が多いが、実はプログラム言語を理解できない初心者でも、専用のツールやソフトウェアを使えば簡単に他人のアカウントへの侵入やパスワードの解析ができるんだ。 そう言ったアプリケーションやソフトウェアも多数あることを理解し、スマホへのハッキングは身近に起こりうることだと危険意識を持つことも大切です。 スマホのハッキング症状1 スマホの動作が重い 最近急にスマホの動作が重くなったと言うことはありませんか? アプリを開く際にもたついたり、フリーズして動かなくなってしまうなどの症状が頻発する場合には、 いつからその症状が発生したのか思い出してみてください。 単に、自分で何かのアプリを入れたせいで動作が重くなっているのであれば問題ありませんが、アプリもインストールしていないし、バックグラウンドで動作するアプリを複数起動している訳ではないのに動作が重い場合には、もしかすると ハッキングのプログラムが動いていることが原因かもしれません。 スマホのハッキング症状3 見覚えのないアプリがある ホーム画面やアプリ一覧画面に、見覚えのないアプリはありませんか? 知人に設定を頼んだ際や、少しスマホから目を離した際に、 勝手にハッキングを助長するためのアプリをインストールされていたと言うことも少なくありません。 ホーム画面の2ページ目や3ページ目、フォルダの奥底など、念入りに怪しいアプリが無いかチェックしてみましょう。 Androidスマホであれば、ホーム画面からアイコンを隠すこともできますので、 設定画面のアプリ一覧からチェックすることもお忘れなく。 [設定>アプリ一覧] 手順さえ分かっていれば、Androidのroot化や、iPhone(iOS)の脱獄も僅か数分で行えてしまいますので、危険なアプリを入れて遠隔操作の機を伺っているかもしれませんよ。 スマホのハッキング症状5 謎のメールが届いた 「継続利用完了のお知らせ」「プロファイル設定完了のご連絡」と言った、見に覚えのないメールは届いていませんか? 単なる迷惑メールの可能性もありますが、ハッキングツールの中には、予め被害者とハッカーのメールアドレスの登録を行うことで、2台のスマホをリンクさせる内容のものもあります。 メール本文中にサービスの名称がある場合には、ネットでその名前を検索してみて、どのようなサービスなのか調べてみると良いでしょう。 ただし、そのメールに添付ファイルやURLが添付されている場合は、間違ってもそれらは開かないように注意してください。 内容が知りたいからと言ってそれらをタップすると、それが原因でハッキングされることもあります。 特に添付ファイルにはウイルスも簡単に仕込めますので、 知らないアドレスからのファイルは絶対に開いてはいけません。 スマホのハッキング対策はどうする? お伝えした調べ方を定期的にチェックして、ハッキングされてるか調査を欠かさないことも大切ですが、 事前にハッキングの対策を行っておくことも重要です。 ハッキングされているかどうか調べると言うことは、ハッキング行為が疑われると言うことですので、 既に何かしらの実害が発生している可能性があります。 もちろん、そのまま放置して見て見ぬふりをするよりは、よほど良い行動と言えますが、• ハッキングを行わせない環境を作る と言うことも、一スマホユーザーとしては心得ておかなければいけません。

次の